Blender 2.81 - リリース!UI改善!スカルプト&リメッシュ!RTX...

2019年度3D人イチオシソフトの1つ、無料&オープンソースの3DCGソフトウェア「Blender」のバージョン2.81がリリースされました!β版は誰でも試せたので既に機能を検証している方もたくさんおられますが、無事正式リリースされてよかったです。

  • 91
  • 9
  • 1
続きを読む

HeadShot 1.0 - AIを活用し1枚の写真から3Dアバターの頭部を生成...

初心者でも3DCGアニメーションが制作できる「iClone」といったツールでお馴染みReallusion社による、キャラクター作成ツール「Character Creator」というものが存在するのですが、AIを活用し写真から3Dアバターを再生するプラグイン「Headshot」が登場し話題を集めております。

  • 22
  • 1
  • 0
続きを読む

HOPE - 夜×雨×ネオン!イタリアのCGトレーニングスクール28代目REDメ...

イタリアの3DCG&アニメトレーニング機関「Bigrock」から選出された28代目REDチーム(The RED Team XXVIII)が6週間で制作したショートフィルム「HOPE」のご紹介。

  • 8
  • 1
  • 0
続きを読む

Massfx v3 Dynamic Physics Painter - パーティ...

数多くの高性能アドオンを開発しているAlberto Gonzalez(AlbertoFX)氏によるBlender用 オブジェクト配置アドオン「Massfx Dynamic Physics Painter」が遂にBlender 2.8に対応されました!v3として公開されたこのアドオンは2.8向けにフルスクラッチで作り直されたそうです。

  • 25
  • 1
  • 3
続きを読む

PeniParker(SP//DR) vs Mysterio - CGアニメータ...

CGアニメーター古屋 隆介氏によるアニメーションショートクリップ「PeniParker(SP//DR) vs Mysterio」がクール!!!Blenderを使用し制作されております!

  • 73
  • 9
  • 1
続きを読む

IPackThat on Steam - ツメツメ感最高なUVレイアウト・パッキングソフト!「Steam」にて早期アクセス版がリリース!

Piranha Bytes Tools及びMario Röske氏が開発中の、UVレイアウト&パッキングツール『IPackThat』!オンライン販売プラットフォーム「Steam」上にて早期アクセス版がリリースされました!一部日本語表記も対応してます。


PR

【秋の感謝セール】Maya が新規購入で最大 25% OFF


IPackThatで何が出来るの?

展開済みUVをいい感じに詰めて再レイアウトしてくれるソフトウェアです。
UVアイランド(クラスタ)毎に回転の有無やロックといったプロパティを適用する事も出来ます。
※このソフト単体ではUV展開は出来ません。あくまでも展開済みのUV情報を綺麗に並び替えてくれるソフトです。

計算結果前との比較画像を保存するというユニークな機能も!

この画像は適当にUV展開した我らが3D人モデルをIPackThatでパッキングした物。

IPackThat_3dnchu_test

こういったモデルよりも、UVアイランドが細かく存在するメカ系のモデルのほうがIPackThatの本領を発揮する事が出来ます。

IPackThat_robo_test

うーん素晴らしい!

日本語UI

日本語表記に関しては、なんというかお手伝いさせてもらってます(爆)
ウインドウ右上に有る言語選択ボタンから、日本語を選択し、グローバル設定を保存する事で常に日本語で起動する事ができます。

IPackThat_JP

訳で変な所がありましたら、私の方に言って頂ければ修正対応いたしますので、気軽に連絡くださいな。
ちなみにまだ一部日本語化出来てない箇所もありますのであしからず…

機能リスト

  • OBJ,FBX,DAE,DXF,3DSファイルの読み込み
  • OBJ,FBX,DAE,DXF,ファイルの書き込み
  • 複数メッシュのOBJファイルを扱う事が可能
  • 複数のUVチャンネルのパッキングが可能
  • 重なったUVアイランドを1つのUVアイランドへ修正
  • 回転を全体のパッキングプロセスの中から有効/無効が可能
  • 回転ステップをUVアイランド毎に設定可能(0.01~90°)
  • 図形のような円形の自動認識(回転なし)
  • 図形のような長方形の自動認識は、(0°~180°のみでチェック)
  • UV-シェルの自動検出X+1オーバー
  • エンドレスソリューションプロセスはストップするまで実行可能
  • 1変換あたり、10ソリューションプロセス
  • ピクセル形状マージン
  • ピクセル内ボーダーマージン
  • スレッディングアスペクト比 1:1 と 1:2 対応
  • 最小から最大までの領域選択フィルタ(最大のUVアイランドの面積%)
  • 回転ステップ選択フィルタでは最小と最大値の設定(度)
  • よりよい解決策が見つかった自動バックアップ
  • マルチスレッド
  • UVシェルパッキンググループ
  • オリジナルと自動パッキングされたUVを比較するための比較画像保存機能
  • XMLファイル定義してのバッチ処理
  • 複数言語対応(日本語あるよー)

 動作環境と価格

  • OS:Windows 7 64bit~
  • メモリ:1GB以上
  • HDD:1MB以上の空き
  • 価格:¥ 6,580

Steam版のインストールがうまくいかない方

※ちなみに私の環境ではSteamを日本語GUIにしていると「IPackThat」」が上手くインストールされませんでした。(ローカルファイルが何も生成されない状態)Steam版を購入された方で、同一の症状が発生した方は、一時的にSteamの言語設定をEnglishに切り替えてからIPackThatを再インストールしてみてください。

体験版もあるので、是非お試しあれ!

Steam:IPackThat


PR


関連記事

  1. Hanepen β - 中割りや彩色を自動で行うOS...

    2014-10-10

  2. Substance Painter Beta 9‏ ...

    2014-07-18

  3. Pico Pixel 0.6.8 - GPUによる軽...

    2016-02-06

  4. GB Studio - プログラム不要でゲームボーイ...

    2019-04-24

コメントをお待ちしております

日本語が含まれない投稿は無視されます。-Posts that do not include the Japanese will be ignored-(スパム対策-anti Spam-)

3D人について

3D/2D/CG関連のネタ・ツール情報をほぼ毎日紹介!掲載してほしい情報、ツール検証依頼などありましたら、メッセージボックス、Twitter、Facebook、LINEからご連絡お願いします!

おしらせ

LINEアカウント作りました!
友だち追加
follow us in feedly

 RSSリーダーで購読する

おすすめ商品Pickup

PR

ゲームイベント

Flying Ship Studio







アーカイブ

カテゴリー

スポンサー

おすすめ記事