AnimationCafe

ReBevel v2.0 - 形状を維持したままベベルを再調整可能なBlende...

数多くの便利アドオンを開発しているBartosz Styperek氏による、ベベル再調整アドオン「ReBevel v2.0」がリリースされました。

  • 25
  • 1
  • 0
続きを読む

Angie - isotropixのClarisseに搭載されるCPU&GPUフ...

isotropixは2020/11/26 のライブ配信「Isotropix Live: Thinking outside the box」にてCPU&GPUのパワーを同時にフル活用出来る次世代レンダラー「Angie」を発表しました。2021年、Clarisseのアップデートで提供されるとか。

  • 12
  • 2
  • 0
続きを読む

GraphN - Polygonflowの3DCGツール向けノードベースビジュア...

Polygonflowの次世代ツールとして発表されたノードベースビジュアルプログラミングソフト「GraphN」の映像が初公開されました!

  • 12
  • 1
  • 0
続きを読む

基礎から実践まで全網羅 背景の描き方 - 高原さと氏によるお絵かき技術解説本が1...

フリーランスデザイナー高原さと氏による、背景の描き方を解説した技術本「基礎から実践まで全網羅 背景の描き方」が12月22日に発売されます。

  • 46
  • 1
  • 0
続きを読む

EmberGen 0.5.6 - 新リアルタイム流体エフェクトツール最新ベータ!...

JangaFXによる新エフェクトソフト「EmberGen」のバージョン0.5.6がリリースされました!

  • 29
  • 1
  • 0
続きを読む

Autodesk® Maya® Indie、Autodesk® 3ds Max® Indie | AREA JAPAN | Autodesk

Knald 1.0 Build 20130823002 Beta - トランスミッションマップも生成可能に!2Dソースから各種テクスチャを高速生成出来る!GPUベースのベイキングソフトウェア

Knald

Knald

以前も紹介した
各種テクスチャ生成ソフト「Knald」のBuild 20130823002がリリース!

プロモーション


OpenCLに対応したGPUであれば、かなり高速にテクスチャを生成可能で、今回のビルドでは
トランスミッションマップ(Transmission Map)を生成可能になりました。
これはモデルの厚みを判定して生成する厚みマップで、様々な用途で活用する事が出来ます。

TransmissionMap

TransmissionMap

Knald Build Number: 20130823002 – August 25th, 2013.

  • Knaldは64化され、 32ビット環境はサポートされなくなりました。
  • 新しいマップ「Transmission maps」を生成可能に!半透明材料の無指向性厚さマップ(減衰ランプ付き)として使用出来ます。
  • Knald は現在8192²と大きなテクスチャを使用する能力を持っています。テクスチャサイズは、CPU RAMとGPU VRAMの量によって制限されます (4GBの VRAMなら8192²がおすすめ).
  • Knaldは現在のビューポートでプレビュー用の数百万ポリゴンメッシュをロードし、メッシュ&トランスミッションAOマップ生成で使用する能力を持っています。メッシュサイズは、今だけのRAMとGPUのVRAM使用可能なCPUの量によって制限されます。
  • 統合精度を改善しました。
  • 透過マップで使用するための3Dプレビューウィンドウでリアルタイム半透明オプションが追加されました。
  • 3Dプレビューウィンドウに色のライトを切り替える機能を追加しました。
  • 大幅なパフォーマンスの改善がインテグレータなされてきた。スピードは最大500%増加
  • 大幅なパフォーマンスの改善がメッシュAO(正式に低ポリAO)がなされてきた。スピードは最大1000%まで増加。
  • Knaldが自動的にあなたのGPUのステータスに基づいて適切なバランスbetweens統合速度と応答性を検出します。
  • 新しい設定に追加されたオプション’が統合パフォーマンス優先’を。これは、ビューポートの応答の積分、メッシュAO&伝送速度を優先するKnaldできます。
  • OpenGLレンダリングの互換性の改善について。…

現在もオープンベータテスト持続中ですので、無料でDLして試すことが出来ますよ!

Knald

Screenshot of www.knaldtech.com

PR


関連記事

  1. Houdini Engine Indie FREE - SideFX は99ドルで提供していた「Houdini Engine Indie」の無償化を発表!!

    2016-03-16

  2. OctaneRender 2.0 発表! - OTOYの物理ベースGPUレンダラー新バージョンの情報が公開!OpenSubDiv対応!領域レンダリング!Oculus Rift!

    2014-03-27

  3. Clarisse iFX 2.0 Overview Videos - 話題のハイエンド3DCGソフトウェア!新機能概要紹介ビデオが一挙公開!

    2014-10-04

  4. Tvori - プリビズに使える!?VR上でシーン構築&3Dアニメーション作成が可能なソフトウェア!

    2019-06-05

コメントをお待ちしています。

コメント

日本語が含まれない投稿は無視されます。-Posts that do not include the Japanese will be ignored-(スパム対策-anti Spam-)

3D人-3dnchu-

3D/2D/CG関連のネタ・ツール情報を
ほぼ毎日紹介します!




おすすめ商品Pickup

注目の記事

PR

オンライン説明会

Flying Ship Studio


ほしい物リスト公開中!
3D人運営に援助していただけると嬉しいです。
Amazonでリストを見る

Discordチャンネル公開

pixivFUNBOXページ公開!

LINEアカウント作りました!
友だち追加

follow us in feedly



 RSSリーダーで購読する

アーカイブ

カテゴリ




相互リンク

インディーズゲームを発掘するならここ

おすすめ記事

ページ上部へ戻る