LOW POLY Evolution of Characters in Game...

A+Startによる、有名ゲームキャラクターのインゲーム3Dモデルの歴史を紹介するYoutube動画シリーズ「LOW POLY Evolution of Characters in Games」のご紹介

  • 69
  • 5
  • 1
続きを読む

Grungit - ワンクリックで摩耗マテリアルを適用可能なBlender 2....

CGモデラー・ジェネラリストのAbdou Bouam氏による、ワンクリックでモデルに摩耗・損傷表現マテリアル(EEVEE対応)を自動的かつ簡単に追加するBlender 2.8x向けアドオン「Grungit」 のご紹介。

  • 64
  • 1
  • 2
続きを読む

SceneCity 1.7 - ノードベースのプロシージャル都市生成アドオン!B...

3DアーティストでBlenderアドオン開発者のArnaud Couturier氏による、Blender用の都市生成アドオン「SceneCity」のバージョン1.7がリリース!

  • 103
  • 22
  • 1
続きを読む

pixivFANBOX 始めました!3D人-3dnchu-

もっとクリエイティブに生きていきたい!その活力の一端になればと思いクリエイターの創作活動を支えるファンコミュニティ「pixivFANBOX」にて3D人のページを公開しました。

  • 6
  • 7
  • 0
続きを読む

Godot Game Tools v1.0.3 - Mixamoで生成したモーシ...

Vinny Guerrero氏開発、Godot Game Engineなどへのアセットの作成/インポートプロセスを容易にするツールを含むBlender 2.8x向けアドオン「Godot Game Tools v1.0.3」!Mixamoで生成したアニメーションデータ等の読み込み管理機能がとても便利そうなんです。

  • 55
  • 1
  • 0
続きを読む

Microsoft 2019 Event - 新型Surface多数発表!

ニューヨーク2019年10月2日(日本時間10月3日)に開催されたマイクロソフトのイベントにて、次世代のSurface 製品が多数発表されました。


PR

Mayaで始めるゲーム用ローポリキャラモデル


イベントのハイライト映像

Surface Neo

  • 2つの9インチ ディスプレイ
  • 中央の360度ヒンジで両側に折りたためる
  • 2画面を活用する新OS「Windows 10X を採用」
  • Intelの新型SoC「Lakefield」搭載を予定
  • 下画面に乗る着脱式の物理キーボードも用意
  • 2020年末のホリデーシーズン米国出荷予定

Surface Duo

  • OSはAndroid「Googleと提携」
  • 5.6インチのディスプレイ2枚
  • 360度可動するヒンジ
  • 2020年末のホリデーシーズン米国出荷予定

Surface Pro X

  • Snapdragonベースの独自プロセッサ Microsoft SQ1を採用
  • 独自のAIプロセッサとカスタマイズしたGPUを融合
  • 13インチディスプレイ 2880 x 1920、267 PPI、1400:1コントラスト
    細いベゼルにより、12インチ級の本体に13インチ画面を実現
  • 760g
  • 厚さ5.3mm
  • LTE常時接続
  • Pro 6比で3倍の電力効率
  • Surface Slim Pen対応。(キーボード側に収納して充電可能)
  • 交換可能な NVME SSD
  • USB-C 高速充電
  • 価格は999ドルから。2019年11月5日発売。

Surface Pro 7

  • 第10世代Core i3- 1005G1/ i5-1035G4/i7-1065G7
  • RAMは4/8/16GB。
  • バッテリーはi5 8GB モデルで最長10.5時間駆動
  • USB-Cポート追加
  • フルサイズのUSB-A
  • ミニディスプレイポート
  • Surface専用のSurface Connect 端子
  • 本体重量 i3で775g、i7は790g
  • Surface Pro 6を引き継いだ正統後継モデル
  • 米国では予約受付開始。2019年10月22日。価格は749ドルから

Surface Laptop 3

  • 13.5インチモデルと15インチモデルのラインナップ
  • 13インチ版にはインテルの第10世代プロセッサー(10nmプロセスの4コア Ice Lake)
  • 15インチ版にはインテルプロセッサー搭載モデルの他、
    AMDのRyzen Microsoft Surface Editionも選択可能。
    Ryzen 5 3580U with Radeon Vega 9 Graphics Microsoft Surface Edition Ryzen 7 3780U with Radeon RX Vega 11 Graphics Microsoft Surface Edition
  • 外部接続端子はUSB-AとUSB-C
  • 予約注文を受け付け開始。
  • 13.5インチモデルは999ドル(約10万7000円) から
  • 15インチモデルは1199ドル(約12万8000円)から
  • 米国での出荷日は2019年10月22日。

Surface Earbuds

  • ワイヤレスイヤホン
  • タッチ操作に対応
  • Office 365に対応
  • マイクを搭載しており音声操作が可能。対応する言語は60種類以上
  • バッテリーの持ちは最長24時間
  • 充電ケースが付属
  • 価格は249ドル(約2万7000円)から
  • 米国での出荷時期は2019年末のホリデーシーズン

ライブ映像フルバージョン

イベントのライブ映像フルバージョン

個人的にはPro XとNeoが熱いなぁ。
DuoはあのサイズでフルWindowsOSだったらよかったのに…

リンク

Microsoft Surface コンピューター、ノート PC、PC、 2-in-1、デバイスなどの公式 Web サイト – Microsoft Surface


PR


関連記事

  1. Surface Pro 4 & Surface Bo...

    2015-10-07

  2. ASUS VivoTab Note 8 - 筆圧検知...

    2014-02-01

  3. New Surface Pro 発表! - お絵かき...

    2017-05-24

  4. Photon - 話題のMatterform社製小型...

    2013-10-17

コメントをお待ちしております

日本語が含まれない投稿は無視されます。-Posts that do not include the Japanese will be ignored-(スパム対策-anti Spam-)

3D人について

3D/2D/CG関連のネタ・ツール情報をほぼ毎日紹介!掲載してほしい情報、ツール検証依頼などありましたら、メッセージボックス、Twitter、Facebook、LINEからご連絡お願いします!

おしらせ

pixivFUNBOXページ公開!

LINEアカウント作りました!
友だち追加
follow us in feedly

 RSSリーダーで購読する

おすすめ商品Pickup

PR

クリークスタジオ

Flying Ship Studio







アーカイブ

カテゴリー

スポンサー

おすすめ記事