ANIMAX 2.3 - プロシージャルアニメーションを手軽に実装出来るツールセ...

Monaime Zaim氏による多彩なプロシージャルアニメーションを実現出来るBlender向けアドオン『ANIMAX』のv2.3がリリースされました!

続きを読む

gkRig - DreamWorks Animationのキャラクターテクニカル...

DreamWorks Animationのキャラクターテクニカルディレクター稲垣 教範 (Yukinori Inagaki)氏がMayaのBifrost向けリギング用コンパウンドをGithub上に公開しました!

続きを読む

Voxility Pro: Voxel File Format Exchange...

Harry McKenzie氏によるBlender向けボクセル変換アドオン『Voxility Pro』がリリースされました!

続きを読む

Bonex - Bone Physics Driven By Physx - ボ...

oimoyu氏による、ボーンへの物理アニメーションを手軽に追加可能なBlenderアドオン『Bonex』がリリースされています!

続きを読む

Chaos Flesh Meat Cube - 14年前にGDC2008のUE3...

Evelyn Schwab氏が14年前にGDC2008のUE3技術デモとして公開された肉塊キューブをUnreal Engine 5.3のソフトボディ「Chaos Flesh」を使用し再現したサンプルプロジェクトをGithub上で無償配布しています!

続きを読む

Maya 2024 | 製品概要と購入 | Autodesk 公式

Polygonflow - ノードベースインターフェースでプラグイン作成に革命を!新CGツール開発プロジェクト!発表!

この記事は約3分18秒で読めます

2020年7月1日、新たなCGツール開発プロジェクト「Polygonflow」が発表!


プロモーション

求人情報検索 | CG・映像の専門情報サイト | CGWORLD.jp


Polygonflowのエコシステムは、
GraphNMetanodeの2つのツールで構成されています。

GraphN

GraphNの初期のプロトタイプ

主力ソフトウェアであるGraphNは、Maya、Max、Blender、Unreal Engineのプラグインの作成に役立つスタンドアロンのビジュアルプログラミングソフトウェアです。このソフトウェアは、アーティストやテクニカルアーティストに最も強力でアクセス可能なプラグイン作成プラットフォームを提供することを目的としています。GraphNは、最新のスクリプトパイプラインを採用し、比類のないビジュアルプログラミングインターフェースにラップします。

これらのプラグインは、依存関係を非常に効率的に管理するため、MELスクリプトを共有するのと同じように誰とでも共有できます。つまり、GraphNで作成されたツールを使用するためにGraphNを用意する必要はありません。

私たちは、アーティストが未来のツールがどのように見え、どのように感じるべきかについての会話に関与すべきであると深く信じています。そして、GraphNを使用して、アーティストとエンジニアが一緒にその未来を築いてほしいと考えています。

Metanode

Autodesk MayaのMetanodeの初期のプロトタイプ

Metanodeは、お気に入りの3Dソフトウェアまたはゲームエンジン内に統合されるツールのライブラリです。検索バーを備えた非常にスマートなツールシェルフと考えることができます。

シーン内の多数のオブジェクトをUV展開したいですか?「unwrap objects」と入力するだけで準備完了です。アセットを最適化してから、Unreal Engineに送信しますか?メタノードにも対応しています。自動アンラップ、滑らかなブール交差、再メッシュ、形状作成、自動リトポロジー、その他の多くのツールが活発に開発されており、そのような平凡で時間のかかるタスクについて心配する必要がありません。

アートとテクノロジーをつなぐ

MetanodeのすべてのツールはGraphN内で作成されているため、いつでもツールの1つを右クリックして[編集]をクリックすると、すべてのノードでGraphNが開きます(ない場合はダウンロードするように求められます)。

これにより、UIの作成からコアアルゴリズムの調整まで、パイプライン内のすべてのツールが非常にカスタマイズ可能になります。

今年後半にクローズドベータ版を実行する予定であり、2021年春にエコシステム(GraphN&Metanode)の一般公開が期待できます。

FabricやBifrostは非常に強力な計算エンジンであり、ビジュアルインターフェースをそのコアに公開しています。これらのツール(Fabric Engine、Bifrost、Niaad、Houdiniなど)のアイデンティティは、シミュレーション、リギング、vfxなどに深く根ざしています。

一方、GraphNは、DCCおよびゲームエンジンの既存のAPIへのインターフェイスに似ています。OpenMayaは、たとえばGraphNでビジュアルエクスペリエンスとして利用できます。カスタムMayaノードを作成し、Fabric、Houdini、Bifrostのように依存関係なく、誰でもオンラインで共有できます。


これは、GraphNを使用すると、Maya APIやその他のAPIを使用して簡単にコーディングできるためです。

そして、そのワークフローのおかげで、既存のAPIを本質的にGraphNに統合することができます。PySide2 UIを作成してみませんか?あなたはできる。パイプライン/フォルダー構造を自動化したいですか?また可能。機械学習にTensorflowを使用したいですか?ライブラリのサポートを追加するだけで、準備は完了です。

ジオメトリ処理については、API(OpenMayaなど)が非常に遅くなる場合があることを理解しており、C ++メッシュ処理ライブラリを提供することでこの問題を解決します。つまり、非常にクールなベベルまたはリトポロジーツールを作成して、 Maya、Blender、Unreal Engine、3DS Maxで利用できます。

GraphNに関する最大の課題は、単純にすることです。私にとって、これらすべての力は、テクノロジーアーティストだけが恩恵を受けても意味がないので、私たちの焦点は、まずアクセシビリティにあり、次に可能性にあります。


現在開発メンバーを募集しています。記事紹介の時点では、Lead Technical Artist、Graphics Programmer、Technical Artist – Blenderの3枠が受け付けているみたいでした。

気になる方はチェックしてみてください。

リンク

Announcing Polygonflow. We are hiring! Find all open positions… | by Adnan Chaumette | Polygonflow | Jul, 2020 | Medium

Polygonflow – Next-Gen Tools for 3D Artists

Screenshot of www.polygonflow.io

プロモーション


関連記事

  1. NOX RendererがApache Licenseとしてオープンソースソフトウェア化! - Evermotionが提供する無料の物理ベースレンダラー!

    2014-08-28

  2. xNormal 3.18.10 - !OpenEXRをサポート!ゲームアーティスト御用達の無料テクスチャマップ生成&ベイキングツール!

    2014-10-28

  3. Marvelous Deigner 5 Showreel - 型紙ベースで作成出来る衣服専用モデリング・シミュレーションソフトの最新ショーリール!

    2015-12-01

  4. PixPlant 3 - 画像等からシームレステクスチャや各種マップを生成出来るソフトウェア最新版!Windows&Mac

    2015-04-26

コメントをお待ちしています。

コメント

日本語が含まれない投稿は無視されます。-Posts that do not include the Japanese will be ignored-(スパム対策-anti Spam-)

3D人-3dnchu-

2023/4/3 新サーバーへ移行しました!
3D/2D/VR/GAME/AIなどのCGに関連する
気になる情報やツールをほぼ毎日紹介!
TwitterやYoutubeなども是非フォロー
よろしくお願いします!

アーカイブ

カテゴリ

おすすめ商品Pickup

注目の記事

PR


PR


採用 | 3DCGアーティスト&テクニカルアーティスト大募集 | 株式会社Cygames

ネットで学べる3DCG講座 MAYA 3dsMax |デジハリ・オンラインスクール

   
USD
3D人のLINEアカウントを作りました!
友だち追加


follow us in feedly

RSSリーダーで購読する


ほしい物リスト公開中!
3D人運営に援助!
Amazonでリストを見る

Discordチャンネル公開

pixivFUNBOXページ公開!




おすすめ商品Pickup

おすすめ記事

ページ上部へ戻る