Marbling Maker Material v2.0 - Substance...

以前紹介した、”村落”のSubstance Designerマテリアル等でもお馴染み、Emrecan Cubukcu氏が今度はマーブル模様を生成する為のマテリアル「Marbling Maker Material」作成し、販売しております。

  • 3
  • 0
  • 0
続きを読む

Troll - Goodbye Kansas&Deep Forest Films...

Goodbye KansasとDeep Forest Filmsからのリアルタイムショートフィルム「Troll」が公開!Unreal Engine 4.22とリアルタイムレイトレーシング機能を活用しています。

  • 2
  • 0
  • 0
続きを読む

Chaos Tech Demo GDC 2019 - アンリアルエンジン4.23...

「Chaos」というアンリアルエンジン向け新物理/破壊シミュレーションエンジンのテクノロジーデモが先日行われた「State of Unreal」にて公開されました。Unreal Engine 4.23にて早期アクセス状態となるそうです。

  • 5
  • 0
  • 0
続きを読む

Quake II RTX GTC 2019 Demo Walkthrough -...

1997年に発売されたid Softwareの名作FPS「Quake 2(クエイクツー)」をリアルタイムレイトレーシングに対応させた「Quake II RTX」の最新デモ映像です。

  • 4
  • 7
  • 1
続きを読む

Unity 2019 Megacity - Unityで何百万ものオブジェクトを...

以前紹介したUnityのデモ「Megacity」がGDC 2019に合わせてリリースされました!何百万ものオブジェクトを効率的に描画!

  • 22
  • 27
  • 0
続きを読む

Maya 2017 - 標準レンダラーに「Arnold」を採用した「Maya」新バージョン!VR強化されたゲームエンジン「Stingray 1.4」!あとLT

少々紹介が遅れてしまいました。「Maya」新バージョン「Maya 2017」そして機能制限版「Maya LT 2017」が登場!オートデスクのゲームエンジン「Stingray 1.4」も情報公開!Mayaは今年はエクステンションのみで2017は保留なのかと思ったらそうじゃなかった。


PR

第1回:シーン制作するための準備 キャラクター・背景編 | MotionBuilderでカットシーン制作 | AREA JAPAN


Maya 2017 Overview

シェイプエディター強化は地味に嬉しい。もっと早く欲しかった・・

Maya 2017: Arnold in Maya

レンダラーにArnoldを採用!さようならMentalRay。「Solid Angle」社(「Arnold」開発元)がオートデスクの傘下となってから、Maya標準搭載まで結構早かったですね。いい加減Mental Ray離れしたかったのでしょうか。アーノルド自体がよくわからない人は過去記事を Arnoldの記事一覧 | 3D人
デフォルト搭載の「Arnold for Maya」では。1 つのフレームまたはフレームのシーケンスをインタラクティブにレンダーすることができますが、Batch Renderの場合は透かしが入ります。透かしを外したい人は Arnold バッチ レンダー ノードを購入する必要があります。
Arnoldの価格等はこちら。Solid Angle | Buy Arnold バッチレンダー用の新しい形態のライセンスが存在するのかは・・不明(誰か教えて下さい)

MentalRay使いたい人は?

Maya 2017 では mental ray は Maya と一緒に提供されなくなりました。mental ray ノードを含むシーンをレンダーするには、mayatomr プラグインを NVIDIA の Web サイトからダウンロードしてください。

SIGGRAPH 2016のオートデスクのセッションにてArnoldレンダラーに関する情報も公開されております。
興味の有る方は是非こちらもチェックしてみてください。

Rendering the Future: A Vision for Arnold

その他アップデート詳細ビデオ

Maya 2017 for Motion Graphics

モーショングラフィックスも強化!エクステンション2の発表で驚きは少ないですが

Maya 2017: Bifrost Updates

そしてUKベースのVFXプロダクション「Rockstar VFX」が、モーショングラフィックスとArnoldレンダラーを使用した映像作品『KNGDM』を公開しております。

KNGDM

そしてMaya LT。Arnoldが搭載されるわけでもないので、少々地味めな印象。

Maya LT 2017 – Workspaces

Maya LT 2017 – Time Editor animation tool

Maya LT 2017 – Improved Shape Editor

Maya LT 2017 – Improved Graph Editor

Stingray 1.4 New Features

VR強化やNavMesh、MayaLT連携強化などなど

その他アップデート内容の詳細は公式のヘルプページを御覧ください。

関連記事

  1. Autodesk Stingray 1.6 New ...

    2016-12-16

  2. OctaneRender 2019 for Unre...

    2018-09-05

  3. GP Editor 1.0 - 高速・軽量動作するゲ...

    2018-09-12

  4. MediBang Paint - 高機能で無料のイラ...

    2015-06-24

コメントをお待ちしております

日本語が含まれない投稿は無視されます。-Posts that do not include the Japanese will be ignored-(スパム対策-anti Spam-)

3D人について

3D/2D/CG関連のネタ・ツール情報をほぼ毎日紹介!掲載してほしい情報、ツール検証依頼などありましたら、メッセージボックス、ツイッターもしくはFacebookのメッセージからどうぞ!

Google Translate

おしらせ

沢山のメッセージありがとうございます!!記事掲載に関しては随時対応していきますので、何卒宜しくお願い致します。
友だち追加
follow us in feedly

 RSSリーダーで購読する

おすすめ商品Pickup

PR

キャリア相談会

Flying Ship Studio







Categories

アーカイブ

スポンサー

おすすめ記事