AnimationCafe

Simply Material | Fashion Design 1.0 - 衣...

Blender向けに多くの便利アドオンを開発しているVjaceslav Tissen氏による新アドオン「Simply Material | Fashion Design」が登場!

  • 368
  • 0
  • 0
続きを読む

Substance 3D Sampler 4.0 - フォトグラメトリー機能を統...

Adobeの「Substance 3D Samlper 4.0」がリリース!フォトグラメトリー機能を搭載で簡単に現実世界のオブジェクトを3Dモデル化出来ます!

  • 57
  • 0
  • 1
続きを読む

MusicLM - Googleがテキストから音楽を生成するAIモデルを発表!

Googleの研究チームが自動作曲AI「MusicLM」を開発し情報公開しました。

  • 14
  • 0
  • 1
続きを読む

Mirage - AIを活用した3Dモデルの高速な検索エンジン!その他にプロンプ...

MirageによるAIを活用した3Dモデル高速検索エンジンが公開されています。その他にAIを使ったモデル生成なども可能です。

  • 34
  • 0
  • 1
続きを読む

XP-Pen Artist 13 セカンド レビュー - 程よいサイズで高性能な...

XP-Pen社様から13.3インチのコンパクトな液晶ペンタブレットの最新モデル「Artist 13 セカンド」をご提供いただきましたので使ってみました!

  • 1
  • 0
  • 0
続きを読む

Maya、3ds Max のインディー版 | AREA JAPAN | Autodesk

Maya 2017 - 標準レンダラーに「Arnold」を採用した「Maya」新バージョン!VR強化されたゲームエンジン「Stingray 1.4」!あとLT

この記事は約2分33秒で読めます

少々紹介が遅れてしまいました。「Maya」新バージョン「Maya 2017」そして機能制限版「Maya LT 2017」が登場!オートデスクのゲームエンジン「Stingray 1.4」も情報公開!Mayaは今年はエクステンションのみで2017は保留なのかと思ったらそうじゃなかった。


プロモーション

『ファイナルファンタジーVII』リメイクプロジェクトの3D背景アーティストが語るリメイクのこだわりとは | スクウェア・エニックスで働くストーリー | 中途採用 SQUARE ENIX -RECRUITING-


Maya 2017 Overview

シェイプエディター強化は地味に嬉しい。もっと早く欲しかった・・

Maya 2017: Arnold in Maya

レンダラーにArnoldを採用!さようならMentalRay。「Solid Angle」社(「Arnold」開発元)がオートデスクの傘下となってから、Maya標準搭載まで結構早かったですね。いい加減Mental Ray離れしたかったのでしょうか。アーノルド自体がよくわからない人は過去記事を Arnoldの記事一覧 | 3D人
デフォルト搭載の「Arnold for Maya」では。1 つのフレームまたはフレームのシーケンスをインタラクティブにレンダーすることができますが、Batch Renderの場合は透かしが入ります。透かしを外したい人は Arnold バッチ レンダー ノードを購入する必要があります。
Arnoldの価格等はこちら。Solid Angle | Buy Arnold バッチレンダー用の新しい形態のライセンスが存在するのかは・・不明(誰か教えて下さい)

MentalRay使いたい人は?

Maya 2017 では mental ray は Maya と一緒に提供されなくなりました。mental ray ノードを含むシーンをレンダーするには、mayatomr プラグインを NVIDIA の Web サイトからダウンロードしてください。

SIGGRAPH 2016のオートデスクのセッションにてArnoldレンダラーに関する情報も公開されております。
興味の有る方は是非こちらもチェックしてみてください。

Rendering the Future: A Vision for Arnold

https://vimeo.com/176498593

その他アップデート詳細ビデオ

Maya 2017 for Motion Graphics

モーショングラフィックスも強化!エクステンション2の発表で驚きは少ないですが

Maya 2017: Bifrost Updates

そしてUKベースのVFXプロダクション「Rockstar VFX」が、モーショングラフィックスとArnoldレンダラーを使用した映像作品『KNGDM』を公開しております。

KNGDM

そしてMaya LT。Arnoldが搭載されるわけでもないので、少々地味めな印象。

Maya LT 2017 – Workspaces

Maya LT 2017 – Time Editor animation tool

Maya LT 2017 – Improved Shape Editor

Maya LT 2017 – Improved Graph Editor

Stingray 1.4 New Features

VR強化やNavMesh、MayaLT連携強化などなど

その他アップデート内容の詳細は公式のヘルプページを御覧ください。


プロモーション
Curo Inc.

関連記事

  1. NUKE 10 - 新レイトレースレンダラーやスマートペイントなどなど!The Foundryのコンポジットソフトウェア最新バージョン紹介映像!

    2015-11-18

  2. PopcornFX 1.6.0 released - リアルタイムVFXソフト新バージョン!テクスチャサンプラー機能を搭載!

    2014-09-25

  3. Substance Painter 発表! - パーティクルを使った新感覚ブラシを搭載した非破壊3Dペイントアプリケーション!これは革命だ!

    2013-12-05

  4. Krita 4 - 無料の2Dお絵かきソフト!新バージョンがリリース!SVGVector、テキストツール、Pythonスクリプト、新ブラシ、高速化など

    2018-03-23

コメントをお待ちしています。

コメント

日本語が含まれない投稿は無視されます。-Posts that do not include the Japanese will be ignored-(スパム対策-anti Spam-)

3D人-3dnchu-

3D/2D/CG関連のネタ・ツール情報を
ほぼ毎日紹介します!

アーカイブ

カテゴリ

おすすめ商品Pickup

注目の記事

PR


PR

育成講座

【2/16(木)】3DCG&テクニカルアーティスト採用セミナー | 株式会社Cygames


サイバーエージェント|イマジカデジタルスケープ共同募集:3DCGアーティスト大募集!!

GRASSHOPPER MANUFACTURE

株式会社フロム・ソフトウェア 中途採用特設ページ

3D人のLINEアカウントを作りました!
友だち追加


follow us in feedly

RSSリーダーで購読する


ほしい物リスト公開中!
3D人運営に援助!
Amazonでリストを見る

Discordチャンネル公開

pixivFUNBOXページ公開!




おすすめ商品Pickup

おすすめ記事

ページ上部へ戻る