AnimationCafe

Place Reflection - オブジェクトのサーフェスをクリックしてライ...

brave rabbitスタジオによるオブジェクトのサーフェスをクリックしてライトや反射オブジェクトを配置出来る無料のBlenderアドオン「Place Reflection」が公開されています。

  • 61
  • 1
  • 0
続きを読む

Fluent 1.6 - 30個の新機能を搭載!Blender用の直感操作非破壊...

私が愛用しているBlenderのハードサーフェスモデリングツールセットアドオン『Fluent』のバージョン1.6がリリースされました。

  • 85
  • 1
  • 0
続きを読む

EnvIt - 草などのアセット散布の為のMaya用スクリプトツール!

Romain Chauliac氏による、Maya用のスキャッタリングスクリプトツール「EnvIt」がリリースされました!

  • 35
  • 1
  • 0
続きを読む

ZBrushCore 2021.6.2 - スカルプトソフトZBrush廉価版の...

Pixologicのスカルプトソフト「ZBrush」の廉価版である「ZBrushCore」の無償アップデート「ZBrushCore 2021.6.2」がリリースされました!

  • 21
  • 1
  • 0
続きを読む

Puppeteer v1.0.0 - 記録した動きをキーバインドしタイムライン再...

samy tichadou氏によるBlenderアドオン「Puppeteer」がリリースされました!記録した動きをキーバインドし、タイムラインで再生中にキーを押すことで動きを再生出来る、アニメーション作成補助ツールです!無料ダウンロード可能!

  • 18
  • 2
  • 3
続きを読む

Autodesk® Maya® Indie、Autodesk® 3ds Max® Indie | AREA JAPAN | Autodesk

Maya 2017 - 標準レンダラーに「Arnold」を採用した「Maya」新バージョン!VR強化されたゲームエンジン「Stingray 1.4」!あとLT

少々紹介が遅れてしまいました。「Maya」新バージョン「Maya 2017」そして機能制限版「Maya LT 2017」が登場!オートデスクのゲームエンジン「Stingray 1.4」も情報公開!Mayaは今年はエクステンションのみで2017は保留なのかと思ったらそうじゃなかった。


プロモーション

ファイナルファンタジーXVI開発スタッフ募集中


Maya 2017 Overview

シェイプエディター強化は地味に嬉しい。もっと早く欲しかった・・

Maya 2017: Arnold in Maya

レンダラーにArnoldを採用!さようならMentalRay。「Solid Angle」社(「Arnold」開発元)がオートデスクの傘下となってから、Maya標準搭載まで結構早かったですね。いい加減Mental Ray離れしたかったのでしょうか。アーノルド自体がよくわからない人は過去記事を Arnoldの記事一覧 | 3D人
デフォルト搭載の「Arnold for Maya」では。1 つのフレームまたはフレームのシーケンスをインタラクティブにレンダーすることができますが、Batch Renderの場合は透かしが入ります。透かしを外したい人は Arnold バッチ レンダー ノードを購入する必要があります。
Arnoldの価格等はこちら。Solid Angle | Buy Arnold バッチレンダー用の新しい形態のライセンスが存在するのかは・・不明(誰か教えて下さい)

MentalRay使いたい人は?

Maya 2017 では mental ray は Maya と一緒に提供されなくなりました。mental ray ノードを含むシーンをレンダーするには、mayatomr プラグインを NVIDIA の Web サイトからダウンロードしてください。

SIGGRAPH 2016のオートデスクのセッションにてArnoldレンダラーに関する情報も公開されております。
興味の有る方は是非こちらもチェックしてみてください。

Rendering the Future: A Vision for Arnold

https://vimeo.com/176498593

その他アップデート詳細ビデオ

Maya 2017 for Motion Graphics

モーショングラフィックスも強化!エクステンション2の発表で驚きは少ないですが

Maya 2017: Bifrost Updates

そしてUKベースのVFXプロダクション「Rockstar VFX」が、モーショングラフィックスとArnoldレンダラーを使用した映像作品『KNGDM』を公開しております。

KNGDM

そしてMaya LT。Arnoldが搭載されるわけでもないので、少々地味めな印象。

Maya LT 2017 – Workspaces

Maya LT 2017 – Time Editor animation tool

Maya LT 2017 – Improved Shape Editor

Maya LT 2017 – Improved Graph Editor

Stingray 1.4 New Features

VR強化やNavMesh、MayaLT連携強化などなど

その他アップデート内容の詳細は公式のヘルプページを御覧ください。


PR


関連記事

  1. IPackThat on Steam - ツメツメ感最高なUVレイアウト・パッキングソフト!「Steam」にて早期アクセス版がリリース!

    2015-04-21

  2. V-Ray 5 for Rhino - V-RayVisionでリアルタイムに視覚化も可能!ライノセラス用V-Rayレンダラー新バージョン!

    2020-11-20

  3. TopoGun 3 - ゼロから再構築中のリトポロジー専用ツール!新たに搭載される自動リトポのスニークピーク映像!

    2020-01-05

  4. Expresii Public Beta available - 本格的な水彩インク挙動のペイントソフトウェア!フル機能版のパブリックベータが遂に公開!

    2015-10-22

コメントをお待ちしています。

コメント

日本語が含まれない投稿は無視されます。-Posts that do not include the Japanese will be ignored-(スパム対策-anti Spam-)

3D人-3dnchu-

3D/2D/CG関連のネタ・ツール情報を
ほぼ毎日紹介します!




おすすめ商品Pickup

注目の記事

PR

中途採用セミナー

Flying Ship Studio


株式会社 Khepris Japan ( ケプリス ジャパン ) Top・レンダーファームのレンタル、レンダリングサービス


ほしい物リスト公開中!
3D人運営に援助していただけると嬉しいです。
Amazonでリストを見る

Discordチャンネル公開

pixivFUNBOXページ公開!

LINEアカウント作りました!
友だち追加

follow us in feedly



 RSSリーダーで購読する

アーカイブ

カテゴリ




相互リンク

インディーズゲームを発掘するならここ

おすすめ記事