UE4 Chrysaora Plocamia - HoudiniとUE4で制作さ...

Epicのいんこ はのば ことKobayashi Hiroyuki氏による、UE4とHoudiniを使って製作された"くらげ"のプロジェクトファイルと、実行ファイルが公開されました。レイトレ―シングを使った疑似半透明表現にも注目ですよ。

  • 21
  • 0
  • 0
続きを読む

Minecraft New Here - マインクラフトの新作ARゲーム『Min...

そこらのニュースで取り上げられているので、ご存じの方も多いと思いますが、Minecraft公開10周年を記念したスマホ向け新作ARゲーム『Minecraft Earth』が発表されました。そのトレーラー「Minecraft - New Here」を手掛けたのはMPCです。

  • 12
  • 0
  • 0
続きを読む

Angle Tool - Blender 2.8用のコーナーモデリングアドオン!...

z01ksによるコーナーをサクサクモデリング出来るBlender 2.8用アドオン「Angle Tool」が登場!

  • 51
  • 0
  • 1
続きを読む

Rigger 2.3 - Maya用自動リギングアドオン!

RIGGER.WSによるMaya用自動リギングアドオン!「Rigger 2.3」が登場!

  • 49
  • 0
  • 0
続きを読む

”Safe Haven” Cinematic - 「World of Warcr...

Blizzard「World of Warcraft」の次期アップデートへ向けたシネマティックトレーラー「Safe Haven」が公開されました。

  • 5
  • 0
  • 0
続きを読む

PoMo: Ink Flow on a Surface - 本格的な水彩インクのシミュレーションが可能なデジタルペイント技術映像!

本格的な水彩インクのシミュレーションが可能なデジタルペイント技術映像!
PoMo: Ink Flow on a Surface


PR

第1回:シーン制作するための準備 キャラクター・背景編 | MotionBuilderでカットシーン制作 | AREA JAPAN


消しゴム機能やUndoの出来る水彩画!とても魅力的!!!
ブラシの設定を必死に弄って、現実に存在する道具の挙動を再現するのは、本当に煩わしいのです。
こういった本物志向な挙動が実現していくのは非常に嬉しい!

こちらの動画では水滴をポタポタ垂らす挙動が確認出来ます。

PoMoは東洋の潑墨または破墨と呼ばれる水墨画技法の挙動を参考に開発されたリアルタイム流体シミュレーション技術
破墨山水 | Wikipedia

SIGGRAPH ASIA2013展示ブースD12にて出展を予定しているとの事です。

※2013/11/07 taketyuさんからの情報追加!
PoMoは過去にMoxiという名前で開発されていたそうです。
MoXi: Real-Time Ink Simulation

http://visgraph.cs.ust.hk/MoXi/

PR

関連記事

  1. 3D content creation exploi...

    2018-08-01

  2. Brain and Brawn - シーグラフ201...

    2016-07-28

  3. SIGGRAPH 2018 Technical Pa...

    2018-05-17

  4. MNPR 1.0.0 - 表現力豊かなリアルタイム非...

    2018-06-14

コメントをお待ちしております

日本語が含まれない投稿は無視されます。-Posts that do not include the Japanese will be ignored-(スパム対策-anti Spam-)

3D人について

3D/2D/CG関連のネタ・ツール情報をほぼ毎日紹介!掲載してほしい情報、ツール検証依頼などありましたら、メッセージボックス、ツイッターもしくはFacebookのメッセージからどうぞ!

Google Translate

おしらせ

沢山のメッセージありがとうございます!!記事掲載に関しては随時対応していきますので、何卒宜しくお願い致します。
友だち追加
follow us in feedly

 RSSリーダーで購読する

おすすめ商品Pickup

PR

3Dモデラー講座

Flying Ship Studio







アーカイブ

Categories

スポンサー

おすすめ記事