作って覚える Mayaモデリングの一番わかりやすい本 - Mayaの入門に最適な...

評価も上々で、Maya入門の為の1冊としては良さそうな本が少し前にリリースされておりました。『作って覚える Mayaモデリングの一番わかりやすい本』

  • 0
  • 2
  • 0
続きを読む

コンセプトアーティストになるために知っておきたいこと - 『The Ultima...

3DTotal本の『The Ultimate Concept Art Career Guide』の日本語版である『コンセプトアーティストになるために知っておきたいこと』が4月下旬にボーンデジタル(3dtotal.jp)から発売されますよ!日本向けに内容も一部追加されているとか。

  • 46
  • 92
  • 0
続きを読む

BNSリグ - バンダイナムコスタジオが「鉄拳」シリーズなどで使用されたリグをベ...

バンダイナムコスタジオは2020年3月31日に「鉄拳」シリーズなどで使用されたリグをベースにした「BNSリグ」の無償配布を開始!

  • 195
  • 235
  • 2
続きを読む

VDRAW 2020 PV - VR機器無しで3Dアバターによる実演配信が可能な...

バーチャル同人作家おぐら氏による PCのマウスやキーボードでのオペレーションを3Dアバター(VRM対応)が動かす風に見せる事が出来る「VDRAW」の最新プロモーション映像が公開されております。

  • 48
  • 1
  • 4
続きを読む

3D Neon Generator - Blenderのプロシージャルノードアド...

Karlis Stigis氏による、Blender 2.8と「Animation Nodes」アドオンを使ったネオン生成機構「Neon Generator」の紹介映像が公開。

  • 120
  • 1
  • 4
続きを読む

SceneCity 1.2 - ノードベースとなり生まれ変わったBlender用プロシージャル都市生成アドオン!

3DアーティストでBlenderアドオン開発者のArnaud Couturier氏による、Blender用の都市生成アドオン「SceneCity」がバージョン1.2となり生まれ変わったそうですよ!


PR

Start@Maya〜Maya で 3DCG をはじめよう〜


バージョン1.2では都市を設計するための強力な新機能が導入されました。機能の断片をつなぎ合わせて目的の目標を達成しました。 あなたの都市は、グラフ内のノードを使って概念的に記述します。それらは、必要なだけシンプルにまたは複雑にすることができます。
いくつかのノードは建物を配置し、他のノードは道路ネットワークを作成し、他のノードは手続きファサードテクスチャを生成する。 さらに新しいバージョンが登場するたびに、さらに多くの可能性が与えられます。

v1.2(2018年10月10日)

ノードベースのワークフローとしての都市生成プロセスの再設計 この最初の反復では、主に遠方から見た都市のアルゴリズムが使用されます。より精密で精巧なアルゴリズムだけでなく、より多くのユーティリティノードがバージョンの後に追加されます。

  • メッシュノード:独自のメッシュ(建物など)を使用するためのノードを追加しました。
    他のノードによって生成されたメッシュデータからBlenderメッシュオブジェクトを作成するためのノードを追加しました。
    手続き型キューブメッシュノードを追加しました。建物のメッシュ入力として便利です。
  • パスとカーブのノード:パスジェネレータノードを追加しました。パスはポリラインのようなもので、リンクされたポイントのシーケンスです。しかし、グラフとは異なり、分岐することはできません。つまり、ポイントは最大で2つのリンクのみを持つことができます。
    カーブコンバータノードへのパスを追加しました。曲線はあるポイントから別のポイントへスムーズに移行するのに便利です。これらはBlenderのカーブと概念は似ていますが、まだBlenderのカーブではありません。
    Blenderカーブオブジェクトノードにカーブを追加しました。これで、あなたのカーブをBlenderのカーブやオブジェクトに変換できます。
    修飾子を使ってBlenderのカーブオブジェクトに沿ってBlenderメッシュを繰り返すノードを追加しました。
  • テクスチャノード:新しいテクスチャセットを作成するためのノードを追加しました。
    テクスチャセットは、PBRワークフロー内の異なるチャンネル用のイメージとその他の有用なマップのイメージの集合です。アルベドとエミットだけが現在サポートされています。
    Blenderイメージをテクスチャセットに変換するノードが追加されました。アルベドマップとエミットマップがBlenderにロードされている場合は、それらをSceneCityのテクスチャセットとして使用できます。
    テクスチャセットにランダムな長方形を描画するノードを追加しました。たとえば建物のファサードテクスチャにランダムなバリエーションを追加する場合などに便利です。
    テクスチャセットに点灯または非点灯のウィンドウを描画するノードを追加しました。建物ファサードのテクスチャを作成するのに便利です。
    テクスチャセットをBlenderイメージに変換するノードを追加しました。
  • 地図ノード:(マップはグレースケール画像のようなもので、チャンネルは1つしかなく、色もありませんが、画像とは異なり、ラスタではなく連続しています)
    Perlinやボロノイノイズなどの手続き型ノイズマップを作成するノードを追加しました。
    地図をBlender画像に変換するためのノードを追加しました。
    レイアウトノード:(レイアウトは建物や道路などの都市要素を配置します)
    単純なレイアウトノードを追加しました。この1つは、重複をテストすることなくランダムに建物を配置します。道路はありません。

価格は77ドル!Blender2.79に対応!これは使えそうだ…

参考リンク

SceneCity | SceneCity

Screenshot of www.cgchan.com

PR


関連記事

  1. EaZyremesh - ZBrushで綺麗なトポロ...

    2020-03-30

  2. SSDR4Maya - 頂点アニメからボーンを生成!...

    2016-07-07

  3. Hard Ops 0.0.6 - Blender用の...

    2015-12-18

  4. Real Snow - ワンクリックでリアルな積雪を...

    2019-12-22

コメントをお待ちしております

日本語が含まれない投稿は無視されます。-Posts that do not include the Japanese will be ignored-(スパム対策-anti Spam-)

3D人について

3D/2D/CG関連のネタ・ツール情報をほぼ毎日紹介!掲載してほしい情報、ツール検証依頼などありましたら、メッセージボックス、Twitter、Facebook、LINEからご連絡お願いします!

おすすめ商品Pickup

PR

アーカイブ

カテゴリー

スポンサー

おすすめ記事