UE4 Chrysaora Plocamia - HoudiniとUE4で制作さ...

Epicのいんこ はのば ことKobayashi Hiroyuki氏による、UE4とHoudiniを使って製作された"くらげ"のプロジェクトファイルと、実行ファイルが公開されました。レイトレ―シングを使った疑似半透明表現にも注目ですよ。

  • 21
  • 0
  • 0
続きを読む

Minecraft New Here - マインクラフトの新作ARゲーム『Min...

そこらのニュースで取り上げられているので、ご存じの方も多いと思いますが、Minecraft公開10周年を記念したスマホ向け新作ARゲーム『Minecraft Earth』が発表されました。そのトレーラー「Minecraft - New Here」を手掛けたのはMPCです。

  • 12
  • 0
  • 0
続きを読む

Angle Tool - Blender 2.8用のコーナーモデリングアドオン!...

z01ksによるコーナーをサクサクモデリング出来るBlender 2.8用アドオン「Angle Tool」が登場!

  • 51
  • 0
  • 1
続きを読む

Rigger 2.3 - Maya用自動リギングアドオン!

RIGGER.WSによるMaya用自動リギングアドオン!「Rigger 2.3」が登場!

  • 49
  • 0
  • 0
続きを読む

”Safe Haven” Cinematic - 「World of Warcr...

Blizzard「World of Warcraft」の次期アップデートへ向けたシネマティックトレーラー「Safe Haven」が公開されました。

  • 5
  • 0
  • 0
続きを読む

SceneCity 1.2 - ノードベースとなり生まれ変わったBlender用プロシージャル都市生成アドオン!

3DアーティストでBlenderアドオン開発者のArnaud Couturier氏による、Blender用の都市生成アドオン「SceneCity」がバージョン1.2となり生まれ変わったそうですよ!


PR

第1回:シーン制作するための準備 キャラクター・背景編 | MotionBuilderでカットシーン制作 | AREA JAPAN


バージョン1.2では都市を設計するための強力な新機能が導入されました。機能の断片をつなぎ合わせて目的の目標を達成しました。 あなたの都市は、グラフ内のノードを使って概念的に記述します。それらは、必要なだけシンプルにまたは複雑にすることができます。
いくつかのノードは建物を配置し、他のノードは道路ネットワークを作成し、他のノードは手続きファサードテクスチャを生成する。 さらに新しいバージョンが登場するたびに、さらに多くの可能性が与えられます。

v1.2(2018年10月10日)

ノードベースのワークフローとしての都市生成プロセスの再設計 この最初の反復では、主に遠方から見た都市のアルゴリズムが使用されます。より精密で精巧なアルゴリズムだけでなく、より多くのユーティリティノードがバージョンの後に追加されます。

  • メッシュノード:独自のメッシュ(建物など)を使用するためのノードを追加しました。
    他のノードによって生成されたメッシュデータからBlenderメッシュオブジェクトを作成するためのノードを追加しました。
    手続き型キューブメッシュノードを追加しました。建物のメッシュ入力として便利です。
  • パスとカーブのノード:パスジェネレータノードを追加しました。パスはポリラインのようなもので、リンクされたポイントのシーケンスです。しかし、グラフとは異なり、分岐することはできません。つまり、ポイントは最大で2つのリンクのみを持つことができます。
    カーブコンバータノードへのパスを追加しました。曲線はあるポイントから別のポイントへスムーズに移行するのに便利です。これらはBlenderのカーブと概念は似ていますが、まだBlenderのカーブではありません。
    Blenderカーブオブジェクトノードにカーブを追加しました。これで、あなたのカーブをBlenderのカーブやオブジェクトに変換できます。
    修飾子を使ってBlenderのカーブオブジェクトに沿ってBlenderメッシュを繰り返すノードを追加しました。
  • テクスチャノード:新しいテクスチャセットを作成するためのノードを追加しました。
    テクスチャセットは、PBRワークフロー内の異なるチャンネル用のイメージとその他の有用なマップのイメージの集合です。アルベドとエミットだけが現在サポートされています。
    Blenderイメージをテクスチャセットに変換するノードが追加されました。アルベドマップとエミットマップがBlenderにロードされている場合は、それらをSceneCityのテクスチャセットとして使用できます。
    テクスチャセットにランダムな長方形を描画するノードを追加しました。たとえば建物のファサードテクスチャにランダムなバリエーションを追加する場合などに便利です。
    テクスチャセットに点灯または非点灯のウィンドウを描画するノードを追加しました。建物ファサードのテクスチャを作成するのに便利です。
    テクスチャセットをBlenderイメージに変換するノードを追加しました。
  • 地図ノード:(マップはグレースケール画像のようなもので、チャンネルは1つしかなく、色もありませんが、画像とは異なり、ラスタではなく連続しています)
    Perlinやボロノイノイズなどの手続き型ノイズマップを作成するノードを追加しました。
    地図をBlender画像に変換するためのノードを追加しました。
    レイアウトノード:(レイアウトは建物や道路などの都市要素を配置します)
    単純なレイアウトノードを追加しました。この1つは、重複をテストすることなくランダムに建物を配置します。道路はありません。

価格は77ドル!Blender2.79に対応!これは使えそうだ…

参考リンク

SceneCity | SceneCity

https://www.cgchan.com/store/scenecity

PR

関連記事

  1. Blunder v0.2 - Blender 2.8...

    2019-05-09

  2. PolyUnwrapper 4.0 - 超多機能!日...

    2014-05-06

  3. DX11CurvatureViewPort - Ma...

    2016-07-13

  4. DebrisMaker2 - ちまちま作ってる場合じ...

    2014-08-08

コメントをお待ちしております

日本語が含まれない投稿は無視されます。-Posts that do not include the Japanese will be ignored-(スパム対策-anti Spam-)

3D人について

3D/2D/CG関連のネタ・ツール情報をほぼ毎日紹介!掲載してほしい情報、ツール検証依頼などありましたら、メッセージボックス、ツイッターもしくはFacebookのメッセージからどうぞ!

Google Translate

おしらせ

沢山のメッセージありがとうございます!!記事掲載に関しては随時対応していきますので、何卒宜しくお願い致します。
友だち追加
follow us in feedly

 RSSリーダーで購読する

おすすめ商品Pickup

PR

3Dモデラー講座

Flying Ship Studio







アーカイブ

Categories

スポンサー

おすすめ記事