Marbling Maker Material v2.0 - Substance...

以前紹介した、”村落”のSubstance Designerマテリアル等でもお馴染み、Emrecan Cubukcu氏が今度はマーブル模様を生成する為のマテリアル「Marbling Maker Material」作成し、販売しております。

  • 3
  • 0
  • 0
続きを読む

Troll - Goodbye Kansas&Deep Forest Films...

Goodbye KansasとDeep Forest Filmsからのリアルタイムショートフィルム「Troll」が公開!Unreal Engine 4.22とリアルタイムレイトレーシング機能を活用しています。

  • 2
  • 0
  • 0
続きを読む

Chaos Tech Demo GDC 2019 - アンリアルエンジン4.23...

「Chaos」というアンリアルエンジン向け新物理/破壊シミュレーションエンジンのテクノロジーデモが先日行われた「State of Unreal」にて公開されました。Unreal Engine 4.23にて早期アクセス状態となるそうです。

  • 10
  • 0
  • 0
続きを読む

Quake II RTX GTC 2019 Demo Walkthrough -...

1997年に発売されたid Softwareの名作FPS「Quake 2(クエイクツー)」をリアルタイムレイトレーシングに対応させた「Quake II RTX」の最新デモ映像です。

  • 8
  • 7
  • 1
続きを読む

Unity 2019 Megacity - Unityで何百万ものオブジェクトを...

以前紹介したUnityのデモ「Megacity」がGDC 2019に合わせてリリースされました!何百万ものオブジェクトを効率的に描画!

  • 29
  • 36
  • 0
続きを読む

ShaderMap 3 - 写真や3Dモデルから各種マッピングテクスチャを生成&焼きこみ出来るツールの新バージョンきた!

 当サイトでも何度か紹介した、テクスチャ生成ツール、ShaderMapの最新バージョンが公開!『ShaderMap3』写真・画像からの各種テクスチャ生成の他、3Dモデルからの焼き込みにも対応!


PR

第1回:シーン制作するための準備 キャラクター・背景編 | MotionBuilderでカットシーン制作 | AREA JAPAN


ShaderMap3 紹介映像

ShaderMap 3の特徴

高速なマップ生成

ShaderMapでは、画像か3Dモデルをロードし、ディスプレイスメント(Height)、アンビエントオクルージョン、タンジェントスペース法線、スペキュラ、またはワールドスペース法線、曲率、アルベド等を制し絵する事が出来ます。
また柔軟なプラグインシステムのお陰で、新たなマップをShaderMapに追加する事が出来ます。

  • 浮動小数点の精度
    ShaderMapはすべてのマップを格納・計算する際に、高精度な浮動小数点数を使用しています。これはワークフロー全体に正確なディテールを保証し、OpenEXRやHDRフォーマットなどのインポートとエクスポートを可能にします。

3Dモデル焼きこみ

ShaderMapは3D1モデルに対応してます。3Dモデルをプロジェクトグリッドにロードし、モデル形状からレンダリングマップを焼きこむ新たなマップを選択します。

ケージモデルの設定が含まれています。

ケージ投影アルゴリズムはマッププラグインによって使用される。 3Dモデルのセットアップは、レンダリングの前にソースモデルを囲むためにプッシュし、スケールのケージジオメトリに使用可能です。
ケージ投影アルゴリズムはマッププラグインによって使用されます。
レンダリング前ににソースモデルを取り囲むようにプッシュ&スケールしたケージジオメトリを3Dモデルに設定が可能です。

ShaderMapは、3Dモデルから以下のマップを焼きこむことが可能です。
  • アンビエントオクルージョン(Ambient Occlusion)
  • タンジェントスペース法線(Tangent Space Normals)
  • ワールドスペース法線(World Space Normals)
  • 凸面/凹面の曲率(Convex / Concave Curvature)
  • ディスプレイスメント(Displacement (Height))

法線マップペインティング

ShaderMapはノーマルエディターと呼ばれるフル機能の法線マップペインティングアプリケーションが含まれています。これには、ペイントしたベクトルを変換・配置する法線マップを修正する為のレイヤーシステムが付属しております。

  • N ブラシ – 3Dモデルのブラシから法線をペイント。最適な向きを取得し、モデルを回転させます。すぐにボルト等を追加出来る便利なスタンプツールです。
  • V ブラシ – ベクトルのカラーを取得&ペイント、それらは座標指定されたシステムであることを確認してください。
  • D ブラシ – 様々な形状を有するブラシをグレースケールディスプレイスメントレイヤーにペイント出来ます。ディスプレイスメントは自動的に法線ベクトルへ変換されます。
  • ベジェシェイプ – 楕円形、四角形、ラインのを追加しより多くのそれから変位のタイルパターンにレイヤプロファイルシステムを使用あるいは直接曲線を使用して形状の表面を制御します。

ShaderMap プラグインSDK

ShaderMap SDKは、アドオンを作成するための柔軟かつ強力なインターフェースを提供します。3つのC++ APIおよび1つのHLSL/ XML APIがあります。
各C++ APIは、プロジェクトに含めるソースコードの1ページで構成されています。

C ++を使用して新しいマップ、フィルタ、およびジオメトリインポーターを作成するためにバイナリのプラグインを作ることができる。
HLSL/ XMLを使用することで、ShaderMapマテリアルビジュアライザで使用するための新しいマテリアルを作成出来ます。

価格

  • フルライセンス 49.95ドル
  • バージョン2からのアップグレード 29.95ドル

※対応OSはWindowsのみ

その他映像

高度なマップ設定
3Dモデルからの焼き込み
マテリアルビジュアライザ
法線マップを編集
マスクを使用する
外部エディタとの連携

体験版もあるのでぜひお試しあれ!

ShaderMap – Normal Map Generator and Normal Painting Application: Create and Convert Textures to Shader Maps used i… 

http://shadermap.com/home/

 

 

関連記事

  1. PlayAniMaker Miku ver - V...

    2017-07-18

  2. CopperCube 4.2 リリース! - 法線マ...

    2013-09-04

  3. Clara.io Beta - 本格的なモデリングや...

    2013-11-05

  4. Substance Designer 5.6 リリー...

    2016-12-16

コメントをお待ちしております

日本語が含まれない投稿は無視されます。-Posts that do not include the Japanese will be ignored-(スパム対策-anti Spam-)

3D人について

3D/2D/CG関連のネタ・ツール情報をほぼ毎日紹介!掲載してほしい情報、ツール検証依頼などありましたら、メッセージボックス、ツイッターもしくはFacebookのメッセージからどうぞ!

Google Translate

おしらせ

沢山のメッセージありがとうございます!!記事掲載に関しては随時対応していきますので、何卒宜しくお願い致します。
友だち追加
follow us in feedly

 RSSリーダーで購読する

おすすめ商品Pickup

PR

キャリア相談会

Flying Ship Studio







Categories

アーカイブ

スポンサー

おすすめ記事