UE4 Chrysaora Plocamia - HoudiniとUE4で制作さ...

Epicのいんこ はのば ことKobayashi Hiroyuki氏による、UE4とHoudiniを使って製作された"くらげ"のプロジェクトファイルと、実行ファイルが公開されました。レイトレ―シングを使った疑似半透明表現にも注目ですよ。

  • 17
  • 0
  • 0
続きを読む

Minecraft New Here - マインクラフトの新作ARゲーム『Min...

そこらのニュースで取り上げられているので、ご存じの方も多いと思いますが、Minecraft公開10周年を記念したスマホ向け新作ARゲーム『Minecraft Earth』が発表されました。そのトレーラー「Minecraft - New Here」を手掛けたのはMPCです。

  • 11
  • 0
  • 0
続きを読む

Angle Tool - Blender 2.8用のコーナーモデリングアドオン!...

z01ksによるコーナーをサクサクモデリング出来るBlender 2.8用アドオン「Angle Tool」が登場!

  • 46
  • 0
  • 1
続きを読む

Rigger 2.3 - Maya用自動リギングアドオン!

RIGGER.WSによるMaya用自動リギングアドオン!「Rigger 2.3」が登場!

  • 49
  • 0
  • 0
続きを読む

”Safe Haven” Cinematic - 「World of Warcr...

Blizzard「World of Warcraft」の次期アップデートへ向けたシネマティックトレーラー「Safe Haven」が公開されました。

  • 5
  • 0
  • 0
続きを読む

Substance Designer 2019.1 - 使える新ノード多数!新エンジンを搭載!高速化等

プロシージャルテクスチャリングソフト「Substance Designer」のバージョン 2019.1がリリースされました!


PR

第1回:シーン制作するための準備 キャラクター・背景編 | MotionBuilderでカットシーン制作 | AREA JAPAN


どっかーん!って感じの新機能は無いですが、地味にイイネって感じの新ノードがちらほらありますよ。

Substance Engine v7

Substance Engine v7では、PBRフォーマットのテクスチャマップを超えて、テクスチャだけでなく値も処理できるそうで、Substance作成者は追加情報でコンテンツを充実させることができます。たとえば、材料のスケールを考えます。このコンクリートタイルの幅は、50センチメートル、10インチ、1ヤードのどれくらいでしょうか。新しいエンジンでは、こういった情報をSubstanceファイルに埋め込むことができ、Substanceマテリアルが微調整されるにつれて動的に変化させることも出来ます。もう1つの例は、テクスチャでエンコードできない、またはエンコードすべきではない、いくつかのマテリアルプロパティを表すメタデータです。たとえば、布や革の重さや弾力性などです。製造目的のために、3Dプリントされるマテリアルの最小の実行可能な厚みに利用したり出来ます。

Value Processor

合成グラフ内で値を使用できます。ユーザーは複合グラフ自体の中から値を操作でき、さらに創造的な柔軟性でパラメーターを駆動し、ワークフローを最適化するのに役立ちます。色のような要素を表すノードを操作するのではなく、ユーザーは色の値を直接追加して設計プロセスを簡素化し強化することができます。

ユーザーは、あるノードから別のノードに値を渡したり、グラフレベルでグローバル変数を作成したりすることもできます。

Flood Fill

形状ごとにユーザ番号を生成する「Flood Fill to Index」

各形状にイメージを適用できる「Flood Fill Mapper」

これ…めちゃくちゃ使えそう…

Atlas Splitter

アトラススプリッタ – ユーザーはアトラスを分割して、スキャンの個々の要素を分離して利用することができます。

新しいDirectional Warpフィルタ

「Non-Uniform Direction Warp」では、画像入力によってワープの強度と方向を変えることができます。「Multi-Directional Warp」は、移動したテクスチャが所定の位置にある間、方向ワープを反対方向に複数回適用します。

Height Extrude

高さマップを3Dの奥行きとしてレンダリングできるようになりました。ユーザーは結果の形状を3Dオブジェクトとして回転させることができます。

Triplanar アップデート

より正確なブレンディング式、ランダムオフセット、x、y、z投影のための分離入力が利用可能になりました。

法線ベクトル回転の改善

画像入力のグレースケール値を使用して法線ベクトル回転角度を設定できるようになりました。

ベイカーの最適化

AO、Bent Normal、Thicknessの各ベイカー向けのOptixの統合により、CPUレイトレーシングよりも少なくとも5倍高速になりました。
これを最大限に活用したい場合は、ドライバを更新することを忘れないでください。Optixの最後のバージョンが使用されるためです。

.objローダー最適化

マルチスレッド化されたため、ロード時間が大幅に高速化されました。少なくとも1.5倍早いそうで、今後も改善の予定があるそうです。

改良されたPythonプラグインシステム

技術ユーザー向けに、このアップデートはPython Scriptingプラグインシステムに拡張オプションをもたらします。Python APIを使用して、ユーザーはSubstance Designer内でプラグイン用のGUIを作成できるようになりました。プラグインシステムも標準化されており、アプリケーションのロード時にプラグインを起動できるようになっており、永続的なプラグインの作成に役立ちます。Substanceチームによって作成された追加のプラグインも開発中とのこと。

リリースノートはこちら:Release Note Substance Designer | allegorithmic

体験版もSteam版もありますよー!
是非お試しあれ!!!!

リンク

Substance Designer Spring 2019: Prepare For Takeoff | Substance

さっそくもんしょさん、試されてる…早い…



PR

関連記事

  1. Maya 2018新機能ダイジェスト - Maya2...

    2017-08-31

  2. 3D衣装作成ソフト「Marvelous Design...

    2018-10-03

  3. MakeHuman 1.1.0 - BVHデータにも...

    2016-05-20

  4. AutoTileGen - 手軽に2D横スクロールゲ...

    2014-07-10

コメントをお待ちしております

日本語が含まれない投稿は無視されます。-Posts that do not include the Japanese will be ignored-(スパム対策-anti Spam-)

3D人について

3D/2D/CG関連のネタ・ツール情報をほぼ毎日紹介!掲載してほしい情報、ツール検証依頼などありましたら、メッセージボックス、ツイッターもしくはFacebookのメッセージからどうぞ!

Google Translate

おしらせ

沢山のメッセージありがとうございます!!記事掲載に関しては随時対応していきますので、何卒宜しくお願い致します。
友だち追加
follow us in feedly

 RSSリーダーで購読する

おすすめ商品Pickup

PR

3Dモデラー講座

Flying Ship Studio







アーカイブ

Categories

スポンサー

おすすめ記事