AnimationCafe

ChatGPT - 人生の悩みからプログラムのコードやツールのスクリプトも教えて...

OpenAIが対話形式に最適化されたAI「ChatGPT」のテスト版を公開しました。無料でお試しが可能です。

  • 88
  • 0
  • 1
続きを読む

RealityScan - RealityCaptureとQuixelが共同で開...

RealityCaptureとQuixelが共同で開発したスマホ向けフォトグラメトリーアプリ「RealityScan」がベータ期間を終え正式に公開されました!

  • 77
  • 0
  • 1
続きを読む

Advent Calendar 2022 - 気になる技術系アドベントカレンダー...

毎年恒例お勉強イベント。2022年も気になるアドベントカレンダーのリンクを集めました。みなさんも是非参加しましょう!

  • 15
  • 0
  • 0
続きを読む

Blender 3.5 Alpha geometry-nodes-simulat...

Blenderの先のバージョンである3.5で実装される、Geometry Nodesのシミュレーションノードを追加したブランチビルドが公開され話題になっています!

  • 27
  • 0
  • 0
続きを読む

kaboom - 手軽にエフェクト付き破壊表現を追加出来るBlender用アドオ...

Picto Filmoによる、手軽にエフェクト付き破壊表現を追加できるBlenderアドオン「Kaboom」がリリースされました!

  • 83
  • 0
  • 0
続きを読む

Maya、3ds Max のインディー版 | AREA JAPAN | Autodesk

The Lightmapper v0.3 - 簡単にライトマップベイクが出来るBlender向け無料アドオン!

この記事は約2分20秒で読めます

Alexander Kleemann氏によるBlender向けライトマップ焼き込みアドオン『The Lightmapper v0.3』が無料公開中


プロモーション

『ファイナルファンタジーVII』リメイクプロジェクトの3D背景アーティストが語るリメイクのこだわりとは | スクウェア・エニックスで働くストーリー | 中途採用 SQUARE ENIX -RECRUITING-


The LightmapperはBlenderの無料のアドオンであり、32ビットのHDRライトマップをサポートするグローバルイルミネーションテクスチャベイクの自動ライトマッピングおよびノイズ除去機能を実装し、Eeveeまたは外部ゲームエンジンで使用できます。私はかなり長い間取り組んでいますが、今までは少し不安定でした。

最初はArmory3Dのライトマッピングソリューションとして作業を開始しましたが、技術的にはArmory3D機能に依存しなくなったため、.everと8を通じて、Eevee、UPBGE、その他の外部ゲームエンジンでも同様に機能するスタンドアロンアドオンになりました。 -bit png-encodingのサポート。

v0.3 主な機能

  • 自動ライトマップベイク:アドオンは、スケーリング、マテリアルセットアップ、UVレイヤー、UVアンラッピングなど、焼くために必要なすべてのものを自動化します。
  • オブジェクトごとの設定:各オブジェクトには独自の設定があり、解像度、UVマージン、アンラップモードの点でカスタマイズできます。
  • マルチマテリアルサポート:各オブジェクトに必要なだけマテリアルを追加します。
  • AIベースのノイズ除去:統合されたノイズ除去と、より高速なCPU OIDNノイズ除去およびGPU Optixノイズ除去のサポート
  • パフォーマンスとスピード:ベーキングプリセットは、状況とCPU / GPUに基づいて、サンプリング、品質、タイル設定を自動的に調整します。
  • ポストプロセスフィルタリング:OpenCVを通じてライトマップに追加のエッジと品質を与えるための追加のフィルタリング
  • バックグラウンドベイク:ベーキングに時間がかかりますか?バックグラウンドベイクを試してください。これにより、シーンの作業を継続できます。
  • 簡単なマテリアル管理:自動マテリアル設定とは別に、材料のリセットは簡単で、外部エンジン用の材料設定なしでもベーキングできます。

なかなか良さそうな予感。

動作させるにはOpenCVやBlender Xatlasが必要みたいです。(足りてない場合アドオンインストール画面に警告が表示されます。

xatlasって初めて知ったんですが、UV展開&パッキングアドオンみたいですね。

とりあえずまだこのLightmapperはマニュアルもWikiも無いので、触る場合は手探り状態になると思います。簡単にって書いちゃったけど、ちゃんと動作するまでのフローはBlender初心者には厳しいかもしれない。

うまく導入できると、オブジェクトプロパティやレンダープロパティ画面に項目が追加されます。

私の環境ではちょっとエラーが出まくってうまく行かない…
かなり良さそうな予感がするんですが…今後も楽しみなアドオンです(まだ使えてないけど)

皆さんも是非お試しあれ!

リンク


プロモーション

C&R Creative Academy – 本気の未経験クリエイター育成プログラム



関連記事

  1. Ttranslate v2.5.1 - ショートカットキー等で手軽に言語切替出来るようにする無料のBlenderアドオン

    2021-11-03

  2. Cablerator - Photoshopツールでお馴染みSergey Kritskiy氏の新作ツールはなんとBlender向けケーブル生成アドオン!

    2020-07-30

  3. Blender Tools - EpicGamesからUnreal Engineとの連携用Blenderアドオン「Send to Unreal 1.3.4」と「UE to Rigify 1.3.4」がリリース!

    2020-07-14

  4. UVPackmaster 2 - UVパズルにさようなら!高速動作するBlender用のUVパッキングアドオン!新バージョン!

    2019-07-10

コメントをお待ちしています。

コメント

日本語が含まれない投稿は無視されます。-Posts that do not include the Japanese will be ignored-(スパム対策-anti Spam-)

3D人-3dnchu-

3D/2D/CG関連のネタ・ツール情報を
ほぼ毎日紹介します!

アーカイブ

カテゴリ

おすすめ商品Pickup

注目の記事

PR

育成講座

採用 | 3DCGアーティスト&テクニカルアーティスト大募集 | 株式会社Cygames


12月8日開催!映像匠塾2022 メタバース編 ~進化~その先の未来へ

Curo Inc.

GRASSHOPPER MANUFACTURE

3D人のLINEアカウントを作りました!
友だち追加


follow us in feedly

RSSリーダーで購読する


ほしい物リスト公開中!
3D人運営に援助!
Amazonでリストを見る

Discordチャンネル公開

pixivFUNBOXページ公開!




おすすめ商品Pickup

おすすめ記事

PR


ページ上部へ戻る