3d Scanner App - iPad ProのLIDARを活用した3Dスキ...

紹介がかなり遅くなりましたが、iPad Proにのみ搭載されているLIDARセンサーを活用した3Dスキャンアプリ「3d Scanner App」のご紹介です。

  • 198
  • 22
  • 2
続きを読む

EZ Baker v0.3 - Blenderの貧弱なベイク環境を大幅改善してく...

Aquatic NightmareによるBlender用のハイポリ→ローポリベイクアドオン「EZ Baker」のご紹介!無料です。

  • 137
  • 38
  • 1
続きを読む

Behind the Scenes of Marbles at Night RT...

NVIDIAのリアルタイムレイトレーシングをフル活用したリアルな玉転がしゲーム『Marbles RTX』のアセット制作舞台裏映像が幾つか公開されています。

  • 25
  • 1
  • 0
続きを読む

Crest Ocean System HDRP and Dynamic Wate...

Roland C氏が、Unityの「Crest Ocean System HDRP」と「Dynamic Water Physics 2」を組み合わせた美しいリアルタイム海面シーンの映像を公開しています。

  • 106
  • 1
  • 1
続きを読む

Quick Splines v1.0 - スプラインに沿ってモデルを並べたり散ら...

Kim Quyen氏による、スプラインに沿って様々な事を出来るようにするBlenderアドオン「Quick Splines v1.0」がリリースされました。

  • 37
  • 2
  • 1
続きを読む

The Lightmapper v0.3 - 簡単にライトマップベイクが出来るBlender向け無料アドオン!

Alexander Kleemann氏によるBlender向けライトマップ焼き込みアドオン『The Lightmapper v0.3』が無料公開中


PR

Autodesk® Maya® Indie、Autodesk® 3ds Max® Indie | AREA JAPAN | Autodesk


The LightmapperはBlenderの無料のアドオンであり、32ビットのHDRライトマップをサポートするグローバルイルミネーションテクスチャベイクの自動ライトマッピングおよびノイズ除去機能を実装し、Eeveeまたは外部ゲームエンジンで使用できます。私はかなり長い間取り組んでいますが、今までは少し不安定でした。

最初はArmory3Dのライトマッピングソリューションとして作業を開始しましたが、技術的にはArmory3D機能に依存しなくなったため、.everと8を通じて、Eevee、UPBGE、その他の外部ゲームエンジンでも同様に機能するスタンドアロンアドオンになりました。 -bit png-encodingのサポート。

v0.3 主な機能

  • 自動ライトマップベイク:アドオンは、スケーリング、マテリアルセットアップ、UVレイヤー、UVアンラッピングなど、焼くために必要なすべてのものを自動化します。
  • オブジェクトごとの設定:各オブジェクトには独自の設定があり、解像度、UVマージン、アンラップモードの点でカスタマイズできます。
  • マルチマテリアルサポート:各オブジェクトに必要なだけマテリアルを追加します。
  • AIベースのノイズ除去:統合されたノイズ除去と、より高速なCPU OIDNノイズ除去およびGPU Optixノイズ除去のサポート
  • パフォーマンスとスピード:ベーキングプリセットは、状況とCPU / GPUに基づいて、サンプリング、品質、タイル設定を自動的に調整します。
  • ポストプロセスフィルタリング:OpenCVを通じてライトマップに追加のエッジと品質を与えるための追加のフィルタリング
  • バックグラウンドベイク:ベーキングに時間がかかりますか?バックグラウンドベイクを試してください。これにより、シーンの作業を継続できます。
  • 簡単なマテリアル管理:自動マテリアル設定とは別に、材料のリセットは簡単で、外部エンジン用の材料設定なしでもベーキングできます。

なかなか良さそうな予感。

動作させるにはOpenCVやBlender Xatlasが必要みたいです。(足りてない場合アドオンインストール画面に警告が表示されます。

xatlasって初めて知ったんですが、UV展開&パッキングアドオンみたいですね。

とりあえずまだこのLightmapperはマニュアルもWikiも無いので、触る場合は手探り状態になると思います。簡単にって書いちゃったけど、ちゃんと動作するまでのフローはBlender初心者には厳しいかもしれない。

うまく導入できると、オブジェクトプロパティやレンダープロパティ画面に項目が追加されます。

私の環境ではちょっとエラーが出まくってうまく行かない…
かなり良さそうな予感がするんですが…今後も楽しみなアドオンです(まだ使えてないけど)

皆さんも是非お試しあれ!

リンク


PR


関連記事

  1. Kraken 1.2 - Fabric Softwareによるオープンソース・クロスプラットフォームのリギングフレームワーク!

    2016-06-25

  2. Maya Collision Rig - 揺れ物や接地が楽になる!?Maya用衝突リグスクリプトがGitHubにて公開中!

    2016-06-09

  3. Mask Tools for Blender - シンプルなノード構成でマテリアル・テクスチャを自在にペイント!Blender上でのマテリアル・テクスチャリング支援ツールアドオン!

    2019-12-03

  4. DynRemesh v2.5 - 形状を四角ポリゴンで再構築してくれるアドオン!Blender 2.8に対応!

    2019-08-07

コメントをお待ちしております

COMMENT

日本語が含まれない投稿は無視されます。-Posts that do not include the Japanese will be ignored-(スパム対策-anti Spam-)

3D人について

3D/2D/CG関連のネタ・ツール情報をほぼ毎日紹介!掲載してほしい情報、ツール検証依頼などありましたら、メッセージボックス、Twitter、Facebook、LINEからご連絡お願いします!

おしらせ

ほしい物リスト公開中!
3D人運営に援助していただけると嬉しいです。
Amazonでリストを見る

Discordチャンネル公開

pixivFUNBOXページ公開!

LINEアカウント作りました!
友だち追加

follow us in feedly



 RSSリーダーで購読する

おすすめ商品Pickup

PR


スポンサー

注目の記事

PR

オンライン相談

Flying Ship Studio





アーカイブ

カテゴリー

スポンサー

おすすめ記事