作って覚える Mayaモデリングの一番わかりやすい本 - Mayaの入門に最適な...

評価も上々で、Maya入門の為の1冊としては良さそうな本が少し前にリリースされておりました。『作って覚える Mayaモデリングの一番わかりやすい本』

  • 0
  • 2
  • 0
続きを読む

コンセプトアーティストになるために知っておきたいこと - 『The Ultima...

3DTotal本の『The Ultimate Concept Art Career Guide』の日本語版である『コンセプトアーティストになるために知っておきたいこと』が4月下旬にボーンデジタル(3dtotal.jp)から発売されますよ!日本向けに内容も一部追加されているとか。

  • 46
  • 92
  • 0
続きを読む

BNSリグ - バンダイナムコスタジオが「鉄拳」シリーズなどで使用されたリグをベ...

バンダイナムコスタジオは2020年3月31日に「鉄拳」シリーズなどで使用されたリグをベースにした「BNSリグ」の無償配布を開始!

  • 195
  • 235
  • 2
続きを読む

VDRAW 2020 PV - VR機器無しで3Dアバターによる実演配信が可能な...

バーチャル同人作家おぐら氏による PCのマウスやキーボードでのオペレーションを3Dアバター(VRM対応)が動かす風に見せる事が出来る「VDRAW」の最新プロモーション映像が公開されております。

  • 48
  • 1
  • 4
続きを読む

3D Neon Generator - Blenderのプロシージャルノードアド...

Karlis Stigis氏による、Blender 2.8と「Animation Nodes」アドオンを使ったネオン生成機構「Neon Generator」の紹介映像が公開。

  • 120
  • 1
  • 4
続きを読む

Twinmotion 2019 Release Trailer - UE採用の建築系リアルタイムビジュアライゼーションソフトウェア新バージョン!

Unreal Engineを採用の建築系リアルタイムビジュアライゼーションソフトウェア「Twinmotion 2019」のトレーラーが公開!2018年6月21日にリリース!


PR

Start@Maya〜Maya で 3DCG をはじめよう〜


Twinmotion 2019 release trailer

Twinmotionはバージョン2018からUnreal Engineを採用しております。今回は特に記載が無いですが変更は無いと思われます。

  • インタラクティブVRメニュー
  • ARCHICADおよびAutodesk Revitとの最適化された同期
  • 反射プローブ
  • クレイレンダリング
  • 新しい建設パックとデカール
  • ライティングの改善オプション
  • プロダクトマネージャー
  • カメラアライメントと計測ツール
  • コンパスインジケータ

2018年6月18日には、上記新機能を紹介したウェビナーが開催されるそうです。
Registration Twinmotion 2019 is here!

TwinmotionはWindowsとMacOXに対応。
バージョン2018の価格は2年分サポート付き2475ユーロ(約30万)でした。
値段はそれなりにしますが、UEを使い建築向けシステムを1から開発する必要は無いので、需要は結構あるのかなと思います。
いやぁ~他社競合ツールと違いベースにUEを採用したのは正解だと思いますよ。

関連リンク

Twinmotion(@Twinmotion)さん | Twitter
Twinmotion 2018 – 3D Architectural Rendering on Windows and macOS


PR


関連記事

  1. Mosketch - スケッチによるポージングで3D...

    2018-10-05

  2. Valkyrie Engine - コーディング無し...

    2018-12-06

  3. Palette Knife - 無料のカラーパレット...

    2020-01-03

  4. VRClay - 仮想空間上で3Dスカルプトを実現!...

    2014-09-28

コメントをお待ちしております

日本語が含まれない投稿は無視されます。-Posts that do not include the Japanese will be ignored-(スパム対策-anti Spam-)

3D人について

3D/2D/CG関連のネタ・ツール情報をほぼ毎日紹介!掲載してほしい情報、ツール検証依頼などありましたら、メッセージボックス、Twitter、Facebook、LINEからご連絡お願いします!

おすすめ商品Pickup

PR

アーカイブ

カテゴリー

スポンサー

おすすめ記事