AnimationCafe

Adobe MAX 2021 遂に開催!年に一度のAdobeの最新情報公開&アッ...

「Adobe MAX 2021」が開催!2021年10月27日(水) ~10月28日(木)(米国時間: 10月26日~28日)主要地域のタイムゾーンに合わせた各リージョンの基調講演(キーノート)や400以上のブレイクアウト セッションを公開するイベントです。日本向けにも多くのオリジナルセッションが用意されます。イベントに合わせてツールも最新アップデートが提供されています。

  • 22
  • 0
  • 0
続きを読む

Squid Game Robot Edition - 「イカゲーム」のだるまさん...

VFXアーティスト・フィルムメーカー・YoutuberのShutter Authorityによる「イカゲーム」のだるまさんがころんだに某有名ロボット達が挑むショートフィルムSquid Game Robot Edition」のご紹介

  • 23
  • 0
  • 0
続きを読む

3D Animator vs. 3D Animation - 3Dアニメーターと...

Shutter Authorityによる、3DアニメーターとCGキャラクターとの戦いを描いたショートフィルム「3D Animator vs. 3D Animation」のご紹介

  • 69
  • 6
  • 0
続きを読む

Create A Beautiful Garden Scene Inside B...

CGアーティストのKai "Kizzle" Mergener氏によるBlender講座「Create A Beautiful Garden Scene Inside Blender Cycles」がCG&デジタルアート学習オンラインプラットフォーム「WINGFOX」にて取り扱い開始されました!

  • 15
  • 0
  • 0
続きを読む

ArmorPaint 0.8 - PBR対応オープンソース3Dペイントソフト!新...

「Armory Engine」をベースに開発中の、PBR、ノード構築、Nvidia GPUを活用したレイトレーシング焼きこみ、ゲームエンジンへのライブリンク等にも対応した、オープンソースの3Dペイントソフト「ArmorPaint」のバージョン0.8がリリースされました。

  • 116
  • 0
  • 0
続きを読む

Maya、3ds Max のインディー版 | AREA JAPAN | Autodesk

USD for Maya - オートデスクからピクサーのオープンフォーマットを扱う為のMayaプラグイン!GitHubにて公開

Pixer社がオープンソースで公開している汎用シーンフォーマット「USD(Universal Scene Description)」をMayaで扱う為のプラグインがオートデスク社のGithubページから公開されておりました。


プロモーション

ファイナルファンタジーXVI開発スタッフ募集中


Pixar USD (Universal Scene Description)

Universal Scene Description (USD、ユニバーサル・シーン・デスクリプション、万能シーン記述) は、ピクサーの開発した3Dシーングラフ形式及びその形式を扱うプログラム群である。

Universal Scene Description – Wikipedia

USDに関しては、発表時に当サイトでも紹介いたしました。
Pixar USD (Universal Scene Description) – ピクサーのシーン・アセット管理システム!スライドや解説映像が公開!

USDの人気が高まるにつれて、多くのスタジオはパイプライン内にどのプラグインを展開すべきか疑問に思っています。
個別および一緒に使用される2つの一般的な選択肢は、USD自体の一部であるPixar USDMayaプラグインと、オープンソースとして個別にリリースされたAnimal Logicのプラグインです。
どちらのプラグインにも強力なユーザーコミュニティがありますが、オートデスクが公式にサポートされているプラ​​グインをいつリリースするかについて疑問を抱いている人もいます。
このプロジェクトの目標は、ピクサーとアニマルロジック、および他の主要な貢献者と直接連携して、両方の長所を単一のサポートされているプラ​​グインにマージすることです。

https://github.com/Autodesk/maya-usd

もともと、USD付属のMayaプラグイン、アニマルロジック版USD for Maya( GitHub – AnimalLogic/AL_USDMaya )というのが存在しましたが、ここにきてオートデスクが本腰を入れた感じですね。

USDに関しては、いろいろと知見がございますので、そちらも併せて確認されると良いかと思います。

導入はちょっとややこしそうかな?

使う人が増えると色々改善されていくかもしれませんね。是非お試しあれ!

リンク

GitHub – Autodesk/maya-usd: A common USD (Universal Scene Descriptor) plugin for Autodesk Maya

GitHub – PixarAnimationStudios/USD: Universal Scene Description

GitHub – AnimalLogic/AL_USDMaya


PR


関連記事

  1. Substance Maya Toolset 0.6 - Mayaから簡単にSubstanceへメッシュをエクスポート&焼きこみ等の処理が出来る公式ツール!

    2015-04-03

  2. VirtuCamera for Blender Addon - iOSデバイスをバーチャルカメラとして扱う為のアプリのBlenderプラグインが遂にリリース!

    2021-03-10

  3. World Align - 指定した2つの垂直面から回転方向を取得し修正!3Dスキャンしたメッシュの整理などで活用出来るツールのBlenderアドオン版!

    2020-12-10

  4. Vegetation Tree - 揺れアニメーション付きツリーアセットを多数収録した植物ライブラリBlenderアドオン!

    2021-02-02

コメントをお待ちしています。

コメント

日本語が含まれない投稿は無視されます。-Posts that do not include the Japanese will be ignored-(スパム対策-anti Spam-)

3D人-3dnchu-

3D/2D/CG関連のネタ・ツール情報を
ほぼ毎日紹介します!

アーカイブ

カテゴリ

おすすめ商品Pickup

注目の記事

PR

採用サイト

エフェクトアーテイスト積極募集中! - 先輩社員 | RECRUIT | バンダイナムコスタジオ公式サイト


株式会社 Khepris Japan ( ケプリス ジャパン ) Top・レンダーファームのレンタル、レンダリングサービス



急募!有名ゲームタイトルの求人多数!!

ほしい物リスト公開中!
3D人運営に援助していただけると嬉しいです。
Amazonでリストを見る

Discordチャンネル公開

pixivFUNBOXページ公開!

LINEアカウント作りました!
友だち追加

follow us in feedly



 RSSリーダーで購読する

おすすめ商品Pickup




おすすめ記事

ページ上部へ戻る