AnimationCafe

作って覚える! ZBrushフィギュア制作チュートリアル -はじめてから塗装まで...

ウチヤマ リュウタ氏によるフィギュア制作のためのZBrush解説本「作って覚える! ZBrushフィギュア制作チュートリアル -はじめてから塗装まで-」が2022年6月下旬に発売されます!

  • 2
  • 0
  • 0
続きを読む

Open Unreal Utilities v1.0 - Unreal Engi...

ドイツ、ミュンヘン出身のゲーム開発者・テクニカルアーティストのJonas Reich氏による、Unreal Engine向けオープンソースな汎用ユーティリティプラグイン「OUU(Open Unreal Utilities) v1.0」がリリースされていました。

  • 1
  • 0
  • 0
続きを読む

DuBlast for Blender v2.1.2 - アニメーションのプレイ...

RxLaboratoryによるアニメーションのプレイブラストを簡単に作成して再生出来る無料アドオン「DuBlast for Blender v2.1.2」が公開!Blender 3.1に対応しています。

  • 0
  • 0
  • 0
続きを読む

ORIPA: Origami Pattern Editor v1.60 - オー...

Mitani Jun氏により開発され、現在オープンソースの元更新が続けられている折紙展開図ドローソフト「ORIPA: Origami Pattern Editor v1.60」のご紹介。

  • 1
  • 0
  • 1
続きを読む

The Lightmapper v0.6 - 簡単にライトマップベイクが出来るB...

Alexander Kleemann氏によるBlender向けライトマップ焼き込みアドオン『The Lightmapper v0.6』が無料公開中

  • 66
  • 0
  • 0
続きを読む

Maya、3ds Max のインディー版 | AREA JAPAN | Autodesk

3D Hair Synthesis Using Volumetric Variational Autoencoders - ディープラーニングを活用し1枚の画像から自然な3Dヘアーを生成する技術!SIGGRAPH Asia 2018論文

ディープラーニングを活用し、1枚の画像から3Dヘアーを生成する為の技術「3D Hair Synthesis Using Volumetric Variational Autoencoders」SIGGRAPH Asia 2018論文です。


プロモーション

ドラゴンクエストXII | タイトル | 中途採用 | SQUARE ENIX -RECRUTING-


3D Hair Synthesis Using Volumetric Variational Autoencoders (SIGGRAPH Asia 2018)

最近のシングルビュー3Dヘアデジタイゼーションの進歩により、高品質のCGキャラクターを拡張してエンドユーザがアクセスできるようになり、パーソナライズされたVRやゲーム体験の新しい形態が可能になりました。複雑で多様な髪の構造を扱うために、ほとんどの最先端技術は、包括的な髪データベースから特定の髪モデルを首尾よく取り出すことに頼っている。前述のデータ駆動方式は大量の記憶を必要とするだけでなく、制約の厳しい入力画像、複雑な髪型、失敗した顔検出にも失敗する傾向があります。 3Dヘア・モデルの大規模なコレクションを直接使用する代わりに、ボリュメトリック・バリアント自動エンコーダー(VAE)のコンパクトな潜在空間を通じて暗黙的に3Dヘアスタイルの多様体を表現することを提案します。この深いニューラルネットワークは、3Dヘアモデルのボリューム方向のフィールド表現で訓練され、圧縮されたコードから新しいヘアスタイルを合成することができます。エンドツーエンドのヘアヘアを可能にするために、任意の入力画像からVAE潜在空間内のコードを予測する追加の埋め込みネットワークを訓練します。次いで、予測された容積表現からストランドレベルのヘアスタイルを生成することができる。私たちの完全自動フレームワークは、特別な顔のフィッティング、中間分類とセグメンテーション、またはヘアスタイルデータベースの検索を必要としません。私たちの髪の合成手法は、低解像度、露出オーバー、または極端な頭のポーズを含む写真を含む、挑戦的な入力を伴う最先端のデータ駆動型髪型モデリング技術よりもはるかに堅牢で、髪型の幅広いバリエーションを扱うことができます。記憶要件は最小限であり、3Dヘアモデルは1秒間に画像から生成することができます。私たちの評価はまた、高度に定型化された漫画画像、非人物被写体、および人物の背後から撮影された画像から成功した再構成が可能であることを示す。我々のアプローチは、非常に異なる髪型の間で継続的かつもっともらしい髪補間に特に適している。

これくらい自然なモデルがサクッと出来るようになったらかなり作業が捗りそうですね。

参考リンク

3D Hair Synthesis Using Volumetric Variational Autoencoders | Linjie Luo


プロモーション

CREATIVE ACADEMY



関連記事

  1. Stylizing Video by Example - フレーム補間が美しい動画へのスタイル転送技術!SIGGRAPH2019 技術論文

    2019-07-03

  2. アンリアルエンジン4関連のCEDEC2013講演映像2本がCEDECチャンネルに公開!

    2013-10-31

  3. Mudbox Sneak Peek - ストローク情報からローメッシュを自動生成するオートリトポ機能!Mudbox2014スニークピーク映像!

    2013-03-08

  4. Example-Based Expressive Animation of 2D Rigid Bodies - 2D剛体シミュレーションに"押し潰し"や"伸縮"といったアニメ表現を付加させる技術!SIGGRAPH 2017 論文

    2017-05-09

コメントをお待ちしています。

コメント

日本語が含まれない投稿は無視されます。-Posts that do not include the Japanese will be ignored-(スパム対策-anti Spam-)

3D人-3dnchu-

3D/2D/CG関連のネタ・ツール情報を
ほぼ毎日紹介します!

アーカイブ

カテゴリ

PR

育成講座

採用 | 【5/26(木)】3DCG&テクニカルアーティスト採用セミナー | 株式会社Cygames



Curo Inc.

『テイルズ オブ』開発メンバー募集中! - RECRUITING NEWS | RECRUIT | バンダイナムコスタジオ公式サイト

ほしい物リスト公開中!
3D人運営に援助していただけると嬉しいです。
Amazonでリストを見る

Discordチャンネル公開

pixivFUNBOXページ公開!

LINEアカウント作りました!
友だち追加

follow us in feedly



 RSSリーダーで購読する

おすすめ商品Pickup




おすすめ記事

PR