Magica Cloth - ボーンやメッシュ駆動に対応したUnity向けクロス...

Unity向けアセット開発を行うMagica Softから、ボーンやメッシュに対応したクロスシミュレーションアセット『Magica Cloth』がリリースされました。

  • 42
  • 6
  • 0
続きを読む

Pixel8r - レトロなピクセルアート風テクスチャに変換してくれるSubst...

Action Dog、ことフリーランスCGアーティストのRyan Evans氏によるSubstance DesignerやPainterで使用できるレトロピクセルアート化フィルター『Pixel8r』のご紹介。

  • 63
  • 3
  • 1
続きを読む

CGライティングの最強の教科書 - 数多くの作品を手掛けた Lee Lanier...

プロライティングアーティスト Lee Lanier(リー・ラニアー)著書『Aesthetic 3D Lighting: History, Theory, and Application』の日本語版『CGライティングの最強の教科書』が2020年2月上旬にボーンデジタルから発売されます!

  • 108
  • 30
  • 1
続きを読む

エレンベルガーの動物解剖学 - 動物解剖学の古典名著を復刻!持っておきたい参考資...

動物解剖学の古典名著を復刻した『エレンベルガーの動物解剖学』が2020年1月末に発売されます。動物のモデリングやリギングを行う際に、ネットで資料探しをすることが多いですが、ある程度情報がまとまったこういう本は1冊あるだけで重宝しますよね。是非チェックしてみてください。

  • 65
  • 54
  • 0
続きを読む

D5 Render 1.4 Beta - 無料ベータ版公開中の建築ビジュアライゼ...

少し前に話題になった『D5 Render』の最新アニメーションショーリールと、1.4ベータ版がリリースされました。現在無料でダウンロードする事が出来ます。

  • 14
  • 1
  • 1
続きを読む

StyLit Demo - 自由なスタイルの手描き陰影タッチを3Dモデルへ適用するユニークな技術!デモが試せるぞ!Adobe MAX 2016、SIGGRAPH 2016

Adobeのクリエイティブカンファレンス「Adobe MAX 2016」にてデモが紹介された「StyLit」という技術が話題を集めております。デモもダウンロード可能!技術論文はSIGGRAPH 2016 に向け公開された「StyLit : Illumination-Guided Example-Based Stylization of 3D Renderings 」です。


PR

Mayaで始めるゲーム用ローポリキャラモデル


StyLit (live sessions)

これは!!!いつかAdobe製品に組み込まれるのだろうか!とてもワクワクする技術ですね。

Adobe Max 2016でのライブ映像がこちら。

Stylit. Adobe MAX 2016 (Sneak Peeks) | Adobe Creative Cloud

パワフルなGPU (GeForce GTX 970~) CPU (Core i7~)を搭載した Windows 10/8/7環境(CUDAドライバインストール済み)と 、WebカメラかAndroidスマホ等のLiveビデオキャプチャ環境があれば、同様のデモを手元でも試すことが出来る様です。

StyLit demo setup

是非お試しあれ!

関連リンク


PR


関連記事

  1. akeytsu demo - 話題の次世代キャラクタ...

    2015-02-19

  2. Project Anarchy Video Blog...

    2013-05-22

  3. Shapr3D - Apple Pencilで直感的...

    2018-11-22

  4. Moving Frostbite to PBR - ...

    2014-11-05

コメントをお待ちしております

日本語が含まれない投稿は無視されます。-Posts that do not include the Japanese will be ignored-(スパム対策-anti Spam-)

3D人について

3D/2D/CG関連のネタ・ツール情報をほぼ毎日紹介!掲載してほしい情報、ツール検証依頼などありましたら、メッセージボックス、Twitter、Facebook、LINEからご連絡お願いします!

おすすめ商品Pickup