AnimationCafe

Showa Retro Bar -Mayaを使ったPBR静止画制作の一連の流れ ...

フリーランスのCGアーティスト綾目健人(Kento Ayame)氏による、Maya(Arnold)とSubstance 3D Painterなどを使用し、PBR静止画背景制作を行うチュートリアルコース『Showa Retro Bar -Mayaを使ったPBR静止画制作の一連の流れ』がCG&デジタルアート学習オンラインプラットフォーム「WINGFOX」にて取り扱い開始されました!

  • 5
  • 0
  • 0
続きを読む

​​Lion: A glimpse of the future with Uni...

Unity Technologiesは、SIGGRAPH 2022の発表に合わせて、最新のリアルタイムデモ映像「Lion: A glimpse of the future with Unity Art Tools」を公開しました。

  • 13
  • 0
  • 0
続きを読む

Mitsuba 3 - 技術論文の映像でもよく採用されるオープンソースレンダラー...

CG関連の技術論文の検証映像等にもよく採用される オープンソースの物理ベースのレンダラー「Mitsuba(ミツバ)」 のバージョン3が少し前にリリースされていました。

  • 3
  • 0
  • 1
続きを読む

Physically Based - PBR(物理ベースレンダリング)向けに、物...

ライティングアーティストでUnreal EngineスペシャリストのAnton Palmqvist氏による、物理ベースレンダリングに基づいた正確な値を調べることができるデータベースサイト「Physically Based」が公開されています。

  • 69
  • 0
  • 1
続きを読む

AWS Thinkbox Products now free - Amazonが...

2022年8月2日、AmazonはAWS Thinkbox 製品(Deadline、Draft、Krakatoa、Frost、XMesh、Sequoia、Stoke)の無償提供を開始しました。

  • 2
  • 0
  • 1
続きを読む

Maya、3ds Max のインディー版 | AREA JAPAN | Autodesk

Crumpling Sound Synthesis - CGのビニール・缶などの物体の変形に合わせクシャ音を生成!SIGGRAPH Asia 2016技術論文!

この記事は約1分15秒で読めます

CGで出来たビニール、ペットボトル・缶、アルミホイル等が変形する際のサウンドを、適切なタイミングで生成するSIGGRAPH Asia 2016技術論文!「Crumpling Sound Synthesis」


プロモーション

採用イベント情報 | 中途採用 SQUARE ENIX -RECRUITING-


Crumpling Sound Synthesis (SIGGRAPH Asia 2016)

abstract
薄いシートをしわにすると、イベントの座屈に対応する明確なクリック音で構成される独特の音を生成します。私たちは、自動的に指定された薄いシェルアニメーションのための音を揉み合成物理ベースのアルゴリズムを提案します。結果の音が視覚的に有意であり、重要でない座屈イベントに対応する個々に合成クリック音の重ね合わせです。私たちは多くの材料で観察されたエネルギーを座屈のべき乗則分布を模倣しようとする確率モデルを介して、視覚的に重要でない座屈イベントを動的に進化薄い表面メッシュ上の視覚的に重要な座屈イベントを識別し、インスタンス化します。

いずれの場合も、座屈の合成を音が変形薄いシェルの線形モーダル解析を採用しています。一般に、異なるバックリングイベントが異なる変形構成で発生するため、問題が線形モードの計算を再利用できるかどうかを生じます。厳格に移動片のモーダル解析は、時間をかけて保持され、アセンブリのモーダル解析は、コンポーネントモード合成(CMS)を介して取得されています。私たちは、動的にほぼ剛性の片にメッシュを分割することにより、線形モーダル解析のコストを償却します。我々は、実用的な計算時間でリアルな音を出すことで、音声合成法の有用性を実証し、一連の例と知覚ユーザスタディを通して我々のアプローチを示しています。

Google翻訳

リアルなCGアセットさえあれば、自然な効果音も合わせて生成できる、そんな時代が来るのもそう遠くないのかもしれませんね。

関連リンク


プロモーション

CREATIVE ACADEMY



関連記事

  1. Cinematic Lighting in Unreal Engine - アンリアルエンジンの次世代ライティング/レンダリング技術解説!GDC 2018講演映像!

    2018-03-23

  2. Avatar Digitization From a Single Image For Real-Time Rendering - 1枚の顔写真からリアルタイム向けアバターモデルを生成する技術

    2017-11-15

  3. Building a Next Gen Open World - アサシンクリード4 ブラックフラッグで表現されるリアルタイム技術を紹介する映像が公開

    2013-09-13

  4. DReCon - ユービーアイソフトによるゲームでの実行を想定した深層強化学習とモーションマッチングを用いた物理ベースのアニメーション制御技術!

    2019-11-18

コメントをお待ちしています。

コメント

日本語が含まれない投稿は無視されます。-Posts that do not include the Japanese will be ignored-(スパム対策-anti Spam-)

3D人-3dnchu-

3D/2D/CG関連のネタ・ツール情報を
ほぼ毎日紹介します!

アーカイブ

カテゴリ

おすすめ商品Pickup

注目の記事

PR

オンライン採用イベント

採用 | 3DCGアーティスト&テクニカルアーティスト大募集 | 株式会社Cygames



Curo Inc.

『テイルズ オブ』開発メンバー募集中! - RECRUITING NEWS | RECRUIT | バンダイナムコスタジオ公式サイト

ほしい物リスト公開中!
3D人運営に援助していただけると嬉しいです。
Amazonでリストを見る

Discordチャンネル公開

pixivFUNBOXページ公開!

LINEアカウント作りました!
友だち追加

follow us in feedly



 RSSリーダーで購読する




おすすめ商品Pickup

おすすめ記事

PR