AnimationCafe

Agama materials v0.13 - レイヤーのブレンドモード切替に対...

無料でダウンロード出来るノードベースのマテリアル構築&テクスチャベイキングソフト「Agama Materials」のバージョン0.13がリリースされました。

  • 0
  • 0
  • 0
続きを読む

Camera Shakify - リアルなカメラ手ブレを実現出来るBlender...

Ian Hubert(@Mrdodobird)氏によるBlender向けの高性能カメラ揺れアドオン「Camera Shakify」がGitHub上で無料公開されました!

  • 51
  • 0
  • 1
続きを読む

TFlow - フリップブックテクスチャから1クリックでモーションベクトルを生成...

Tuataraによるフリップブックテクスチャから1クリックでモーションベクトルを生成出来るUnity向けツール「TFlow」が公開されています。

  • 28
  • 19
  • 1
続きを読む

FluXY - GPUにより高速・軽量動作するUnity向け2.5D流体シミュレ...

Virtual Methodスタジオによる、Unity向け2.5D流体GPUシミュレーションアセット「FluXY」がリリースされました!

  • 28
  • 0
  • 0
続きを読む

ShaderGlass v0.5 - レトロ表現GPUシェーダーをウインドウ上に...

Piotr Kowalski氏によるレトロ表現GPUシェーダーをウインドウ上にリアルタイムオーバーレイ出来るツール「ShaderGlass v0.5」が公開されています。オープンソースで無料ダウンロード可能です。

  • 23
  • 0
  • 0
続きを読む

Maya、3ds Max のインディー版 | AREA JAPAN | Autodesk

「Unreal Engine4でゲーム開発!ブループリントを学ぼう」 - 3DCG経験者向け短期集中講座『CGヒーローズ パート6』2019年第一弾!

デジタルハリウッド東京本校による”3DCG表現のプロ達が3DCG経験者に向けて、ワンランク上のテクニックを伝授する”がコンセプトの短期集中講座!第6回目である『CGヒーローズ パート6』を2019年7月27日(土)より開講!


プロモーション

ファイナルファンタジーXVI開発スタッフ募集中


ブループリントをフル活用したゲーム制作の講座!「Unreal Engine4でゲーム開発!ブループリントを学ぼう」

講師は、オランダ出身のゲームデザイナーで、芸術工学の博士号も持つマイケル・ブランセ(デジタルハリウッド大学 助教)

前回の「CGヒーローズ5」で好評をいただいたUnreal Engine4講座。「ゲームを作りたい」との希望にお応えし、今回はブループリントをフル活用したゲーム制作の講座を開講。

タワーディフェンスゲームを創作しながら、ブループリントの基礎から応用までを学びます。敵AIの学習時にはブループリントだけではなく、他機能も活用してより複雑な動きができるよう、様々な手法を紹介します。自由に動く敵キャラが追いかけてくるだけではなく、攻撃モーションも伝授する、アイデアを詰め込んだ内容となっています。

  • 講師:マイケル・ブランセ
  • 開講日:7 月27日(土)13:00~17:00
  • 受講期間:5週間(毎週土曜、全5回)
  • 開催校:デジタルハリウッド東京本校
  • 定員:各回20名
  • 受講料:45,000円(税抜)
    ※デジタルハリウッド在校生・卒業生は上記受講料より10%OFF

日程

  • 第1回:2019年7月27日(土)14:00~18:00
  • 第2回:2019年8月3日(土)14:00~18:00
  • 第3回:2019年8月17日(土)14:00~18:00
  • 第4回:2019年8月24日(土)14:00~18:00
  • 第5回:2019年8月31日(土)14:00~18:00
    ※8月10日は休講です。

学習内容

  1. キャラクターブループリント
  2. アニメーションブループリント
  3. 基礎的なブループリント
  4. 敵AI
  5. UIブループリント
  6. VFXとシーンセットアップ

※予定は変更される場合があります
※ノートPCは各自でご用意をお願いします。ノートPCのスペックはCPU2コア2GHz以上、メモリ8G以上のものを推奨します。
※Unreal 4.21のインストールが済んだノートPCをご準備ください。受講料のお振込み確認後、授業に必要なアセットをメールにて配布します。
※本講座はCG制作経験者を対象とした授業となります。

「Unrealを使って面白い物を作りたいならばブループリントが必須です。なぜならば、完璧なプログラムを駆使する事は通常のクリエイターには負担になってしまいますが、ブループリントならばプロトタイピングを早く行え、自分のイメージした結果なのかを素早く確認できるからです。これは本当にクリエイターのための機能です」とお話されるマイケル先生。理解し使いこなせると強力なツールとして活用できるブループリント。その魅力を余すことなく伝える授業にご期待ください。

講師プロフィール

マイケル・ブランセ

マイケル・ブランセ

オランダ出身。オランダにてゲームデザイナーとして会社を経営。その後研究開発を目的として来日、九州大学にてゲーム開発分野での芸術工学博士号を取得。主にUnreal技術を使って、色々なゲームデザイン研究を行っている。
UnrealのVFX(シェーダとパーティクル)を中心に開発を行っており、現在、デジタルハリウッド大学にて助教を務める。「シーグラフアジア2018(SIGGRAPH Asia 2018)」では『Technical Art in Unreal 4』と題して講演を行った。

これは実に興味深い講座ですね。
私が学校近く、かつUE4触りたてだったら申し込んでただろうなぁ。

リンク

CGヒーローズ|デジタルハリウッドの専門スクール(学校)


PR


関連記事

  1. Wacom主催ZBrush漬けイベント『SCULPTOR’S WEEK TOKYO』ZBushセミナー映像が一挙公開!必見です!

    2015-04-01

  2. Unreal Engine 4 レンダリングフロー総おさらい&VRロードマップ! - CEDEC 2016の講演動画がアップされたよ!

    2016-09-08

  3. UE4 Tech Summit - 『Unreal Engine4』の活用事例を発表するイベントが2018年2月24に開催予定!

    2018-02-18

  4. Nodevember 2019 - 11月はノードベースプロシージャル表現が熱い!NodevemberIOとSubstanceによるお祭りイベント!

    2019-11-12

コメントをお待ちしています。

コメント

日本語が含まれない投稿は無視されます。-Posts that do not include the Japanese will be ignored-(スパム対策-anti Spam-)

3D人-3dnchu-

3D/2D/CG関連のネタ・ツール情報を
ほぼ毎日紹介します!

アーカイブ

カテゴリ

おすすめ商品Pickup

注目の記事

PR

オンラインセミナー

エフェクトアーテイスト積極募集中! - 先輩社員 | RECRUIT | バンダイナムコスタジオ公式サイト


株式会社 Khepris Japan ( ケプリス ジャパン ) Top・レンダーファームのレンタル、レンダリングサービス


ゲーム業界で働ければ何でもいいはずがない。ゲーム転職、ゲーム求人探すならイマジカデジタルスケープにお任せください。

ほしい物リスト公開中!
3D人運営に援助していただけると嬉しいです。
Amazonでリストを見る

Discordチャンネル公開

pixivFUNBOXページ公開!

LINEアカウント作りました!
友だち追加

follow us in feedly



 RSSリーダーで購読する

おすすめ商品Pickup




おすすめ記事

ページ上部へ戻る