CLIP STUDIO PAINT for iPhone - 人気ペイントソフト...

人気ペイントソフト「CLIP STUDIO PAINT(クリップスタジオペイント)」のiPhone版がリリースされました!毎日1時間はすべての機能が無料で使えます!

  • 51
  • 1
  • 1
続きを読む

Mr Mannequins Tools 1.2 - FPS用銃や女性型モデル追加...

Jim Kroovy氏によるUnreal Engine 4標準搭載マネキンのリグ付きBlender 2.8用モデルを生成可能なアドオンがアップデート!「Mr Mannequins Tools 1.2」女性型マネキンモデルが追加されました!

  • 73
  • 24
  • 0
続きを読む

ZBrush Compositor - ZBrushのレンダーパスをSubsta...

ZBrushGuidesなどのサイトでもお馴染みPablo Munoz Gomez氏が、ZBrushのレンダーパスをSubstance PainterやToolbagに送り、コンポジットを行う為の無料プラグイン「ZBrush Compositor」をリリース!

  • 29
  • 18
  • 0
続きを読む

Se7en Fan art - Toolbag上でリアルタイム描画された映画『セ...

トルコのCGアーティストHossein Diba氏が、猟奇殺人を描いた1995年のアメリカ映画『セブン』のラストシーンをCGで構築!Marmoset Toolbag 3にてリアルタイム描画されております!

  • 24
  • 27
  • 1
続きを読む

Neobarok 2.0 - 次期アップデートで追加予定のシェーダーレイヤーに注...

コンピューター科学者でありアーティストであるLucian Stanculescu氏が開発し公開している無料の3Dモデリングソフトウェア「Neobarok 2.0」のご紹介です。とりあえず2019/12/5現在未リリースの2.0.Hの動画が公開されているのですが…その新機能が気になるんです。

  • 46
  • 6
  • 1
続きを読む

DReCon - ユービーアイソフトによるゲームでの実行を想定した深層強化学習とモーションマッチングを用いた物理ベースのアニメーション制御技術!

ユービーアイソフト モントリオールによる、ゲームでの運用を想定した、深層強化学習とモーションマッチングを用いた物理ベースのアニメーション制御技術「DReCon: Data-Driven Responsive Control of Physics-Based Characters」
SIGGRAPH ASIA 2019向け技術論文


PR

Mayaで始めるゲーム用ローポリキャラモデル


この研究では、深層強化学習とモーションマッチングと呼ばれるデータ駆動型アニメーション手法を適用して、物理的にシミュレートされたキャラクターの移動を制御するために開発した方法を紹介します。キャラクターは独自の強さで完全に動き、バランスを取り、環境との相互作用の現実的なシミュレーションを可能にします。また、ゲーム固有の制約を念頭に置いて、現在のハードウェアで実際のゲームのパフォーマンス予算に適合させるために、実行コストが非常に低いことを確認してください。

自己バランスの物理的にシミュレートされたヒューマノイドのインタラクティブな制御は、リアルタイムキャラクターアニメーションの分野では長年の問題です。
物理シミュレーションは仮想世界での現実的な相互作用を保証しますが、バランスを維持するために異常な動作を実行すると、シミュレートされたキャラクターが不自然に見えることがあります。
したがって、ユーザーの制御、実行時のパフォーマンス、および多様性に対する高レベルの応答性の取得は、モーション品質と引き換えに見過ごされがちです。
深層強化学習の分野における最近の研究は、モーションキャプチャクリップを追跡するために物理的にシミュレートされたキャラクターをトレーニングすると、高品質の追跡結果が得られることを示しています。非構造化モーションキャプチャデータから応答性の高いシミュレートされたキャラクターコントローラーを構築するための2段階アプローチを提案します。
まず、移動方向、進行方向、速度、移動スタイルなどのデータから意味のある機能がインタラクティブに指定され、モーションマッチングを使用して実装されたキネマティックキャラクターコントローラーを駆動します。
次に、強化学習を使用して、キネマティックコントローラによって生成できるモーションの分布全体を追跡するのに十分な一般的なシミュレートされたキャラクタコントローラをトレーニングします。

私たちのデザインは、ユーザー入力への応答性、ビジュアル品質、およびビデオゲームのアプリケーションの低ランタイムコストを重視しています。

モーションのコストってどうしても膨れやすいですからね… モーション数でゴリ押しの時代はもう終わりつつあります。
こういう技術がどんどん導入されるのを望みます。

その他詳細についてはリンク先へどうぞ。

リンク

DReCon: Data-Driven responsive Control of Physics-Based Characters – Ubisoft Montréal


PR


関連記事

  1. 3D Hair Synthesis Using Vo...

    2018-10-05

  2. Thea Render v1.3 Technolog...

    2013-10-04

  3. Neural State Machine for C...

    2019-10-17

  4. GP- Foxie - 「GreasePencil」...

    2016-03-14

コメントをお待ちしております

日本語が含まれない投稿は無視されます。-Posts that do not include the Japanese will be ignored-(スパム対策-anti Spam-)

3D人について

3D/2D/CG関連のネタ・ツール情報をほぼ毎日紹介!掲載してほしい情報、ツール検証依頼などありましたら、メッセージボックス、Twitter、Facebook、LINEからご連絡お願いします!

おしらせ

LINEアカウント作りました!
友だち追加
follow us in feedly

 RSSリーダーで購読する

おすすめ商品Pickup

PR

クリークスタジオ

Flying Ship Studio







アーカイブ

カテゴリー

スポンサー

おすすめ記事