AnimationCafe

UV Unwrap nodes - Blender 3.3のGeometry N...

Blender 3.3 のGeometry NodesでUV展開系ノードが追加さるようです!Amal Kumar氏がわかりやすくUVを視覚化した.blendファイルを公開しております。

  • 83
  • 0
  • 0
続きを読む

Intermediate to Advanced: Dynamic Hard S...

フリーランスコンセプトデザイナーのGeorg Uebler氏による、ZBrushを使用したハードサーフェスコンセプトデザインチュートリアル『Intermediate to Advanced: Dynamic Hard Surface Design in Zbrush』がオンライン学習プラットフォーム「WINGFOX」にて取り扱い開始されました!

  • 6
  • 0
  • 0
続きを読む

Maya Module Manager - Mayaのモジュール管理のための無料...

Robert Joosten氏による、Mayaのスクリプトモジュールなどを管理するための無料ツール「Maya Module Manager」

  • 3
  • 0
  • 0
続きを読む

Creating an automated material system fo...

3Dジェネラリストで学生のDelphine Decuyper氏がUnreal Engine 5上で2D手書き風のビジュアルを構築すいる為に行ったプロセスを解説した論文を無償公開しております。

  • 135
  • 0
  • 1
続きを読む

Anchorpoint Open Beta - シンプルで扱いやすいファイルブラ...

3DやVFX、ゲームなどの開発に特化した、ファイルブラウザベースのプロジェクト管理ソフト「Anchorpoint」が現在ベータ公開中です!個人向けは無料ですよ!

  • 2
  • 0
  • 0
続きを読む

Maya、3ds Max のインディー版 | AREA JAPAN | Autodesk

DReCon - ユービーアイソフトによるゲームでの実行を想定した深層強化学習とモーションマッチングを用いた物理ベースのアニメーション制御技術!

ユービーアイソフト モントリオールによる、ゲームでの運用を想定した、深層強化学習とモーションマッチングを用いた物理ベースのアニメーション制御技術「DReCon: Data-Driven Responsive Control of Physics-Based Characters」
SIGGRAPH ASIA 2019向け技術論文


プロモーション

ドラゴンクエストXII | タイトル | 中途採用 | SQUARE ENIX -RECRUTING-


この研究では、深層強化学習とモーションマッチングと呼ばれるデータ駆動型アニメーション手法を適用して、物理的にシミュレートされたキャラクターの移動を制御するために開発した方法を紹介します。キャラクターは独自の強さで完全に動き、バランスを取り、環境との相互作用の現実的なシミュレーションを可能にします。また、ゲーム固有の制約を念頭に置いて、現在のハードウェアで実際のゲームのパフォーマンス予算に適合させるために、実行コストが非常に低いことを確認してください。

自己バランスの物理的にシミュレートされたヒューマノイドのインタラクティブな制御は、リアルタイムキャラクターアニメーションの分野では長年の問題です。
物理シミュレーションは仮想世界での現実的な相互作用を保証しますが、バランスを維持するために異常な動作を実行すると、シミュレートされたキャラクターが不自然に見えることがあります。
したがって、ユーザーの制御、実行時のパフォーマンス、および多様性に対する高レベルの応答性の取得は、モーション品質と引き換えに見過ごされがちです。
深層強化学習の分野における最近の研究は、モーションキャプチャクリップを追跡するために物理的にシミュレートされたキャラクターをトレーニングすると、高品質の追跡結果が得られることを示しています。非構造化モーションキャプチャデータから応答性の高いシミュレートされたキャラクターコントローラーを構築するための2段階アプローチを提案します。
まず、移動方向、進行方向、速度、移動スタイルなどのデータから意味のある機能がインタラクティブに指定され、モーションマッチングを使用して実装されたキネマティックキャラクターコントローラーを駆動します。
次に、強化学習を使用して、キネマティックコントローラによって生成できるモーションの分布全体を追跡するのに十分な一般的なシミュレートされたキャラクタコントローラをトレーニングします。

私たちのデザインは、ユーザー入力への応答性、ビジュアル品質、およびビデオゲームのアプリケーションの低ランタイムコストを重視しています。

モーションのコストってどうしても膨れやすいですからね… モーション数でゴリ押しの時代はもう終わりつつあります。
こういう技術がどんどん導入されるのを望みます。

その他詳細についてはリンク先へどうぞ。

リンク

DReCon: Data-Driven responsive Control of Physics-Based Characters – Ubisoft Montréal


プロモーション

CREATIVE ACADEMY



関連記事

  1. Smart Inker - ディープラーニングでラフスケッチに対するペン入れをサポート!早稲田大学のSIGGRAPH 2018技術論文!

    2018-06-05

  2. SIGGRAPH 2016 Technical Papers Trailer - 気になる技術が盛りだくさん!SIGGRAPH2016技術論文プレビュートレーラー!

    2016-05-16

  3. TheParallaxView - 摩訶不思議!iPhone Xでヘッドトラッキングを使った視差トリック技術!

    2018-03-03

  4. Joint Gap Detection and Inpainting of Line Drawings - ディープネットワークによる線画補完技術!CVPR 2017論文!

    2017-05-17

コメントをお待ちしています。

コメント

日本語が含まれない投稿は無視されます。-Posts that do not include the Japanese will be ignored-(スパム対策-anti Spam-)

3D人-3dnchu-

3D/2D/CG関連のネタ・ツール情報を
ほぼ毎日紹介します!

アーカイブ

カテゴリ

おすすめ商品Pickup

注目の記事

PR

育成講座

採用 | 3DCGアーティスト&テクニカルアーティスト大募集 | 株式会社Cygames



Curo Inc.

『テイルズ オブ』開発メンバー募集中! - RECRUITING NEWS | RECRUIT | バンダイナムコスタジオ公式サイト

ほしい物リスト公開中!
3D人運営に援助していただけると嬉しいです。
Amazonでリストを見る

Discordチャンネル公開

pixivFUNBOXページ公開!

LINEアカウント作りました!
友だち追加

follow us in feedly



 RSSリーダーで購読する

おすすめ商品Pickup




おすすめ記事

PR


ページ上部へ戻る