EmberGen 0.5.5.0 GPU Particle Teaser - 次...

JangaFXによる新エフェクトソフト「EmberGen」のβ版次期バージョン0.5.5.0にて、GPUパーティクル生成機能が搭載されます!リリースは来週予定!ティザー公開とLIVE配信イベントが行われました。

  • 11
  • 7
  • 2
続きを読む

Touch Portal v2.2 - モバイル端末のタッチ画面でPC操作の補助...

化石化した古いデバイスに日の目を!!!スマホやタブレットなどをデスクトップPC作業時の補助デバイスにしちゃうアプリ「Touch Portal」のご紹介!

  • 34
  • 7
  • 3
続きを読む

XPICE Teaser Trailer - 「XFLAG」と「SCANDAL」...

XFLAG ANIME公式YouTubeチャンネルにて「XPICE」ティザームービーが公開!本作のディレクターは中井翼氏(Marza Animation Planet)が務め、全編ゲームエンジンUnityを活用し制作されているとか!

  • 79
  • 52
  • 1
続きを読む

Marvelous Designer License Changes - 3D衣...

Marvelous Designerは、次期バージョンである10のリリースにより、すべてのタイプの製品の永久ライセンスの販売を停止すると発表がありました。

  • 167
  • 14
  • 1
続きを読む

Crocotile 3D v1.5.0 - タイルチップをベースに3Dモデリング...

先日紹介したばかりのAlex Hanson-White氏による、2Dタイルチップを3D空間に描画し、3Dモデルを作成するソフトウェア!『Crocotile 3D』 がアップデートされv1.5.0がリリースされました!

  • 11
  • 6
  • 1
続きを読む

Photogeometric Scene Flow for High-Detail Dynamic 3D Reconstruction - 高速点滅する照明を使ったディズニーの3Dスキャン技術!

ディズニーリサーチによる、3Dスキャン技術映像「Photogeometric Scene Flow for High Detail Dynamic 3D Reconstruction」。各方向からの高速なライト照射によりかなり高精細な情報をデータ化する事が出来るようです。


PR

Start@Maya〜Maya で 3DCG をはじめよう〜


Photogeometric Scene Flow for High Detail Dynamic 3D Reconstruction

照度差ステレオ(PS)は、3Dジオメトリと外観の高詳細の再構築のための確立された技術です。表面統合誤差を補正するために、PSは、多くの場合、マルチビューステレオ(MVS)と組み合わされます。動的オブジェクトを使用すると、PS再構成は、照明の急速な変化の下で、画像の位置合わせのため(の)オプティカルフローを計算する問題に直面しています。現在のPS方法は、典型的には、独立したステージとして、独自の制限と初期の正則によって導入されたエラーの発生したものをオプティカルフローおよびMVSを計算します。これとは対照的に、シーンフロー法は、幾何学と運動を推定するが、PSからの細部を欠いています。本論文では、高品質なダイナミックな3D再構成のためphotogeometricシーンフロー(PGSF)を提案しています。 PGSFは同時に、PSの、およびMVSを実行します。これは、二つの重要な観察に基づいています。表面は、アライメントを改善するためにrelitするための式(I)画像の位置合わせがPSを改善しながら、PSができます。 (ⅱ)PSは本当にデータ駆動型、連続深さの推定につながる、MVSに不要な滑らかさの用語をレンダリング面勾配を提供します。この相乗効果は、得られるRGBの外観、3Dジオメトリ、および3Dモーションの品質で実証されています。
Google翻訳

 

凄いなぁ・・

Disney Research » Photogeometric Scene Flow for High-Detail Dynamic 3D Reconstruction

Screenshot of www.disneyresearch.com

 


PR


関連記事

  1. Soft Render パッチワーク風シェーダー - 使ってみたい!3Dモデルも瞬時に可愛いテイストにするリアルタイムシェーダー技術!

    2015-01-17

  2. Simulation-Ready Hair Capture - ディズニー・リサーチによるシミュレーションOKなヘアーキャプチャ技術!

    2017-04-26

  3. Killzone Shadow Fall Tech Presentation Slide - PS4で発売予定のFPS「キルゾーン4」の技術解説プレゼンテーション資料が公開!

    2013-05-16

  4. RLCreature - ドワンゴによる深層強化学習を用いた人工生命のモーション自動生成技術!オープンソースとして公開!

    2018-08-07

コメントをお待ちしております

COMMENT

日本語が含まれない投稿は無視されます。-Posts that do not include the Japanese will be ignored-(スパム対策-anti Spam-)

3D人について

3D/2D/CG関連のネタ・ツール情報をほぼ毎日紹介!掲載してほしい情報、ツール検証依頼などありましたら、メッセージボックス、Twitter、Facebook、LINEからご連絡お願いします!

おしらせ

現在ページ切り替え機能が上手く動作していないという報告を受けております。2020/7/10現在修正済み想定ですが、不具合が出ていたら連絡いただけると助かります。

Discordチャンネル公開

pixivFUNBOXページ公開!

LINEアカウント作りました!
友だち追加
follow us in feedly

 RSSリーダーで購読する

おすすめ商品Pickup

PR

オンライン相談

Flying Ship Studio





アーカイブ

カテゴリー

スポンサー

おすすめ記事