SKETCH STYLE 2.0 - SketchUpのようなNPRレンダリング...

Chipp Walters氏によるSketchUpのようなNPRレンダリングスタイルを手軽に適用可能なアドオン『SKETCH STYLE』のバージョン2.0がリリースされました。

  • 0
  • 0
  • 0
続きを読む

Material Slots Cleaner - 未使用のマテリアルスロットを削...

Nazzareno Giannelli氏による、オブジェクトから未使用のマテリアルスロットを削除してくれるBlenderアドオン「Material Slots Cleaner」のご紹介

  • 0
  • 1
  • 0
続きを読む

Car Configurator Template - しゅーや氏によるUnre...

背景アーティストしゅーや(向井 秀哉)氏によるUnreal Engine向けカーコンフィギュレーターテンプレート『Car Configurator Template』がUE4マーケットプレイスにてリリース!

  • 15
  • 1
  • 0
続きを読む

Point Cloud Visualizer - 点群データを分かりやすく視覚化...

Jakub Uhlík氏による、点群(ポイントクラウド)データを分かりやすく視覚化してくれるBlenderアドオン「Point Cloud Visualizer」

  • 51
  • 1
  • 1
続きを読む

Real Time Motion Graphics - Blender&Eeve...

Midge "Mantissa" Sinnaeve氏による、Blender&Eeveeでリアルタイムモーショングラフィックスを作る11時間の有償チュートリアル「Real Time Motion Graphics」!BlenderMarketにてリリース!

  • 34
  • 6
  • 2
続きを読む

EbSynth Alpha - 動画を絵画風アニメに変換するツール!アルファ版が無料公開中!Win

Secret Weaponsによる、動画を絵画風タッチに変換するツール『EbSynth』のアルファ版がリリース済み(紹介が遅くなりました…)!この絵画風タッチを生み出しているのは、チェコ工科大学とAdobe Researchによるスタイル転送技術「Stylizing Video by Example」によるものです(SIGGRAPH 2019論文) 。


PR

【期間限定セール】3ds Max が最大 20%OFF


リリースは昨年なので、既に試している方も多いですね。

ダウンロード先

ツールの方はWindowsのみ対応してます。
ダンロード先: EbSynth brings art to life with 2D motion capture

公式チュートリアル

ぜひお試しあれ!

ちなみに採用されているスタイル転送技術「Stylizing Video by Example」は過去に紹介しておりますので、気になる方はそちらもどうぞ:Stylizing Video by Example – フレーム補間が美しい動画へのスタイル転送技術!SIGGRAPH2019 技術論文

リンク

EbSynth brings art to life with 2D motion capture


PR


関連記事

  1. Houdini 13 リリース! - パーティクル超強化とAlembic,OpenEXR 2,OpenSubdiv,OpenVDB,Bulletにも対応した新バージョン!無料版もあるよ

    2013-11-01

  2. Kraken 1.2 - Fabric Softwareによるオープンソース・クロスプラットフォームのリギングフレームワーク!

    2016-06-25

  3. akeytsu beta - 新キャラクターリギング&モーション作成ツール!6月30日に早期アクセスベータ版リリース予定!ビデオチュートリアルも一挙公開!

    2015-06-17

  4. Colour Constructor 0.1.8 - ライト・アンビエント色を設定し素材の陰影色を求める!カラー作成補助ツール!Win&Mac

    2016-03-09

コメントをお待ちしております

COMMENT

日本語が含まれない投稿は無視されます。-Posts that do not include the Japanese will be ignored-(スパム対策-anti Spam-)

3D人について

3D/2D/CG関連のネタ・ツール情報をほぼ毎日紹介!掲載してほしい情報、ツール検証依頼などありましたら、メッセージボックス、Twitter、Facebook、LINEからご連絡お願いします!

おすすめ商品Pickup

PR


スポンサー

注目の記事

PR

アーカイブ

カテゴリー

スポンサー

おすすめ記事

ページ上部へ戻る