ソメイティ競技アニメーション - 東京2020パラリンピックマスコット「ソメイテ...

前回の「ミライトワ」のアニメーションに続き、東京パラリンピックのマスコットの「ソメイティ」がスポーツをするアニメーションが公開されております。

  • 15
  • 1
  • 0
続きを読む

MoxRig for Blender2.8 - リギングやモーション練習に最適!...

手付モーション特化集団としてもお馴染み、「MOX-MOTION」こと株式会社モックスから、Blender 2.8向けの無料リグ付きモデルが公開されました。

  • 208
  • 2
  • 3
続きを読む

Real Time Rendering Fourth Edition 日本語版 ...

グラフィックエンジニアはおさえておきたい書籍「Real Time Rendering(リアルタイムレンダリング )」の 第4版 が9月にボーンデジタルからリリースされます。

  • 22
  • 31
  • 0
続きを読む

Houdini Blueprints Beta - ブラウザ上でHoudiniの...

ブラウザー上でHoudiniシーンをシェアできるビューアーサイト「Houdini Blueprints」が公開され話題を集めております。

  • 90
  • 14
  • 0
続きを読む

Marvelous Designer 9 New Features - マーベラ...

現在アップグレードキャンペーン中の3D衣装作成ソフト「Marvelous Designer(マーベラスデザイナー)」の次期バージョンであるバージョン9の新機能紹介映像が公開されました。

  • 22
  • 6
  • 1
続きを読む

フィギュアスカルプティング 粘土で作る全身像:アナトミーと面からの構築 - 造形技術から人体を学ぶ!新書籍が発売!

CG・造形・イラストに生かす!「Figure Sculpting Volume I: Planes & Construction Techniques in Clay」の日本語版、『フィギュアスカルプティング 粘土で作る全身像:アナトミーと面からの構築』がボーンデジタルから発売!


PR

美大生がMayaで描く背景映像の世界 オンデマンド配信


フィギュアスカルプティング 粘土で作る全身像:アナトミーと面からの構築
フィギュアスカルプティング 粘土で作る全身像:アナトミーと面からの構築 

  • 大型本: 240ページ
  • 出版社: ボーンデジタル
  • 著者:フィリップ・ファラウト、チャリシー・ファラウト
  • 編集:平谷 早苗
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4862463495
  • ISBN-13: 978-4862463494
  • 発売日: 2016/12/22

本書の概要

粘土彫刻にも、デジタルスカルプティングにも!
人体の構造、動きの仕組み、原則を知り、バランス、リアルさ、豊かなニュアンスをモノにする!

人体彫刻の名手、フィリップ・ファラウトが、人体という複雑な題材にどう取り組むか、その方法をくまなく見せます。700点を超える写真とイラストを使い、頭部、胴体、腕、手、脚、足を部位ごとに、最後は全身の造形まで順にお見せします。

造形力の向上に加え、立体造形の観点からアナトミーを理解することも大切な目標の1つです。 粘土彫刻家、そしてデジタルスカルプターにとって、構造、面、バランス、細部の表現に関する貴重な情報源になるはずです。

本書で解説すること:
小型の彫刻から実物大の彫刻まで
人体の各部位を面から構築する手順
リズムのラインとS字曲線の説明
骨格と筋肉の図解
手と足の豊富な作例
焼成と仕上げのテクニック

著者について

フィリップ・ファラウトは、フランスのGermain Sommeillierで学び、木彫刻およびフランス伝統の木製家具制作で学位を取得しました。ヨーロッパ諸国、アジア、アフリカ、カリブ海などの地域を精力的にめぐり、そこで吸収した各地の文化が、彼の肖像作品に影響を与えています。バージニア州のチェサピーク湾岸地域に居を構えてからは、粘土による頭部の彫刻に興味を持ちます。

ニューヨーク州イサカで生まれたチャリシー・スコット・ファラウトは、シラキュース大学でイラストレーションを専攻し、極めて優秀な成績で卒業しました。彼女の磁器デザインに関する写真や記事は、数々の業界誌に掲載されています。

ファラウト夫妻は、互いの持てる技能を合わせて1994 年にPCF Studios を設立。幅広い業界向けにプロトタイプ、特殊用途の彫刻ツール、立体のリファレンスマテリアル、彫刻技法を解説したビデオシリーズを制作しています。

また、6インチの磁器像から石やブロンズ製のモニュメントまで、数多くのオリジナル作品を制作しています。フィリップは、全米彫刻家協会が開催している展覧会や、全米肖像協会のニューヨーク市での例年の展覧会に出品しています。加えて、国際的に知られる専門家のベティ・パット・ガトリフのもと、複顔の研究も続けています。

彫刻家の育成にも注力する夫妻は、米国やカナダの各地に出向き、民間のスタジオや教育機関で肖像彫刻を教えています。

内容サンプル

Figure_Sculpting.indb Figure_Sculpting.indb Figure_Sculpting.indb Figure_Sculpting.indb Figure_Sculpting.indb Figure_Sculpting.indb Figure_Sculpting.indb Figure_Sculpting.indb Figure_Sculpting.indb

フィギュアスカルプティング|書籍|株式会社ボーンデジタル

お求めはこちらから

フィギュアスカルプティング 粘土で作る全身像:アナトミーと面からの構築 

原本はこちら

関連リンク


PR


関連記事

  1. CGWORLD 2015年6月号 vol.202 -...

    2015-05-05

  2. CGWORLD 2016年10月号 vol.218 ...

    2016-09-08

  3. CGWORLD 2015年11月号 vol.207 ...

    2015-10-06

  4. 中ヒットに導くゲームデザイン アイデアからチームマネ...

    2015-07-08

コメントをお待ちしております

日本語が含まれない投稿は無視されます。-Posts that do not include the Japanese will be ignored-(スパム対策-anti Spam-)

3D人について

3D/2D/CG関連のネタ・ツール情報をほぼ毎日紹介!掲載してほしい情報、ツール検証依頼などありましたら、メッセージボックス、Twitter、Facebook、LINEからご連絡お願いします!

おしらせ

LINEアカウント作りました!
友だち追加
follow us in feedly

 RSSリーダーで購読する

おすすめ商品Pickup

PR


スポンサー

注目の記事

PR

クリークスタジオ

Flying Ship Studio







アーカイブ

カテゴリー

スポンサー

おすすめ記事