AnimationCafe

40+ Mega Eevee Demos - Blenderのリアルタイムレンダ...

Creative Shrimpより、BlenderのリアルタイムレンダラーEEVEEを使った美麗デモ映像が一挙紹介されております。

  • 34
  • 1
  • 0
続きを読む

Agama Materials v0.8 - 新ノードを追加!ノードベースのマテ...

「Agama Materials」のバージョン0.8がリリースされていました。無料でダウンロード出来るノードベースのマテリアル構築&テクスチャベイキングソフトです。

  • 20
  • 1
  • 0
続きを読む

UAC Rig - Maya向けの多機能なカーリギングツール!「Ultimate...

Simon Mills氏によるMaya向けカーリギングツール「UAC Rig(Ultimate Adjustable Car Rig)」のご紹介!

  • 51
  • 2
  • 1
続きを読む

Stylized Background For Animation And 3D...

CGアーティストJose Vega氏による、Blenderを使用したスタイライズド背景&アニメーションを制作するチュートリアル「Stylized Background For Animation And 3D Projection」がCG&デジタルアート学習オンラインプラットフォーム「WINGFOX」にて取り扱いされます!

  • 21
  • 1
  • 0
続きを読む

Place Reflection - オブジェクトのサーフェスをクリックしてライ...

brave rabbitスタジオによるオブジェクトのサーフェスをクリックしてライトや反射オブジェクトを配置出来る無料のBlenderアドオン「Place Reflection」が公開されています。

  • 61
  • 1
  • 0
続きを読む

Autodesk® Maya® Indie、Autodesk® 3ds Max® Indie | AREA JAPAN | Autodesk

[増補改訂]GPUを支える技術 - 超並列ハードウェアの快進撃[技術基礎] - GPU技術の基礎知識を凝縮した1冊の改訂版が登場!

GPU(Graphics Processing Unit,GPGPU/General Purpose GPU)の技術解説書『GPUを支える技術』の増補改訂版『[増補改訂]GPUを支える技術 – 超並列ハードウェアの快進撃[技術基礎]』が今月、リリースされています!


プロモーション

ファイナルファンタジーXVI開発スタッフ募集中


[増補改訂]GPUを支える技術 – 超並列ハードウェアの快進撃[技術基礎] –

  • 2021年3月18日紙版発売
  • 2021年3月16日電子版発売
  • 著者:Hisa Ando
  • A5判/400ページ
  • 定価3,608円(本体3,280円+税10%)
  • ISBN 978-4-297-11954-6

[増補改訂]GPUを支える技術 ――超並列ハードウェアの快進撃[技術基礎] (WEB+DB PRESS plus)

この本について

GPUの基本構造と技術動向に焦点を当てた『GPUを支える技術』の増補改訂版。
GPU/AIアクセラレータの劇的進化に合わせて,解説も大幅に増強しました。

3Dグラフィックス,ゲーム,VR/AR,科学技術計算,ディープラーニング,人工知能/AIに至るまで,GPU/並列処理の存在感は高まる一方です。その背景にあるハードウェアや計算処理への要求とはどのようなものでしょうか。本書ではGPUの今を軸に,ハードウェア&ソフトウェアの観点の技術基礎,SIMT/SIMDなどの超並列処理のポイント,欠かせない周辺技術まで徹底解説。実製品や事例を豊富に盛り込み,広くエンジニアの方々へ現場で役立つ技術知識を凝縮してお届けします。

推奨読者
  • GPUがどのようになっているのかを知りたい方
  • GPUのしくみを知って,より高性能のプログラムを書きたい方
  • GPUのしくみと現在の使われ方を理解して,より良く使いたい方,新たな使い方を考えたい方
  • 知的好奇心から,GPUがどうなっているのかを知りたいという方々も大歓迎です。
著者について

●著者:Hisa Ando
シリコンバレーで、1990年代に先端プロセッサの開発に従事。現在はフリーのテクニカルライターとして、プロセッサやスーパーコンピュータ関係の報道や解説を中心に活動している。『コンピュータ設計の基礎』(マイナビ出版、2010)、『プロセッサを支える技術』(技術評論社、2011)などコンピュータアーキテクチャ関係の7冊の著書がある。また、ブログでプロセッサ関係の話題を紹介している。博士(工学)。

●特別寄稿(3.3節):西川 善司 Zenji Nishikawa(トライゼット)
テクニカルジャーナリスト。高校時代からパソコン誌へのプログラムの寄稿、商業ゲームソフトの移植業務を受託。その後、日立製作所を経て記者業務に転向。ゲーム開発技術以外に、映像技術、自動車技術にもフォーカスした取材を行っている。

●技術監修(5.2〜5.4/6.2/7.1〜7.2/8.4節の一部):成瀬 彰 Akira Naruse(NVIDIA)
1996年に名古屋大学大学院工学系研究科修士課程修了後、同年、富士通研究所に入社。大規模サーバー開発、HPCシステム開発などのプロジェクトに参加。2013年にシニアデベロッパーテ クノロジーエンジニアとしてエヌビディア(NVIDIA)に入社。さまざまなアルゴリズム・ アプリケーションのGPU向け並列化に従事、 GPUコンピューティングの普及に努めている。

内容サンプル

技術評論社のブログ記事に、著者のHisa Ando氏の改訂にあたっての思いが掲載されています。
本書について ……改訂にあたって:[増補改訂]GPUを支える技術 ――超並列ハードウェアの快進撃[技術基礎]|技術評論社

この前紹介した「マンガとイラストでわかる!GPU最適化入門」で更にGPUの事が気になった方は次はこういう本にステップアップしてみると良いかもしれませんね(少し内容が難しくなると思いますが…

お求めはこちらから

[増補改訂]GPUを支える技術 ――超並列ハードウェアの快進撃[技術基礎] (WEB+DB PRESS plus)


PR


関連記事

  1. ボクセルアート上達コレクション (MagicaVoxelでつくる3Dドットモデリング) - 無料ボクセルモデリングソフト「MagicaVoxel」の新解説本が2020年4月に発売されます!

    2020-03-23

  2. 現場ですぐに使える! Blender逆引き大全 300の極意 Blender2.8対応 - 2019年11月発売!

    2019-11-18

  3. フィギュアの教科書 原型入門編 (How to build GARAGE KIT vol.01) - エポキシパテを使ったゼロからのフィギュア作りを解説した入門書!

    2014-01-17

  4. ULTIMATE PIXEL CREW REPORT ピクセルアートではじめる背景の描き方 - ピクセルアート(ドット絵)のプロチーム「Ultimate Pixel Crew(通称:UPC)」による解説本が登場!

    2021-02-08

コメントをお待ちしています。

コメント

日本語が含まれない投稿は無視されます。-Posts that do not include the Japanese will be ignored-(スパム対策-anti Spam-)

3D人-3dnchu-

3D/2D/CG関連のネタ・ツール情報を
ほぼ毎日紹介します!




おすすめ商品Pickup

注目の記事

PR

中途採用セミナー

Flying Ship Studio


株式会社 Khepris Japan ( ケプリス ジャパン ) Top・レンダーファームのレンタル、レンダリングサービス


ほしい物リスト公開中!
3D人運営に援助していただけると嬉しいです。
Amazonでリストを見る

Discordチャンネル公開

pixivFUNBOXページ公開!

LINEアカウント作りました!
友だち追加

follow us in feedly



 RSSリーダーで購読する

アーカイブ

カテゴリ




相互リンク

インディーズゲームを発掘するならここ

おすすめ記事