Scene Fusion for Unreal Early Access - 同...

KinematicSoupによる、ゲームエンジン上での同一レベル上での共同開発を可能にするプラグイン「Scene Fusion」のアンリアルエンジン対応バージ[...]

続きを読む

Kitbull - 今度は2Dアニメ!ピクサーのSparkShortsプログラム...

ピクサー・アニメーション・スタジオによる、個々のアーティストの可能性を発掘すべく、短編作品を作り出す新たな試み「SparkShorts」プログラムのショートフィルム第三弾!「Kitbull」が公開されました。

続きを読む

Smash and Grab - ピクサーのアニメーションプログラムSparkS...

ピクサー・アニメーション・スタジオによる、個々のアーティストの可能性を発掘すべく、短編作品を作り出す新たな試み「SparkShorts」プログラムのショートフィルム第二弾!「Smash and Grab」

続きを読む

AIによるアニメ中割生成 - DeNAの「構造的生成学習」を使用したアニメの中割...

DeNAによるAIを活用したアニメの中割生成技術!

続きを読む

Mayaリギング 改訂版 正しいキャラクターリグの作り方 - レビュー高評価なM...

Maya向けリギング解説本の改訂版「Mayaリギング 改訂版 正しいキャラクターリグの作り方」が3月にリリースされますよ!2013年に発売された旧版のAmazonレビューも好評です。

続きを読む

Implicit Skinning Real-Time Skin Deformation with Contact Modeling - より自然な変形が可能となるリアルタイムスキンデフォメーション技術映像!

リニアやデュアルクオータニオンの欠点を全て解消したスキンデフォメーション技術
Implicit Skinning: Real-Time Skin Deformation with Contact Modeling
SIGGRAPH2013論文


PR

第1回:シーン制作するための準備 キャラクター・背景編 | MotionBuilderでカットシーン制作 | AREA JAPAN


解説(機械翻訳)

幾何学的なスキニングテクニック、
スムーズブレンドまたはデュアルクオータニオンなどは、その高い性能から業界で非常に人気ですが、
現実的な変形を模倣することができない。
他の方法で、物理シミュレーションやボリューム制御を使用する事で、より良い皮膚の動作をキャプチャできるが、
それらはリアルタイムのフィードバックを提供することはできません。
本稿では、リアルタイムで皮膚接触効果と筋肉の膨らみを取り扱う最初純粋に幾何学的な手法を提案する。
洞察力は、幾何学的なスキニング手法の結果を修正するための容積、暗黙の表現の高度な合成機構を利用することである。
メッシュは、第一の暗黙の面の集合で近似される。
各アニメーションステップにおいて、これらの面はリアルタイムに結合され、
そのスムーズなスキニング位置から開始して、メッシュの頂点の位置を調整するために使用される。
この変形工程について詳細を失うことなくシームレスに行われ、皮膚の部品間の接触を処理している。
それはポストプロセスとして動作するように、我々の方法は、標準のアニメーションパイプラインによくフィットします。
 また、そのような衝突検出何ら集中的な計算ステップを必要としないので、リアルタイム性能を提供する。

未だゲーム開発においてはパフォーマンスを重視してかリニア変形が主流ですよね。
こういった別のメソッドを気軽に使いたいなぁ

論文のPDFファイルや詳細等はこちらから
Implicit Skinning: Real-Time Skin Deformation with Contact Modeling

http://irit.fr/~Rodolphe.Vaillant/?e=31

関連記事

  1. Unity SSSSS
  2. DELIGHT Engine
  3. Building a Next Gen Open World

コメントをお待ちしております

日本語が含まれない投稿は無視されます。-Posts that do not include the Japanese will be ignored-(スパム対策-anti Spam-)

2013.05.17Disney Planes Trailer - 「カーズ」スピンオフ!飛行機が主人公の 「プレーンズ」公式トレーラーが遂に公開!

2013.05.193D人 -週刊ピックアップ vol.0007- 2013/05/18 週末更新!記事にはしなかったけど管理人が気になったネタをピックアップ

3D人について

3D/2D/CG関連のネタ・ツール情報をほぼ毎日紹介!掲載してほしい情報、ツール検証依頼などありましたら、メッセージボックス、ツイッターもしくはFacebookのメッセージからどうぞ!

おしらせ

沢山のメッセージありがとうございます!!記事掲載に関しては随時対応していきますので、何卒宜しくお願い致します。
友だち追加
follow us in feedly

 RSSリーダーで購読する

おすすめ商品Pickup