※6/27リアル開催※【3Dスクランブル】著名なHoudiniアーティスト登壇イベント | CyberAgent

VR Motion Capture v1 Early Adopter Editi...

Freebird XRによるVRデバイスを使用しオブジェクトの動きをアニメーションさせることが出来るBlenderアドオン「VR Motion Capture」がリリースされました!

続きを読む

Day 2 FREE Blender gifts - 10th birthday...

Blender関連アドオンやアセットの販売でおなじみ「Blender Market」が10歳のお誕生日!10日間連続のBlender関連ギフトを配布!2日目は群衆制御アドオン「Population」が無料配布されました!

続きを読む

Diversion - 最大10人で100GBまで無料のバージョン管理システム!...

「Diversion」というバージョン管理システムはご存知ですか?最近Unreal Engine 5対応プラグインが登場したみいたいですよ。そして最大10人まで100GBのストレージが無料とか!

続きを読む

Matalogue - 全てのノードツリーを1つのパネルから確認し素早く切り替え...

Greg Zaal氏による全てのノードツリーを1つのパネルから確認し素早く切り替え可能にする無料のBlenderアドオン「Matalogue」がとても便利そうです。

続きを読む

UE Shader Hotkeys Addon 1.0 - Blenderのシェ...

Tekimus氏が、BlenderのシェーダーエディタにてUnreal Engineのマテリアルエディターホットキー風のNode呼び出し機能を追加する無料のアドオン「UE Shader Hotkeys Addon 1.0」をGithub上で無料公開しています。

続きを読む

Maya 2024 | 製品概要と購入 | Autodesk 公式

Implicit Skinning Real-Time Skin Deformation with Contact Modeling - より自然な変形が可能となるリアルタイムスキンデフォメーション技術映像!

この記事は約1分16秒で読めます

リニアやデュアルクオータニオンの欠点を全て解消したスキンデフォメーション技術
Implicit Skinning: Real-Time Skin Deformation with Contact Modeling
SIGGRAPH2013論文


プロモーション

CGWORLD JAM ONLINE 2024


解説(機械翻訳)

幾何学的なスキニングテクニック、
スムーズブレンドまたはデュアルクオータニオンなどは、その高い性能から業界で非常に人気ですが、
現実的な変形を模倣することができない。
他の方法で、物理シミュレーションやボリューム制御を使用する事で、より良い皮膚の動作をキャプチャできるが、
それらはリアルタイムのフィードバックを提供することはできません。
本稿では、リアルタイムで皮膚接触効果と筋肉の膨らみを取り扱う最初純粋に幾何学的な手法を提案する。
洞察力は、幾何学的なスキニング手法の結果を修正するための容積、暗黙の表現の高度な合成機構を利用することである。
メッシュは、第一の暗黙の面の集合で近似される。
各アニメーションステップにおいて、これらの面はリアルタイムに結合され、
そのスムーズなスキニング位置から開始して、メッシュの頂点の位置を調整するために使用される。
この変形工程について詳細を失うことなくシームレスに行われ、皮膚の部品間の接触を処理している。
それはポストプロセスとして動作するように、我々の方法は、標準のアニメーションパイプラインによくフィットします。
 また、そのような衝突検出何ら集中的な計算ステップを必要としないので、リアルタイム性能を提供する。

未だゲーム開発においてはパフォーマンスを重視してかリニア変形が主流ですよね。
こういった別のメソッドを気軽に使いたいなぁ

論文のPDFファイルや詳細等はこちらから
Implicit Skinning: Real-Time Skin Deformation with Contact Modeling

Screenshot of irit.fr

プロモーション


関連記事

  1. レスキュードローン - シリコンスタジオのゲームエンジンParadoxの物理ベースの描画能力をアピールしたリアルタイムデモ映像!

    2015-09-09

  2. Wetbrush - 凹凸のある本格デジタル油絵も可能に!?GPUベースの3Dペイントシミュレーション技術!SIGGRAPH Asia 2015技術映像!

    2015-10-27

  3. Designing Structurally-Sound Ornamental Curve Networks - メッシュ形状に合わせ3Dプリント可能な格子状モデルを作成する技術

    2016-07-21

  4. Interactive Design of 3D Printable Robotic Creatures - ディズニーによる3Dプリント向けロボット生物のデザイン・設計を行う技術!

    2015-11-11

コメントをお待ちしています。

コメント

日本語が含まれない投稿は無視されます。-Posts that do not include the Japanese will be ignored-(スパム対策-anti Spam-)


Warning: Trying to access array offset on value of type bool in /home/ymt3d/3dnchu.com/public_html/wp-content/themes/bloq/functions/next_prev.php on line 50

3D人-3dnchu-

3D/2D/VR/GAME/AIなどのCGに関連する個人的に気になる情報をほぼ毎日紹介!XやYoutubeなども是非フォローよろしくお願いします!

※当サイトの一部記事にはアフィリエイトが含まれております。

アーカイブ

カテゴリ

おすすめ商品Pickup

注目の記事

PR


PR


採用 | 3DCGアーティスト&テクニカルアーティスト大募集 | 株式会社Cygames

   
USD
3D人のLINEアカウントを作りました!
友だち追加


follow us in feedly

RSSリーダーで購読する


ほしい物リスト公開中!
3D人運営に援助!
Amazonでリストを見る

Discordチャンネル公開

pixivFUNBOXページ公開!




おすすめ商品Pickup

おすすめ記事

ページ上部へ戻る