AnimationCafe

Substance Alchemist 2020.3 - AI活用アトラスフィル...

Adobeのテクスチャリングソフト「Substance Alchemist」のバージョン2020.2(2.3.0)がリリースされました。

  • 12
  • 1
  • 0
続きを読む

Asset Creation Toolset 3 - アセット制作で役立つ機能を...

Ivan Vostrikov氏による、アセット制作で役立つ機能を多数搭載したツールセット「Asset Creation Toolset 3」のご紹介。無料です!

  • 11
  • 1
  • 0
続きを読む

WebPShop v0.3 - WebP(Googleが開発した軽量画像フォーマ...

最近やたらと多いWebP、サイトの軽量化システムが勝手にこのフォーマットにする事が多いんですよね。良いんですが手軽に扱えないのが難点。そんな時は、WebP公式のPhotoshopで読み込むためのプラグイン「WebPShop」を使いましょう。

  • 6
  • 7
  • 0
続きを読む

ゲームエンジンアーキテクチャ 第3版 - 好評のゲームエンジン解説本「Game ...

ゲーム開発者は抑えておきたい1冊!ジェイソン・グレゴリー著書「Game Engine Architecture, Third Edition」の日本語版「ゲームエンジンアーキテクチャ 第3版」が2020年11月下旬にボーンデジタルから発売されます。

  • 7
  • 14
  • 0
続きを読む

Procedural City Generator - Unreal Engin...

Coqui Gamesによる、Unreal Engine 4上で動作するプロシージャル都市生成システム「Procedural City Generator」

  • 14
  • 3
  • 0
続きを読む

Ladybug Tools for Blender - 建築業界ではお馴染みの環境解析ツールをBlenderでも実現!アドオンが開発中!

建築業界ではお馴染みらしい、建築環境シミュレーションを目的としたツールセット「Ladybug Tools」をBlenderでも実装すべくアドオン開発が進められています。


PR

Autodesk® Maya® Indie、Autodesk® 3ds Max® Indie | AREA JAPAN | Autodesk


参考となったLadybug Toolsとは

Ladybug Toolsは、建物を物理的に解析・計算し、それらをパラメトリック設計にリンクできるようにするビジュアルプログラミングノードのスイートです。ノードには4つの関連カテゴリがあります。
Ladybugは、EPW気象分析、影の研究、太陽、湿り空気線図を行います。
HoneybeeはRADIANCEを使用した昼光シミュレーション、OPENSTUDIOを使用したエネルギーモデル、およびTHERMを使用したエンベロープ熱流を作成、実行、および視覚化します。
ButterflyはOpenFOAMを使用して高度な数値流体力学(CFD)シミュレーションを作成および実行するためのプラグインおよびPythonライブラリです。
Dragonflyは、都市のヒートアイランド、気候変動、地形などの地域の気候要因などの大規模な気候現象をモデル化します。
それらはLadybug Toolsを形成します。
詳細は公式サイトへ:ladybug.tools/

LadybugTools for Blender がリリース!

Ladybugビジュアルプログラミングインターフェイスは、Rhino + GrasshopperおよびRevit + Dynamoのノードセットとしてリリースされています。ほとんどのコードはプラットフォームに依存しないため、Sverchokの拡張機能としてBlenderに移植できるという考えが浮かんできました。
LadybugTools for Blender v0.0.200927がテスト用にリリースされたことをついに発表できることを嬉しく思います!これらのツールは、建築家だけでなく、環境/持続可能な設計コンサルタントにも役立ちます。

インストール手順はこちら

  1. ノードベースで色々できるアドオン「Sverchok」をインストール
    https://blenderbim.org/download.html下にスクロールし、zipをダウンロード。他のアドオンと同じようにインストールします)
  2. 本体となる「LadybugTools」をインストール
    https://blenderbim.org/download.html下にスクロールし、zipをダウンロード。他のアドオンと同じようにインストールします)
  3. 色付きのポイントを表示したい場合はこれをインストール
  4. Blenderを再起動します

BIM(Building Information Modeling)系のネタは私の専門分野外なので、細かい内容は紹介出来ませんが、建築系の方々は注目のアドオンではないでしょうか?

サイトでは紹介出来ておりませんが、BlenderBIMアドオンも中々優秀みたいですので、合わせてチェックしてみると良いかと思います。

リンク


PR


関連記事

  1. Neltulz Quick SubD 1.0.7 - Maya風に数字キーでサブディビジョンを有効化出来るBlender 2.8アドオン!

    2020-07-23

  2. Maxivz's Interactive Tools for Blender - かゆいところに手が届く!作業効率UP出来るBlender 2.8用の無料ツールセット!

    2019-07-11

  3. BROWSER PRO 2.30 - Kitbash埋め込みにも対応したMaya用アセットブラウザープラグイン!

    2018-06-13

  4. Quick ToolBox - 使用可能な全ツールを一覧表示してくれるBlenderアドオンが公開!お気に入り機能も搭載!

    2020-10-02

コメントをお待ちしております

COMMENT

日本語が含まれない投稿は無視されます。-Posts that do not include the Japanese will be ignored-(スパム対策-anti Spam-)

3D人について

3D/2D/CG関連のネタ・ツール情報をほぼ毎日紹介!掲載してほしい情報、ツール検証依頼などありましたら、メッセージボックス、Twitter、Facebook、LINEからご連絡お願いします!

おしらせ

ほしい物リスト公開中!
3D人運営に援助していただけると嬉しいです。
Amazonでリストを見る

Discordチャンネル公開

pixivFUNBOXページ公開!

LINEアカウント作りました!
友だち追加

follow us in feedly



 RSSリーダーで購読する

おすすめ商品Pickup