Marbling Maker Material v2.0 - Substance...

以前紹介した、”村落”のSubstance Designerマテリアル等でもお馴染み、Emrecan Cubukcu氏が今度はマーブル模様を生成する為のマテリアル「Marbling Maker Material」作成し、販売しております。

  • 8
  • 0
  • 0
続きを読む

Troll - Goodbye Kansas&Deep Forest Films...

Goodbye KansasとDeep Forest Filmsからのリアルタイムショートフィルム「Troll」が公開!Unreal Engine 4.22とリアルタイムレイトレーシング機能を活用しています。

  • 4
  • 0
  • 0
続きを読む

Chaos Tech Demo GDC 2019 - アンリアルエンジン4.23...

「Chaos」というアンリアルエンジン向け新物理/破壊シミュレーションエンジンのテクノロジーデモが先日行われた「State of Unreal」にて公開されました。Unreal Engine 4.23にて早期アクセス状態となるそうです。

  • 18
  • 2
  • 0
続きを読む

Quake II RTX GTC 2019 Demo Walkthrough -...

1997年に発売されたid Softwareの名作FPS「Quake 2(クエイクツー)」をリアルタイムレイトレーシングに対応させた「Quake II RTX」の最新デモ映像です。

  • 14
  • 9
  • 1
続きを読む

Unity 2019 Megacity - Unityで何百万ものオブジェクトを...

以前紹介したUnityのデモ「Megacity」がGDC 2019に合わせてリリースされました!何百万ものオブジェクトを効率的に描画!

  • 41
  • 57
  • 0
続きを読む

Marmoset Toolbag 3.05 - リアルタイムビジュアライズソフトウェア!焼き職人には嬉しいケージ改善!

Marmosetのリアルタイムビジュアライズソフトウェア「Toolbag(ツールバッグ)」のマイナーアップデート「Marmoset Toolbag 3.05」!Steam版もあるよ!


PR

第1回:シーン制作するための準備 キャラクター・背景編 | MotionBuilderでカットシーン制作 | AREA JAPAN


Marmoset Toolbag 3.05 で追加された機能

  • ケージオフセットアルゴリズムが改善されました。
    すべてのアセットタイプに対してより確実なケージ拡張が可能になります。特にハードサーフェイスオブジェクトに有用です。
  • カスタムケージメッシュを3Dアプリケーションからエクスポートできるようになりました。
    手動編集が必要なケージ領域がある場合は、DCCツールなどで作成したカスタムメッシュでToolbagの自動ケージ生成を上書きできます。
  • 拡張されたマルチサンプリング。
    Bakerに 64x Samplesオプションを追加しました。このオプションは、鋭い線やきめ細かいディテールなどの難しい領域に対して優れたアンチエイリアシングを提供します。
  • 3.05では、マテリアルID、ワイヤフレーム、およびすべてのマテリアルプロパティ出力を含むすべてのマップ出力もアンチエイリアス処理されます。これは、マスキングされたレイヤードPSDオプションでも機能します。
  • ワイヤフレームラインと頂点の厚さオプションが追加されました。
  • 頂点カラーアルファ出力がサポートされるようになりました。
  • 失われたクイック・ローダー・ファイル参照は、ファイルを置き換えるプロンプトを作成します。これにより、チームメンバー間でファイルを転送するとき、または
  • 元のファイルが移動されたときの自動再読み込みの問題が解決されます。
  • ベーキンググループはアルファベット順にソートされるようになりました。
  • 新しいBakerオブジェクトが作成されると、Master Tangent Spaceは設定で定義されているDefault Tangent Spaceを使用するようになりました。
  • 新しいマスター接線空間設定(メッシュごと)が、各メッシュの接線空間を定義するBakerに追加されました。
  • Diffuse、Specular、Complete Lighting出力がsRGBでレンダリングされるようになりました。
  • ポジションマップの出力にノーマライズ化オプションが追加されました。
  • 新しいマイクロサーフェスシェーダ:粗さ、高度なマイクロサーフェス。メタルネス/ラフネスワークフローは、デフォルトでは新しい材料に対しても有効です。
  • Mirror Tangentsメッシュとベーカーオプションを修正しました。このスプリットは、ミラー継ぎ目に沿って頂点を形成し、ミラーリングされたUV関連のベーキング
  • アーチファクトを特定の接線空間で緩和します。
  • シェーディングモデルを変更するとき、テクスチャ入力が保持されるようになりました。たとえば、GlossからRoughnessにスワップするときなどです。

使っている人からしたら嬉しいアップデートの数々。新規ユーザーからしたら、地味なアップデート?
いやぁしかし、ToolbagのCage機能は最高だなぁ…ほかのソフトもっと頑張ってほしい。というかケージの要らない世の中が来てほしい…

細かな更新内容はこちらを参照ください。
Free Update: Toolbag 3.05 | Marmoset

体験版もあるのでぜひお試しあれ!

関連リンク

Steam:Marmoset Toolbag 3
Marmoset Toolbag – Marmoset

https://www.marmoset.co/toolbag/

関連記事

  1. Marmoset Toolbag 206 - エリア...

    2014-10-29

  2. DotFab ver.0.3 - 3Dドットを制作す...

    2013-01-08

  3. YEBIS Posteffects GDC 2017...

    2017-03-03

  4. Autodesk Project Miller - ...

    2013-10-24

コメントをお待ちしております

日本語が含まれない投稿は無視されます。-Posts that do not include the Japanese will be ignored-(スパム対策-anti Spam-)

3D人について

3D/2D/CG関連のネタ・ツール情報をほぼ毎日紹介!掲載してほしい情報、ツール検証依頼などありましたら、メッセージボックス、ツイッターもしくはFacebookのメッセージからどうぞ!

Google Translate

おしらせ

沢山のメッセージありがとうございます!!記事掲載に関しては随時対応していきますので、何卒宜しくお願い致します。
友だち追加
follow us in feedly

 RSSリーダーで購読する

おすすめ商品Pickup