AnimationCafe

SpeedTree Joins Unity - Unityが植物生成ソリューショ...

2021年7月22日午後12時00分現地時間、Unityは、建築、ゲーム、視覚効果、およびリアルタイムシミュレーション用の植生モデリングおよび環境作成製品のSpeedTree®スイートのメーカーであるInteractive Data Visualization, Inc.(IDV)を買収しました。

  • 41
  • 0
  • 0
続きを読む

xpBullet Sneak Peek - Cinema4D用パーティクルプラグ...

INSYDIUM LTDのCinema4D向けパーティクルプラグイン「X-Particles」用の新しい衝突システム「xpBullet」のスニークピーク映像が少し前に公開されています。

  • 49
  • 0
  • 0
続きを読む

3D Draper and UE4 Cloth sim Plugin - クロー...

リアルタイムクロスシミュレーションとマルチプラットフォームの3D仮想フィッティングソリューションなどを手掛ける triMirrorが開発中の「3D Draper」とUnreal Engine 4向けクロスシミュレーションプラグインのデモ映像が公開されています。

  • 213
  • 0
  • 1
続きを読む

Lightning Boy Shader 2.1 - Blender 2.93&...

ジブリ系雲などでも話題になった Lightning Boy StudioによるBlender 2.93 向けNPRシェーダーの最新アップデート「Lightning Boy Shader 2.1」が公開されています。

  • 132
  • 0
  • 1
続きを読む

Sketchfab is Joining the Epic Games Fami...

オンライン3Dモデルシェア&販売サービスの大手SketchfabをEpicGamesが買収しました!

  • 55
  • 0
  • 0
続きを読む

CGを学習している学生の方へ | AREA JAPAN | Autodesk

Open 3D Engine - Amazonによる「CryEngine」ベースのゲームエンジン「Lumberyard」がオープンソース化!20超の企業がサポート&Apache 2.0ライセンス!

Amazonによる「CryEngine」ベースのゲームエンジン「Lumberyard」が「Open 3D Engine(O3DE)」という名前に変わりApache 2.0ライセンスの下でオープンソース化されました。同時にO3DEの管理団体「Open 3D Foundation」が設立され、20を超える企業&団体がサポートしています。


プロモーション

ファイナルファンタジーXVI開発スタッフ募集中


O3DE

Open 3D Engine(O3DE)は、Apache 2.0ライセンスのマルチプラットフォーム3Dエンジンであり、開発者とコンテンツクリエーターが、AAAゲーム、映画品質の3Dワールド、および忠実度の高いシミュレーションを無料または商業上の義務なしに構築できるようにします。

Open 3D Foundationの創設メンバーには、AccelByte、Adobe、Apocalypse Studios、Audiokinetic、AWS、Backtrace.io、Carbonated、Futurewei、GAMEPOCH、Genvid Technologies、Hadean、HERE Technologies、Huawei、Intel、International Game Developers Association、KitBash3D、KytheraAI、Niantic、Open Robotics、PopcornFX、Red Hat、Rochester Institute of Technology、SideFX、Tafi、TLM Partners、Wargaming が参加し、最初の統治メンバーとして財団に資金とリソースを提供しました。

  • モジュール性:ゼロからモジュール式に再設計。コアエンジンモジュールとアドオンまたはプラグインは、まとめて「Gems」と呼ばれる。
  • オープンソースに優しいビルドシステム:ビルドシステム全体をオープンソースのCMakeシステムに移行。CTest、プラグインライブラリ、プロファイリング、編集と続行、高速コード生成、およびVisual Studio、XCodeなどのさまざまなIDEのネイティブプロジェクト生成のサポートが向上
  • SDKとしてのエンジン:SDKのように構築されており、「SDKとしてのエンジン」アプローチと見なすことができるエンジンモジュールとGems用にコンパイル済みの形式で提供
  • Atom Renderer:Gemとして提供されます。ACES色空間に準拠し、Vulkan、Metal(開発中)、およびDirectX 12でレイトレーシングを完全にサポートする最新の物理ベースのレンダラー(PBR)。複数のプラットフォームをサポート。Global Illumination(GI)およびforward +が付属。
  • ネットワーキング:O3DEには、新しいネットワークスタックが含まれてる
  • より速く、より軽く、より高性能:Lumberyardよりも大幅に軽量で、高速で、パフォーマンスが高くなっています。オープンソースに備えるために、200万行を超えるレガシーコードの冗長性を取り除きました。最新のCPUと現在のSIMD命令セットを活用する新しい高性能数学ライブラリを作成しました。その結果、フレームレートが速くなり、プラットフォームサポートが改善され(特にARMデバイスで)、精度が向上し、アニメーション、特殊効果、ゲームプレイに利用できるコンピューティングリソースが増加します。
  • クラウド対応:Amazon Kinesis、AWS Lambda、Amazon Cognito、Amazon CloudWatch、AWS CloudTrail、AWS IAM、Amazon GameLift、および更新されたAWS C ++ SDKの新しいサポートにより、クラウド機能が追加されました。
  • 生産性と拡張性:カスタマイズを加速するために、コードインターフェイスとQtにアクセスしてカスタムエディターコンポーネントを作成するPython拡張機能を使用してUIツールを拡張。Pythonバインディングを使用して、FBXとマテリアル処理の実行中の処理とカスタム動作を可能に。テクニカルアーティストは、アセットを分割、割り当て、またはリホームできるPythonスクリプトを記述したり、任意の入力ソースからカスタムマテリアルを作成したりできます。

まぁUE4やUnityの勢いを直に見ているとなんとなく想像出来た流れですよね…
完全なオープンソース3Dゲームエンジンとしてのライバルは「Godot」や「Stride Game Engine(旧:Xenko)」とかになるのかな?後者はもはやマイナーですね…。かなり目新しい環境や要素が無い限り、ユーザーを増やすのは厳しそうに感じますが、サポートしている企業がかなり充実しているので今後の動向に注目したいところです。

リンク

Open 3D Engine

Screenshot of o3de.org

PR


関連記事

  1. CentiLeo Renderer 0.44 Alpha - Cinema 4Dや3ds Maxに対応した高速GPUレンダラー!

    2016-11-16

  2. Substance Designer 3.7 リリース! - 新しい頂点カラーベイキング機能を搭載!テクスチャ作成はPhotoshopじゃなくても良いんだよ!

    2013-09-11

  3. Masterpiece Motion - VR空間上でスキニング&リギング&モーション作成を行えるツールが登場!

    2019-05-08

  4. PopcornFX UE4 Plugin teaser 01 - リアルタイムVFXソリューションのUnreal Engine 4 プラグインティーザー映像!

    2014-12-02

コメントをお待ちしています。

コメント

日本語が含まれない投稿は無視されます。-Posts that do not include the Japanese will be ignored-(スパム対策-anti Spam-)

3D人-3dnchu-

3D/2D/CG関連のネタ・ツール情報を
ほぼ毎日紹介します!

アーカイブ

カテゴリ




おすすめ商品Pickup

注目の記事

PR

求人特集

Flying Ship Studio


株式会社 Khepris Japan ( ケプリス ジャパン ) Top・レンダーファームのレンタル、レンダリングサービス


キャリア採用|株式会社トライエース(tri-Ace)

ゲーム業界で働ければ何でもいいはずがない。ゲーム転職、ゲーム求人探すならイマジカデジタルスケープにお任せください。

ほしい物リスト公開中!
3D人運営に援助していただけると嬉しいです。
Amazonでリストを見る

Discordチャンネル公開

pixivFUNBOXページ公開!

LINEアカウント作りました!
友だち追加

follow us in feedly



 RSSリーダーで購読する

おすすめ商品Pickup




おすすめ記事

ページ上部へ戻る