AnimationCafe

The Lightmapper v0.6 - 簡単にライトマップベイクが出来るB...

Alexander Kleemann氏によるBlender向けライトマップ焼き込みアドオン『The Lightmapper v0.6』が無料公開中

  • 63
  • 0
  • 0
続きを読む

TVアニメ「パリピ孔明」OPテーマ「チキチキバンバン」【踊ってみた】 with ...

TVアニメ「パリピ孔明」のオープニングテーマ「チキチキバンバン」の踊ってみたモーションデータが期間限定無料配布中とのこと。

  • 144
  • 0
  • 1
続きを読む

Live Scene Capture to Texture - GPUモジュール...

Kolupsy氏によるGPUモジュールを使用しEEVEEのカメラビュー状態をリアルタイムキャプチャしテクスチャに適用出来るBlenderスクリプトがlender Artists Communityにて公開されています。

  • 35
  • 0
  • 0
続きを読む

VRF+(Vehicle Rig Factory Plus) - 手軽にカートゥ...

blenderig_masterによる手軽に様々な車両のリギングが可能になるBlenderアドオン「VRF+(Vehicle Rig Factory Plus)」のご紹介。

  • 19
  • 0
  • 0
続きを読む

Comprehensive Guide for Film-making with...

イタリアのシニアVFXテクニカルアーティストGuido Ponzini氏によるHoudiniとUnreal Engine 5を活用した映画制作解説コース『Comprehensive Guide for Film-making with Houdini and Unreal Engine 5』がCG&デジタルアート学習オンラインプラットフォーム「WINGFOX」にて取り扱い開始されました!

  • 12
  • 0
  • 0
続きを読む

Maya、3ds Max のインディー版 | AREA JAPAN | Autodesk

Open 3D Engine - Amazonによる「CryEngine」ベースのゲームエンジン「Lumberyard」がオープンソース化!20超の企業がサポート&Apache 2.0ライセンス!

Amazonによる「CryEngine」ベースのゲームエンジン「Lumberyard」が「Open 3D Engine(O3DE)」という名前に変わりApache 2.0ライセンスの下でオープンソース化されました。同時にO3DEの管理団体「Open 3D Foundation」が設立され、20を超える企業&団体がサポートしています。


プロモーション

ドラゴンクエストXII | タイトル | 中途採用 | SQUARE ENIX -RECRUTING-


O3DE

Open 3D Engine(O3DE)は、Apache 2.0ライセンスのマルチプラットフォーム3Dエンジンであり、開発者とコンテンツクリエーターが、AAAゲーム、映画品質の3Dワールド、および忠実度の高いシミュレーションを無料または商業上の義務なしに構築できるようにします。

Open 3D Foundationの創設メンバーには、AccelByte、Adobe、Apocalypse Studios、Audiokinetic、AWS、Backtrace.io、Carbonated、Futurewei、GAMEPOCH、Genvid Technologies、Hadean、HERE Technologies、Huawei、Intel、International Game Developers Association、KitBash3D、KytheraAI、Niantic、Open Robotics、PopcornFX、Red Hat、Rochester Institute of Technology、SideFX、Tafi、TLM Partners、Wargaming が参加し、最初の統治メンバーとして財団に資金とリソースを提供しました。

  • モジュール性:ゼロからモジュール式に再設計。コアエンジンモジュールとアドオンまたはプラグインは、まとめて「Gems」と呼ばれる。
  • オープンソースに優しいビルドシステム:ビルドシステム全体をオープンソースのCMakeシステムに移行。CTest、プラグインライブラリ、プロファイリング、編集と続行、高速コード生成、およびVisual Studio、XCodeなどのさまざまなIDEのネイティブプロジェクト生成のサポートが向上
  • SDKとしてのエンジン:SDKのように構築されており、「SDKとしてのエンジン」アプローチと見なすことができるエンジンモジュールとGems用にコンパイル済みの形式で提供
  • Atom Renderer:Gemとして提供されます。ACES色空間に準拠し、Vulkan、Metal(開発中)、およびDirectX 12でレイトレーシングを完全にサポートする最新の物理ベースのレンダラー(PBR)。複数のプラットフォームをサポート。Global Illumination(GI)およびforward +が付属。
  • ネットワーキング:O3DEには、新しいネットワークスタックが含まれてる
  • より速く、より軽く、より高性能:Lumberyardよりも大幅に軽量で、高速で、パフォーマンスが高くなっています。オープンソースに備えるために、200万行を超えるレガシーコードの冗長性を取り除きました。最新のCPUと現在のSIMD命令セットを活用する新しい高性能数学ライブラリを作成しました。その結果、フレームレートが速くなり、プラットフォームサポートが改善され(特にARMデバイスで)、精度が向上し、アニメーション、特殊効果、ゲームプレイに利用できるコンピューティングリソースが増加します。
  • クラウド対応:Amazon Kinesis、AWS Lambda、Amazon Cognito、Amazon CloudWatch、AWS CloudTrail、AWS IAM、Amazon GameLift、および更新されたAWS C ++ SDKの新しいサポートにより、クラウド機能が追加されました。
  • 生産性と拡張性:カスタマイズを加速するために、コードインターフェイスとQtにアクセスしてカスタムエディターコンポーネントを作成するPython拡張機能を使用してUIツールを拡張。Pythonバインディングを使用して、FBXとマテリアル処理の実行中の処理とカスタム動作を可能に。テクニカルアーティストは、アセットを分割、割り当て、またはリホームできるPythonスクリプトを記述したり、任意の入力ソースからカスタムマテリアルを作成したりできます。

まぁUE4やUnityの勢いを直に見ているとなんとなく想像出来た流れですよね…
完全なオープンソース3Dゲームエンジンとしてのライバルは「Godot」や「Stride Game Engine(旧:Xenko)」とかになるのかな?後者はもはやマイナーですね…。かなり目新しい環境や要素が無い限り、ユーザーを増やすのは厳しそうに感じますが、サポートしている企業がかなり充実しているので今後の動向に注目したいところです。

リンク

Open 3D Engine

Screenshot of o3de.org

プロモーション

CREATIVE ACADEMY



関連記事

  1. rTexPacker v1.0 alpha - シンプルなテクスチャパッキング&フォントアトラス生成ツール!無料版もあるよ!

    2019-10-30

  2. Krita 4.3 - オープンソースで無料の2Dお絵描きソフト!Win&Mac&Linux&ChromeOS&Android

    2020-06-19

  3. Marvelous Designer 2016 Demo Reel - オンリーワンの3D衣類作成ソフトウェア!最新リール!

    2016-08-11

  4. Substance Alchemist Free Trial - Substanceのマテリアルオーサリングツール!無料トライアル版の配布を開始!

    2019-07-30

コメントをお待ちしています。

コメント

日本語が含まれない投稿は無視されます。-Posts that do not include the Japanese will be ignored-(スパム対策-anti Spam-)

3D人-3dnchu-

3D/2D/CG関連のネタ・ツール情報を
ほぼ毎日紹介します!

アーカイブ

カテゴリ

おすすめ商品Pickup

注目の記事

PR

育成講座

採用 | 【5/26(木)】3DCG&テクニカルアーティスト採用セミナー | 株式会社Cygames



Curo Inc.

『テイルズ オブ』開発メンバー募集中! - RECRUITING NEWS | RECRUIT | バンダイナムコスタジオ公式サイト

ほしい物リスト公開中!
3D人運営に援助していただけると嬉しいです。
Amazonでリストを見る

Discordチャンネル公開

pixivFUNBOXページ公開!

LINEアカウント作りました!
友だち追加

follow us in feedly



 RSSリーダーで購読する

おすすめ商品Pickup




おすすめ記事

PR


ページ上部へ戻る