WaveEngine 3.0 Preview - 無料のクロスプラットフォーム3...

DirectX 12、Vulkan、Metal API、WebGLといったグラフィックAPIに対応したクロスプラットフォーム3Dエンジン!「WaveEngine 3.0」 のプレビュー版がリリースされました! 完全無料ですよ。

  • 10
  • 10
  • 0
続きを読む

Dust3D - ユニークなモデリングフローが印象的な無料の3Dモデリングソフト...

クロスプラットフォームの無料かつオープンソースな3Dモデリングソフトウェア「Dust3D」!参考写真を元に、ZbrushのZsphereライクなフローでローポリモデルを作成できるみたいです。

  • 68
  • 4
  • 1
続きを読む

Adjust AI - 機械学習の力で写真を色鮮やかに!AIを使ったツールでおな...

AIを使ったツールでおなじみTopaz Labsによる、機械学習の力で写真を色鮮やかにする事が可能なツール「Adjust AI」が登場!

  • 4
  • 6
  • 1
続きを読む

PiStage - MayaとUE4をシンクロさせてアニメーション制作を大幅に効...

Pi Squareによる、MayaとUnreal Engine 4をシンクロさせて、アニメーション制作効率を大幅に向上させる事が可能とされるパイプラインツール「PiStage」

  • 32
  • 4
  • 0
続きを読む

Faked Rounded Corners on Normal Map - ハイ...

日本のテクニカルユニット Sator Imaging(サトーイメージング)による、ハイメッシュ無しでエッジを丸める法線マップを生成可能なSubstance Painter用ジェネレーター「Faked Rounded Corners on Normal Map」

  • 75
  • 7
  • 1
続きを読む

Physically Based Rendering:From Theory To Implementation - 物理ベースレンダリングの教科書(洋書)がオンライン上で無償公開!

Matt Pharr氏、Wenzel Jakob氏、Greg Humphreys氏らによる、 物理ベースレンダリングの教科書「Physically Based Rendering:From Theory To Implementation(物理的レンダリング:理論から実装へ)」がオンライン上で無償公開されております。


PR

第1回:シーン制作するための準備 キャラクター・背景編 | MotionBuilderでカットシーン制作 | AREA JAPAN


Physically Based Rendering:
From Theory To Implementation

Matt Pharr, Wenzel Jakob, and Greg Humphreys

現実的なコンピュータグラフィックスは今日、映画やビデオゲームなどのエンターテイメントを含むアプリケーションが普及しています。製品デザイン; およびアーキテクチャ。過去10年間で、光散乱の物理学の正確なモデリングが画像合成の中心にあるレンダリングに対する物理的なアプローチが広く使用されてきた。これらのアプローチは、視覚的リアリズムと予測可能性の両方を提供します。

物理的レンダリングは、現実的なフォトリアリスティックレンダリングシステムの背後にある数学的理論とその実用的実装の両方を表しています。”リテラルプログラミング”として知られている方法は、人間が読めるドキュメントとソースコードを、理解を助けるために特別に設計された単一のリファレンスにまとめたものです。この本のアイデアやソフトウェアは、読者に、魅力的なイメージを作成できるフル機能のレンダリングシステムを設計して使用する方法を示しています。

Matt Pharr、Greg Humphreys、Pat Hanrahanのチームは、この本の第1版と第2版で共有された知識に基づいて、映画芸術科学アカデミーの科学技術功績のアカデミー賞を獲得しました。アカデミーは本書を「映画制作に使用されるほとんどの物理的なシェーディングと照明システムのために広く採用された実用的なロードマップ」と呼んだ。

この本の中で、Donald Knuthは次のように書いています。「この本はアカデミー賞を受賞したに違いありません。ピューリッツァー賞にノミネートされるべきだと私は信じている」

2018年10月15日現在、本の第3版の全内容はオンラインで自由に入手できます。

PDFといった電子書籍形式ではなく、Webページとして公開されております。
原本は1万円超えする物なので、その内容が無償で公開されたとなると、かなり凄い事なのではないでしょうか?
ぜひご活用ください!

参考リンク

Physically Based Rendering: From Theory to Implementation

書籍はこちら

Physically Based Rendering: From Theory to Implementation


PR
ゲームクリエイター向けの当社採用説明会


関連記事

  1. フォトをアートにする魔法 Photoshopマスク&...

    2013-11-26

  2. UnrealEngine4 マテリアルデザイン入門 ...

    2015-09-28

  3. たっきゅんのガチンコツール開発部 Maya Pyth...

    2016-05-09

  4. CGWORLD 2015年7月号 vol.203 -...

    2015-06-03

コメントをお待ちしております

日本語が含まれない投稿は無視されます。-Posts that do not include the Japanese will be ignored-(スパム対策-anti Spam-)

3D人について

3D/2D/CG関連のネタ・ツール情報をほぼ毎日紹介!掲載してほしい情報、ツール検証依頼などありましたら、メッセージボックス、ツイッターもしくはFacebookのメッセージからどうぞ!

Google Translate

おしらせ

沢山のメッセージありがとうございます!!記事掲載に関しては随時対応していきますので、何卒宜しくお願い致します。
友だち追加
follow us in feedly

 RSSリーダーで購読する

おすすめ商品Pickup