UE4 Chrysaora Plocamia - HoudiniとUE4で制作さ...

Epicのいんこ はのば ことKobayashi Hiroyuki氏による、UE4とHoudiniを使って製作された"くらげ"のプロジェクトファイルと、実行ファイルが公開されました。レイトレ―シングを使った疑似半透明表現にも注目ですよ。

  • 24
  • 0
  • 0
続きを読む

Minecraft New Here - マインクラフトの新作ARゲーム『Min...

そこらのニュースで取り上げられているので、ご存じの方も多いと思いますが、Minecraft公開10周年を記念したスマホ向け新作ARゲーム『Minecraft Earth』が発表されました。そのトレーラー「Minecraft - New Here」を手掛けたのはMPCです。

  • 13
  • 0
  • 0
続きを読む

Angle Tool - Blender 2.8用のコーナーモデリングアドオン!...

z01ksによるコーナーをサクサクモデリング出来るBlender 2.8用アドオン「Angle Tool」が登場!

  • 54
  • 0
  • 1
続きを読む

Rigger 2.3 - Maya用自動リギングアドオン!

RIGGER.WSによるMaya用自動リギングアドオン!「Rigger 2.3」が登場!

  • 49
  • 0
  • 0
続きを読む

”Safe Haven” Cinematic - 「World of Warcr...

Blizzard「World of Warcraft」の次期アップデートへ向けたシネマティックトレーラー「Safe Haven」が公開されました。

  • 5
  • 0
  • 0
続きを読む

Real-time fiber-level cloth rendering - 繊維レベルの布モデルを効率的にリアルタイムレンダリングする技術!

i3D 2017に向け公開された繊維レベルの布モデルを効率的にリアルタイムレンダリングする技術!「Real-time fiber-level cloth rendering」


PR

第1回:シーン制作するための準備 キャラクター・背景編 | MotionBuilderでカットシーン制作 | AREA JAPAN


Real-time fiber-level cloth rendering

ファイバーレベルのジオメトリを持つモデリングクロスは非常に現実的なものを生成することができます。レンダリングするファイバーレベルの布モデルは、メモリコストが高いだけでなく、オフラインレンダリングアプリケーションでも高い計算コストを伴います。また、GPUをまとめて表現することにより、ラスタライズ操作を減らします。我々の方法は、GPUへのデータ転送を最小限に抑えるために、糸レベルの制御点を使用して、手作業でファイバーレベルの幾何学的詳細を手順的に生成します。さらに、私たちは若いレベルの構造を持っています。我々は最終的な若い構造を目指している。最終的にレンダリングされたイメージにほとんどまたはまったく影響を及ぼさないファイバーレベルのジオメトリの生成を最小限に抑える、または排除する詳細レベルの戦略があります。我々は単純な糸レベルのアンビエントオクルージョン近似と自己シャドー計算方法を導入し、簡略化されたファイバージオメトリと手続き的に生成されたリファレンスを比較し、リアルタイムで数億個以上の個々のファイバーカーブを含むディスプレイニットウェア影とアンビエントオクルージョンのあるフレームレート。

Google翻訳

ほぇ~。
この手の技術は年々新たなアプローチが発表され、進化し続けておりますが、
ここまでのディテールを手軽に扱えるようになると、色々大変そうだな…と思いつつも、夢が広がります。

関連リンク


PR

関連記事

  1. Golaem Wave Simulation - 兵...

    2016-07-26

  2. Painting by Feature:Textur...

    2013-07-18

  3. 総合PBRガイド by Allegorithmic ...

    2015-02-10

  4. SecondSkin - 鎧やパワードスーツをラクラ...

    2015-08-04

コメントをお待ちしております

日本語が含まれない投稿は無視されます。-Posts that do not include the Japanese will be ignored-(スパム対策-anti Spam-)

3D人について

3D/2D/CG関連のネタ・ツール情報をほぼ毎日紹介!掲載してほしい情報、ツール検証依頼などありましたら、メッセージボックス、ツイッターもしくはFacebookのメッセージからどうぞ!

Google Translate

おしらせ

沢山のメッセージありがとうございます!!記事掲載に関しては随時対応していきますので、何卒宜しくお願い致します。
友だち追加
follow us in feedly

 RSSリーダーで購読する

おすすめ商品Pickup

PR

3Dモデラー講座

Flying Ship Studio







アーカイブ

Categories

スポンサー

おすすめ記事