Light Explorer - レベルに配置されたライトを検索、編集しやすくる...

Bruno Xavier Leite氏によるライト管理プラグイン『Light Explorer』がUEマーケットプレイスからリリースされました!無料です!

  • 7
  • 2
  • 0
続きを読む

Poly Source Addon Blender 2.8 - モデル編集中にN...

Derksen BoxによるBlender 2.8向けアドオン「Poly Source Addon Blender 2.8」のご紹介。

  • 31
  • 2
  • 2
続きを読む

Autodesk製品価格改定!新規マルチユーザーサブスクリプションに対し2020...

Autodesk製品、2020年2月から新規のマルチユーザーサブスクリプションが値上げされます。

  • 49
  • 19
  • 0
続きを読む

Layer Factory - Photoshopでのイラスト制作を便利にするツ...

数多くのPhotoshop向けツールを開発しているSergey Kritskiy氏から『Layer Factory』というツールがリリースされました!レイヤーの作成、変更、および作業に関連するさまざまなタスクを強化および高速化するように設計されています。

  • 37
  • 1
  • 1
続きを読む

Mandelbulber 2.20.0 - 3次元フラクタル形状を生成&レンダリ...

フラクタルな3D形状を生成やレンダリングが可能なオープンソース&無料ソフト『Mandelbulber』!昨年12月に、バージョン2.20がリリースされていました。

  • 47
  • 16
  • 4
続きを読む

ShaderFX TGA PBL shader - Kodde氏からノードベースシェーダーエディタ「ShaderFX」用の物理ベースシェーダーファイルが公開!

Maya用の物理ベースCGFXシェーダー「TGA Physically Based Shader 」や「KoddeShader v2.0」でお馴染みKodde氏から、Mayaのノードベースシェーダーエディタ「ShaderFX」用の物理ベースシェーダー「ShaderFX TGA PBL shader」がリリースされています。


PR

Mayaで始めるゲーム用ローポリキャラモデル


ShaderFX TGA PBL shaderの特徴
  • 現実的なマテリアルベースのフレネル変化及び鏡面反射性や反射
  • サブスタンス(材質)テクスチャはマテリアルがどのように反射するかについて模倣し光を屈折させる(他のPBRでいうとメタルネス)
  • ラフネス(粗さ)テクスチャはマテリアルの表面構造の滑らかさ/粗さを定義する
  • 反射やアンビエントライティング用のキューブマップを介してイメージベースのライティング
  • キューブマップのボカしたミップレベルを用いて反射の粗さをシャープさを制御
  • リニアシェーディングパイプライン。アルベド・ラフネス・サブスタンス・アンビエントオクリュージョン・キューブマップはリニアに変換される
  • アルベドテクスチャのアルファチャンネルを通じて透明性をサポートします
  • ダイレクトライト&アンビエントライトの為の光量の省エネルギー
  • いくつかのサブスタンスの値だけでなく、バンドルされたキューブマップ用の色見本との同梱のチャートシート画像で開始してください
  • オプションのブレンド法線は、オプションマスクテクスチャと一緒に皮膚レベルSSS-効果のための照明方法を拡散する。
  • ディレクショナルライトとスポットライトには影が表示
  • ビューポート内のマヤのネイティブのライトのユーザー定義された量
  • Mayaでビューポート2.0を介してのSSAOとMSAA
  • 露出やガンマは、より良い全体的なコントラストのためのMaya2015 extensions1でビューポートで微調整できる
今後の改善のためのアイデア
  • はじめにシェーダを使用するためのチュートリアルビデオ
  • エミッシブ(発光)をシミュレートするためのエミッシブテクスチャ
  • マルチパス·モードは、透明な表面上の反射が材料のようにガラスを模倣するために取得します
  • DX11テッセレーションと変位
  • 頂点カラー着色
  • ブレンドされた法線以外のSSS近似のいくつかの種類(?)。たぶん、このような何か?
動作条件
  • Maya 2015 Service Pack3以降。レンダリングエンジンとしてのDirectXを使用して実行
  • Maya 2015 LT , Maya 2014 LT  動作未確認だがShaderFXをサポートしているからいける?
  • 3Dスタジオマックス2015 動作未確認だがShaderFXをサポートしているからいける?
Mayaでの使用方法
  1. ShaderFX マテリアルをオブジェクトに適用
  2. マテリアルのアトリビュートエディタからShaderFXエディタを起動
  3. ファイル > グラフのインポート でSFXファイルを読み込む
  4. ShaderFXエディタを閉じ、アトリビュートエディタからシェーダーのアトリビュートを参照
  5. TIP:Melコマンド “shaderfx -update”を使用する事で、シェーダーの全てのテクスチャをリフレッシュする事が可能
  6. TIP:.sfxファイルを“startup.sfx”にリネームし“Documents\maya\ShaderFX\ Scenes”.に置くことで、デフォルトのShaderFXマテリアルとして使用可能

ShaderFX版となることで、VP2.0のポスト処理が付加出来るようになったのは嬉しいですねぇ。
(CGFXシェーダー時代は、Mayaのビューポート2.0とは別枠の挙動でしたから・・・。

Kodde氏の用意したブラー情報入りCubemapデータ”Kodde’s HDRLabs.com sIBL archive cube map pack”も合わせてダウンロードし活用下さい!
Kodde’s HDRLabs.com sIBL archive cube map packpreviewSheet

ShaderFX使いの方は今直ぐダウンロード!!!
kostas.se » ShaderFX TGA PBL shader
Screenshot of www.kostas.se

PR


関連記事

  1. 楽しい!Unityシェーダーお絵描き入門! - シェ...

    2018-04-12

  2. Hinomaru for Mobile - ノンフォ...

    2014-10-01

  3. EnoguToon for Maya - 神崎航氏に...

    2018-10-04

  4. Shadertoy - ブラウザ上でリアルタイムシェ...

    2013-09-19

コメントをお待ちしております

日本語が含まれない投稿は無視されます。-Posts that do not include the Japanese will be ignored-(スパム対策-anti Spam-)

3D人について

3D/2D/CG関連のネタ・ツール情報をほぼ毎日紹介!掲載してほしい情報、ツール検証依頼などありましたら、メッセージボックス、Twitter、Facebook、LINEからご連絡お願いします!

おすすめ商品Pickup

PR


スポンサー

注目の記事

PR

クリークスタジオ

Flying Ship Studio


Luminous Productions







アーカイブ

カテゴリー

スポンサー

おすすめ記事