AnimationCafe

シェーダー中心の総合学習Blenderプラネット講座Vol.1 - うめちゃん氏...

Blenderの学習コンテンツでお馴染み、うめちゃん氏による、Blender初心者の為のシェーダー入門チュートリアル『シェーダー中心の総合学習Blenderプラネット講座Vol.1』がCG&デジタルアート学習オンラインプラットフォーム「WINGFOX」にて取り扱い開始されました!

  • 0
  • 0
  • 0
続きを読む

Skinned Decal Component V2 - お手軽にスケルタルメッ...

シニアテクニカルアーティストでソフトウェア開発者のEddie Ataberk氏による「Skinned Decal Component V2」のご紹介。ゲーム中にお手軽にスケルタルメッシュへデカールを貼り付けられるUE用プラグインです。

  • 6
  • 0
  • 0
続きを読む

CGキャラクター制作の秘訣 - 現役キャラクターモデラー 江原 徹氏による完成デ...

現役キャラクターモデラー 江原 徹氏による、CGキャラクター制作に関する解説本『CGキャラクター制作の秘訣』がボーンデジタルから2022年6月22日に発売されます。完成データも付いているそうですよ!

  • 24
  • 0
  • 0
続きを読む

OpenToonz Morevna Edition 1.4.0 - 無料でオープ...

Morevna Projectによる、無料でオープンソースの2Dアニメーション作成ソフト「OpenToonz」に追加機能を加えた特別な派生バージョン「OpenToonz Morevna Editio…

  • 25
  • 0
  • 1
続きを読む

Rumba Animation Workflow - 新3Dアニメーションソフト...

レンダラーGuerilla Render なども手掛けるMercenaries Engineeringによる3Dアニメーション制作ソフト「Rumba」を活用し、8秒のキャラクターアニメーションを7時間で制作するタイムラプス&解説映像が公開されています。

  • 50
  • 0
  • 0
続きを読む

Maya、3ds Max のインディー版 | AREA JAPAN | Autodesk

Stylized Rendering and Compositing in UE4 - Unreal Engine上で合成!スタイライズドリアルタイムレンダリング!3D感を感じない猿の動きにも注目!

アニメーターでテクニカルディレクターであるRaf Anzovinが手掛けた猿のアニメーションシーン。これUnreal Engine 4上でコンポジットしているそうですよ!


プロモーション

ドラゴンクエストXII | タイトル | 中途採用 | SQUARE ENIX -RECRUTING-


エディター作業の様子

完成したショット

Mayaでレンダリングされ、After Effectsで合成された元のショット

ベトナムのVintata Animation StudioのNPRレンダリングとスタイライズド化されたアニメーションのテスト。Jeet DzungとTa Lan Hanhによるバックグラウンド、Chris Perryによるプロデュース。Dimitriy Kalininによるキャラクターのスカルプト。

とても気持ち良い仕上がりですね。
コンポジット周りの解説もこちらのページにアップされております。
Skunk Works — Just to do Something Bad

この要素をUnreal Engineでどう再現するかという考え方で進めたとか。
コンポジットのフローも気になりましたが、アニメーションの方もどうなっているのか気になりますよね…

2017年公開のこちらの解説記事もチェックしてみてください。
How do we inbetween? — Just to do Something Bad

この猿のアニメーションにこのテクニックがどこまで使用されているのかは不明ですが、
Raf Anzovin氏によるこちらのSIGGRAPH 2019プレゼンテーション映像は未チェックだったので、色々と興味がわきましたよ。

SIGGRAPH 2019:「エフェメラル」リギン​​グによる高速で補間不要のキャラクターアニメーション

キーフレームと従来の階層的リギングの両方を回避する代替のCGキャラクターアニメーション手法を紹介します。プライマリリグコントロールには階層または組み込みの動作がありません。代わりに、アニメータは必要に応じて「一時的な」リグの動作を要求します。このシステムは、キーフレームを私たちが知っているように削除し、離散的なポーズやインビトウィーニングツールに置き換えることで、「補間なし」のアニメーションを容易にします。

Cascadeurのような物理挙動を考慮したツールなどが出てきた事で、リアルな動きというのは比較的作りやすくなってきたのかと思いますが、こういう強調されたアニメーションを作る際には、まだまだアニメーターのテクニックや独自のツール拡張が必要だなぁと感じた次第です。


プロモーション

CREATIVE ACADEMY



関連記事

  1. Zenobia The Dreamworld - Unreal Engine 4でリアルタイムレンダリング!Erasmus Brosdau氏のアニメーションシリーズ最新映像

    2020-07-30

  2. K/DA - MORE - 「League of Legends(リーグオブレジェンド)」のバーチャルポップグループ新曲PVが公開!

    2020-11-13

  3. 目元の動きで多彩な表情を見せるロボット!藤堂高行氏によるアニマトロニクス映像が話題に!

    2018-02-22

  4. UE4 Archviz / Lighting 3&4 - 新作映像追加!Unreal Engine 4で制作された美しい建築ビジュアライゼーション!

    2014-08-19

コメントをお待ちしています。

コメント

日本語が含まれない投稿は無視されます。-Posts that do not include the Japanese will be ignored-(スパム対策-anti Spam-)

3D人-3dnchu-

3D/2D/CG関連のネタ・ツール情報を
ほぼ毎日紹介します!

アーカイブ

カテゴリ

おすすめ商品Pickup

注目の記事

PR

育成講座

採用 | 3DCGアーティスト&テクニカルアーティスト大募集 | 株式会社Cygames



Curo Inc.

『テイルズ オブ』開発メンバー募集中! - RECRUITING NEWS | RECRUIT | バンダイナムコスタジオ公式サイト

ほしい物リスト公開中!
3D人運営に援助していただけると嬉しいです。
Amazonでリストを見る

Discordチャンネル公開

pixivFUNBOXページ公開!

LINEアカウント作りました!
友だち追加

follow us in feedly



 RSSリーダーで購読する

おすすめ商品Pickup




おすすめ記事

PR


ページ上部へ戻る