GameReadySkelton - ワンクリックでUE4やUnity(VRCh...

M'sLab. なぐらい氏による、ワンクリックでUE4やUnity(VRChat)対応のスケルトンテンプレートを呼び出すことができるBlender 2.8向けアドオン「GameReadySkelton」がBOOTHサイトにて販売開始されました。

  • 50
  • 4
  • 2
続きを読む

Fractal Shader for UE4 - Pavel Ksenofont...

テクニカルアーティスト・インディゲーム開発者であるPavel Ksenofontov氏がフラクタルシェーダーなどのUnreal Engine 4向けアセットを幾つか無償公開されております。

  • 35
  • 1
  • 1
続きを読む

Blender Terrain - 地図データから渓谷のシーンを素早く制作するB...

Blender用のチュートリアルコンテンツに特化したYoutubeチャンネル「blenderBinge」による地図データを元に作る渓谷のシーンのクイックチュートリアル動画「Blender Terrain - Quick Pre-vis Canyon Desert Environment in EEVEE (and Cycles) [Blender 2.8]」が公開されております。

  • 96
  • 37
  • 3
続きを読む

CORPORATE MONSTER - 街中に潜むモンスター!ルアイリ・ロビンソ...

先日ティザーが公開された、アイルランドの映画監督、ルアイリ・ロビンソン(Ruairi Robinson)氏によるショートフィルム『Corporate Monster』の本編映像が公開されました。

  • 11
  • 5
  • 0
続きを読む

PPixel(ピクセル) - ポリゴン・ピクチュアズがNPR表現に特化したレンダ...

『GODZILLA 怪獣惑星』や『シドニアの騎士』『BLAME!』などを手掛けた事でもおなじみのアニメスタジオ「ポリゴン・ピクチュアズ」がNPR(ノンフォトリアリスティックレンダリング)表現に特化したレンダリングソフトウェア「PPixel(ピクセル)」 の開発を発表しました!

  • 43
  • 84
  • 2
続きを読む

SubstanceDesigner FX-Mapテクニカル本 - カスタムノードで表現の幅を広げよう!PKY氏による新技術書がBOOTHにてリリース!!

PKY氏による「SubstanceDesigner FX-Mapテクニカル本」(電子書籍/PDF)がboothからリリース!


PR

美大生がMayaで描く背景映像の世界 オンデマンド配信


この本は、SubstanceDesignerの使い方がある程度分かっている方で、FX-Mapノードの使い方が分からず、取っ掛かりが欲しい方へ向けたSubstanceDesigner FX-Mapの入門書となります。

Chapter1で、FX-Mapの使い方の基本的な部分、Chapter2では10個のカスタムノードの作例を通してFX-Mapの様々な使い方を解説しております。

また、SubstanceDesignerのごく基本的な使い方や関数の設定方法の詳細など、諸々は説明しておりませんので、初心者向けの本では決してありません。
その点、ご注意ください。

SubstanceDesignerの基本的な使い方や関数の設定方法などは、著者の別の書籍、【背景アーティストの為のSubstanceDesignerマテリアルデザイン入門】にて書いていますので、基本的な部分から学びたい方はそちらを参考にしてください。
https://pky.booth.pm/items/945107

10個の作例は、SubstanceDesignerのカスタムノード集
【PKY CustomNodes vol.1】となっております。

データ形式
  • PDF形式の電子書籍
  • 全141ページ
想定しているユーザー
  • SubstanceDesignerを使っていくつかのマテリアルを作った事がある方
  • SubstanceDesignerの操作はある程度理解している方
  • 簡単な関数グラフをある程度組んだ経験のある方
  • FX-Mapを使って独自のカスタムノードを作成してみたい方
目次

●Chapter1 FX-Mapの基本
・Chapter1-1. FX-Mapとはどんなノード?
・Chapter1-2. クワドラントノード
・Chapter1-3. 反復ノード
・Chapter1-4. 切り替えノード
・Chapter1-5. システム変数
・Chapter1-6. 関数ノード
・Tips. FX-Mapの粗さパラメータについて

●Chapter2 FX-Mapを使った作例
・Chapter2-1. マテリアルアトラス(PKY_MaterialAtlas)
・Chapter2-2. ノイズの細分化 (PKY_NoiseSubdivide)
・Chapter2-3. シェルピンスキーギャスケット (PKY_SelphinskiGasket)
・Chaptre2-4. シェルピンスキーカーペット (PKY_SelphinskiCarpet)
・Chapter2-5. 雑草ジェネレータ(PKY_WeedGenerator)
・Chapter2-6. スキャッター (PKY_Scatter)
・Chapter2-7. アルキメデスの螺旋 (PKY_SpiralScatter)
・Chapter2-8. 疑似Extrude (PKY_Extrude)
・Chapter2-9. ブロックノイズ (PKY_BlockGenerator)
・Chapter2-10. フィボナッチ配置 (PKY_Fibonacci)
Tips. SubstanceFunction作成方法
Tips. 学習方法について

本書の使用ソフトバージョン

SubstanceDesigner2018.1.2build1265
※日本語UIで使用していますので、キャプチャ画像も日本語UIとなります。

作例のサンプル動画 PKY CustomNodes vol.1 ~part1~
作例のサンプル動画 PKY CustomNodes vol.1 ~part2~
付属ダウンロードデータ(Sbs)

10個のカスタムノード集
PKY CustomNodes vol.1が付属します。

・マテリアルアトラス(PKY_MaterialAtlas)
・ノイズの細分化 (PKY_NoiseSubdivide)
・シェルピンスキーギャスケット (PKY_SelphinskiGasket)
・シェルピンスキーカーペット (PKY_SelphinskiCarpet)
・雑草ジェネレータ(PKY_WeedGenerator)
・スキャッター (PKY_Scatter)
・螺旋スキャッター (PKY_SpiralScatter)
・疑似Extrude (PKY_Extrude)
・ブロックノイズ (PKY_BlockGenerator)
・フィボナッチ配置 (PKY_Fibonacci)

zipには、各カスタムノードのsbsファイルと、ノードのアイコン用のpng画像が入っています。

SubstanceDesigner2018.1.2build1265で作成したsbsファイルとなります。
★古いバージョンでは読み込むことが出来ませんのでご注意ください★

付録データの使用許諾範囲

付録データはすべて、本書の学習において理解を深める為にご利用いただくことを目的としています。
著作権は、データ制作者が有しており、有償無償に関わらず、第三者に配布することはできません。
商用利用することも認められません、学習目的や個人作品などでの個人利用としてください。

もしも、商業用製品などで利用したい場合は、商用利用可能となる利用権の別商品、
【PKY C ustomNodes v ol.1商用利用権】をお求めください。
※準備中※

価格は¥ 2,500
Substance Designer使用者はおさえておきたい1冊ですね。

参考リンク

SubstanceDesigner FX-Mapテクニカル本 – pky – BOOTH(同人誌通販・ダウンロード)
背景アーティストのためのSubstanceDesignerマテリアルデザイン入門 – pky – BOOTH(同人誌通販・ダウンロード)
PKY(@pky_blog)さん | Twitter
PKY . Artstation
pky’s creativelog


PR


関連記事

  1. 『The Art of アナと雪の女王』特設サイトオ...

    2014-12-15

  2. Autodesk Fusion 360 Sculpt...

    2017-07-29

  3. CGWORLD 2016年10月号 vol.218 ...

    2016-09-08

  4. CGWORLD 2014年12月号 vol.196 ...

    2014-11-06

コメントをお待ちしております

日本語が含まれない投稿は無視されます。-Posts that do not include the Japanese will be ignored-(スパム対策-anti Spam-)

3D人について

3D/2D/CG関連のネタ・ツール情報をほぼ毎日紹介!掲載してほしい情報、ツール検証依頼などありましたら、メッセージボックス、Twitter、Facebook、LINEからご連絡お願いします!

おしらせ

LINEアカウント作りました!
友だち追加
follow us in feedly

 RSSリーダーで購読する

おすすめ商品Pickup