Unreal Engine Model Viewer - HTML5にも対応した...

Playground Gamesのテクニカルアーティスト Dan Upton氏による、SketchfabやMarmoset Toolbagライクなモデルビューアーを作成できるUE4プロジェクト!ArtstationとGumroadにて販売中!

  • 0
  • 0
  • 0
続きを読む

Random RPG City Map Generator - Substanc...

Marcus Johnston氏による、Substance Designerで作成されたRPG都市の地図ジェネレータ!無料版もあります!

  • 1
  • 0
  • 0
続きを読む

Godot Engine 3.1 - オープンソースの2D/3Dゲームエンジン!...

クロスプラットフォームかつオープンソース(MITライセンス)の2D/3Dゲームエンジンである「Godot Engine」のバージョン3.1がリリースされました。

  • 33
  • 8
  • 1
続きを読む

Speedflow - モデリング作業を大幅に効率化できるアドオン!Blende...

フリーランス3DアーティストPitiwazouことCédric Lepiller氏によるBlenderのモデリング作業を大幅に効率化できるアドオン「Speedflow」がBlender 2.8ベータ版に対応されました!

  • 49
  • 11
  • 1
続きを読む

最新のAI技術で、お絵描きがさらに楽しく!  - CLIP STUDIOのAI活...

イラスト作成ソフトとして断固たる地位を築きつつある「CLIP STUDIO PAINT」のAIを使った機能「自動彩色」「ポーズスキャナー」紹介映像が公開されております。

  • 18
  • 16
  • 0
続きを読む

Volume to mesh workflows - バトルフィールド1で採用されたボリュームをメッシュにして活用するHoudiniフロー!SideFXによるGDC2017プレゼン!

「バトルフィールド1」で採用されたボリュームをメッシュにして活用するHoudiniを使ったフロー!SideFXによるGDC2017ブースでのプレゼン映像が公開されております。


PR

第1回:シーン制作するための準備 キャラクター・背景編 | MotionBuilderでカットシーン制作 | AREA JAPAN


SideFX GDC 2017 booth presentation: Volume to mesh workflows used in Battlefield 1

プロシージャルなメッシュ生成技術は大規模タイトルの開発で必須になってきた印象です、、
やべぇなぁ

関連リンク

関連記事

  1. Sakaki Kaoru 3Dプリント用デフォルメキ...

    2017-07-12

  2. Visutor - 基礎から応用まで!海外で活躍中の...

    2016-10-11

  3. Unreal Fes Osaka 2016 Pres...

    2016-05-24

  4. Unreal Engine 4 レンダリングフロー総...

    2016-09-08

コメントをお待ちしております

日本語が含まれない投稿は無視されます。-Posts that do not include the Japanese will be ignored-(スパム対策-anti Spam-)

3D人について

3D/2D/CG関連のネタ・ツール情報をほぼ毎日紹介!掲載してほしい情報、ツール検証依頼などありましたら、メッセージボックス、ツイッターもしくはFacebookのメッセージからどうぞ!

Google Translate

おしらせ

沢山のメッセージありがとうございます!!記事掲載に関しては随時対応していきますので、何卒宜しくお願い致します。
友だち追加
follow us in feedly

 RSSリーダーで購読する

おすすめ商品Pickup

PR


スポンサー

注目の記事

PR

キャリア相談会

Flying Ship Studio







Categories

アーカイブ

スポンサー

おすすめ記事