Transformers One Official Trailer - 3DCG...

若きオプティマスプライムとメガトロンが登場しサイバトロン星の戦いを描く3DCGアニメーション映画『Transformers One(邦題:トランスフォーマー/ONE)』のトレーラーが公開されました!監督は『トイ・ストーリー4』を手掛けたジョシュ・クーリー氏とのこと。

続きを読む

上手いエフェクトアーティストのエッセンス~ソフトウェアに依存しない上手いアーティ...

Scanline VFXのVFXスーパーバイザーでCGディレクターの坂口 亮氏によるオンライン講座『上手いエフェクトアーティストのエッセンス~ソフトウェアに依存しない上手いアーティストに共通しているロジック~』がCGWORLD Online Tutorialsにて2024年4月22日(月)に開催予定です!

続きを読む

Abd0W0 Stitchy Gen - 選択したエッジに簡単にステッチメッシュ...

abd0w0氏によるお手軽ステッチ追加Blenderアドオン『Abd0W0 Stitchy Gen』がリリースされました!

続きを読む

Simply Stitch v1.0 - ストロークやメッシュ形状からステッチや...

Blender向けに多くの便利アドオンを開発しているVjaceslav Tissen氏とWolfgang Tellによる新アドオン「Simply Stitch」がリリース!簡単にステッチや刺繍を追加可能です!

続きを読む

Ministry of Flat v3.7.2 - 『Cinema 4D 』にも...

Eskil Steenberg氏によるUV展開ツールの最新バージョン『Ministry of Flat v3.7.2』がウェブサイト上で無料公開されています!

続きを読む

Maya 2024 | 製品概要と購入 | Autodesk 公式

BtoA 0.4.5 - 非公式のBlender向けArnoldレンダラーオープンソースアドオン!Blender 3.x対応の最新版がリリース!

この記事は約2分22秒で読めます

Blender向けの非公式なArnoldレンダラーアドオン「BtoA 0.4.5」がリリースされました!Blender 3X系に対応した最初のバージョンです。


プロモーション

求人情報検索 | CG・映像の専門情報サイト | CGWORLD.jp


Arnold for Blender (BtoA)

Arnold for Blender (BtoA) はコミュニティによって開発された Arnold レンダラー用の Blender アドオンです。BtoAは非公式なプロジェクトであり、AutodeskやArnoldとは関係がありません。

  • Windows、macOS、Linuxで利用可能
  • Blender 2.83 LTS以降に対応(Blender 3にも対応!)。
  • Arnold SDK 7.1.2.0またはそれ以上が必要です。
アートディレクターのAlexeyAdamitsky氏による作品
シリーズの最後を飾るのは、ダイナミックでどのように見えるかの小さなビデオクリップです。Houdiniで設定し、ArnoldでレンダリングするためにBlenderを持ち込む方法を理解するのに時間がかかりました。しかし、最終的には、HoudiniとBlenderでリアルな物理インタラクションとアニメーションを作成する新しいスキルを学ぶことができ、その甲斐がありました。
https://www.instagram.com/p/CYjiXP7J3ND/

Luna Digital では、現在、ほぼすべてのプロジェクトでBtoAを使用しています。元々は小規模なプロジェクトでImage EngineのGaffer を置き換えるためのものでしたが、現在では製品レンダー、マーケティングビデオ、インディーズ長編映画やショートフィルムのVFXなど、あらゆる種類の仕事に使っています。まだ、MtoA(Arnold for Maya)のような他のArnoldプラグインと100%の機能パリティはありませんが、私たちは順調に、そのベンチマークに近づいています。

BtoA 0.4.5

これは0.4.xアルファ版のバグフィックスリリースで、以下のような新機能と修正があります。

  • Arnold 7 のサポート強化
  • Blender 3.x のサポート
  • IPR の性能向上とバグ修正
  • レンダーレイヤーの「間接」「ホールドアウト」フラグのサポート
  • イメージへのチャンネル毎のアクセス
  • 物理的な空のためのベクトルコントローラ
  • 新しいノードなどを含むArnoldシェーダのノードグラフの更新

Arnold SDKは公式サイトから無料でダウンロードできます(Autodeskアカウントの作成は必要)
導入手順はこちらをご確認ください。

うまく導入できると、レンダーエンジンからArnoldが選択可能になります。

私の環境だとBlender 3.2ではマテリアルのパラメータがまともに触れなかったり、頻繁にクラッシュしちゃいました。
2.8LTSではひとまず動作確認できました。ウォーターマークなしでレンダリングするには、オートデスクのウェブサイトから月単位、四半期単位、年単位でライセンスサブスクリプションを購入する必要がありますのでご注意ください。

2022年7月時点のライセンス参考

気になる方、是非チェックしてみてください!

リンク


プロモーション


関連記事

  1. VDBLab 1.0 - お手軽破壊アドオンでお馴染みRBDLab StudioによるBlender用のお手軽爆発エフェクト作成アドオンがリリース!

    2023-01-25

  2. speedCut - Mayaで非破壊ブーリアンワークフローを実現するスクリプト!無料ダウンロード可能!

    2019-08-19

  3. Population - モーキャプアニメーション付きの高精細3Dスキャン人物モデルを手軽に扱える群衆シミュレーションBlenderアドオンが登場!無料版もあるよ!

    2023-08-10

  4. NGon Loop Select - NGon構成のメッシュでも良い感じにループ選択できるアドオン!無料公開!

    2022-02-28

コメントをお待ちしています。

コメント

日本語が含まれない投稿は無視されます。-Posts that do not include the Japanese will be ignored-(スパム対策-anti Spam-)

3D人-3dnchu-

2023/4/3 新サーバーへ移行しました!
3D/2D/VR/GAME/AIなどのCGに関連する
気になる情報やツールをほぼ毎日紹介!
TwitterやYoutubeなども是非フォロー
よろしくお願いします!

アーカイブ

カテゴリ

おすすめ商品Pickup

注目の記事

PR


PR


採用 | 3DCGアーティスト&テクニカルアーティスト大募集 | 株式会社Cygames

ネットで学べる3DCG講座 MAYA 3dsMax |デジハリ・オンラインスクール

   
USD
3D人のLINEアカウントを作りました!
友だち追加


follow us in feedly

RSSリーダーで購読する


ほしい物リスト公開中!
3D人運営に援助!
Amazonでリストを見る

Discordチャンネル公開

pixivFUNBOXページ公開!




おすすめ商品Pickup

おすすめ記事

ページ上部へ戻る