AnimationCafe

Create a Gothic Hallway in the Style of ...

シニアEnvironmentアーティストのArthur Abeen氏による、主要CGツールやUE5を使用しダークソウルライクな背景を構築する解説チュートリアルコース『Create a Gothic Hallway in the Style of Dark Souls in UE5』がCG&デジタルアート学習オンラインプラットフォーム「WINGFOX」にて取り扱い開始されました!

  • 0
  • 0
  • 0
続きを読む

Hextile UE Custom Shader HLSL - Ubisoftの...

UBIsoftのテクニカルアーティスト Mohsen Tabasi氏がUEのHLSL カスタムシェーダーでHextileを構築したプロジェクトをGithubで公開しています。

  • 22
  • 0
  • 0
続きを読む

Wiggle - Geometry Nodesで構築されたランダムな揺れ・振動を...

Liu Ran氏によるGeometry Nodesで構築された小刻みな動きを手軽に設定できる無料のBlender 3.X向けアドオン「Wiggle」が公開されています。

  • 17
  • 0
  • 1
続きを読む

Houdini 19.5 - SideFXのプロシージャル3Dソフトウェア!最新...

SideFX は、プロシージャル3Dソフトウェア「Houdini 19.5」のリリースを発表!2022年7月20日(現地時間)よりダウンロード可能になりました。

  • 11
  • 0
  • 0
続きを読む

ゼロから始めるHoudini - SideFXの中の人である「さつき先生」による...

SideFXの中の人となったさつき先生による、Houdini 19.5の日本語チュートリアルシリーズ「ゼロから始めるHoudini」が2022年7月27日からYoutube上で公開し始めていました。

  • 15
  • 0
  • 0
続きを読む

Maya、3ds Max のインディー版 | AREA JAPAN | Autodesk

BtoA 0.4.5 - 非公式のBlender向けArnoldレンダラーオープンソースアドオン!Blender 3.x対応の最新版がリリース!

この記事は約2分22秒で読めます

Blender向けの非公式なArnoldレンダラーアドオン「BtoA 0.4.5」がリリースされました!Blender 3X系に対応した最初のバージョンです。


プロモーション

採用イベント情報 | 中途採用 SQUARE ENIX -RECRUITING-


Arnold for Blender (BtoA)

Arnold for Blender (BtoA) はコミュニティによって開発された Arnold レンダラー用の Blender アドオンです。BtoAは非公式なプロジェクトであり、AutodeskやArnoldとは関係がありません。

  • Windows、macOS、Linuxで利用可能
  • Blender 2.83 LTS以降に対応(Blender 3にも対応!)。
  • Arnold SDK 7.1.2.0またはそれ以上が必要です。
アートディレクターのAlexeyAdamitsky氏による作品
シリーズの最後を飾るのは、ダイナミックでどのように見えるかの小さなビデオクリップです。Houdiniで設定し、ArnoldでレンダリングするためにBlenderを持ち込む方法を理解するのに時間がかかりました。しかし、最終的には、HoudiniとBlenderでリアルな物理インタラクションとアニメーションを作成する新しいスキルを学ぶことができ、その甲斐がありました。
https://www.instagram.com/p/CYjiXP7J3ND/

Luna Digital では、現在、ほぼすべてのプロジェクトでBtoAを使用しています。元々は小規模なプロジェクトでImage EngineのGaffer を置き換えるためのものでしたが、現在では製品レンダー、マーケティングビデオ、インディーズ長編映画やショートフィルムのVFXなど、あらゆる種類の仕事に使っています。まだ、MtoA(Arnold for Maya)のような他のArnoldプラグインと100%の機能パリティはありませんが、私たちは順調に、そのベンチマークに近づいています。

BtoA 0.4.5

これは0.4.xアルファ版のバグフィックスリリースで、以下のような新機能と修正があります。

  • Arnold 7 のサポート強化
  • Blender 3.x のサポート
  • IPR の性能向上とバグ修正
  • レンダーレイヤーの「間接」「ホールドアウト」フラグのサポート
  • イメージへのチャンネル毎のアクセス
  • 物理的な空のためのベクトルコントローラ
  • 新しいノードなどを含むArnoldシェーダのノードグラフの更新

Arnold SDKは公式サイトから無料でダウンロードできます(Autodeskアカウントの作成は必要)
導入手順はこちらをご確認ください。

うまく導入できると、レンダーエンジンからArnoldが選択可能になります。

私の環境だとBlender 3.2ではマテリアルのパラメータがまともに触れなかったり、頻繁にクラッシュしちゃいました。
2.8LTSではひとまず動作確認できました。ウォーターマークなしでレンダリングするには、オートデスクのウェブサイトから月単位、四半期単位、年単位でライセンスサブスクリプションを購入する必要がありますのでご注意ください。

2022年7月時点のライセンス参考

気になる方、是非チェックしてみてください!

リンク


プロモーション

CREATIVE ACADEMY



関連記事

  1. Startup Scene Comment for Maya - Mayaシーンを開いたときに自動で開くコメントを残せる無料スクリプト

    2021-02-23

  2. Hacker 1.2 - Blender向けツール開発を補助してくれる多機能IDEアドオン!新バージョン

    2020-11-20

  3. Fluent 1.5 - Blender用の直感操作ハードサーフェスモデリングアドオンがアップデート!布パネルとケーブル重力シミュレーション機能等を搭載!

    2020-11-06

  4. Human Generator V2 - Blender向けリアル3D人体生成アドオン新バージョン!フェイスリグや多彩なカスタマイズオプション、カスタムコンテンツを作成するためのツールなどを追加!

    2021-07-15

コメントをお待ちしています。

コメント

日本語が含まれない投稿は無視されます。-Posts that do not include the Japanese will be ignored-(スパム対策-anti Spam-)

3D人-3dnchu-

3D/2D/CG関連のネタ・ツール情報を
ほぼ毎日紹介します!

アーカイブ

カテゴリ

おすすめ商品Pickup

注目の記事

PR

オンライン採用イベント

採用 | 3DCGアーティスト&テクニカルアーティスト大募集 | 株式会社Cygames



Curo Inc.

『テイルズ オブ』開発メンバー募集中! - RECRUITING NEWS | RECRUIT | バンダイナムコスタジオ公式サイト

ほしい物リスト公開中!
3D人運営に援助していただけると嬉しいです。
Amazonでリストを見る

Discordチャンネル公開

pixivFUNBOXページ公開!

LINEアカウント作りました!
友だち追加

follow us in feedly



 RSSリーダーで購読する




おすすめ商品Pickup

おすすめ記事

PR


ページ上部へ戻る