Mayaリギング 改訂版 正しいキャラクターリグの作り方 - レビュー高評価なM...

Maya向けリギング解説本の改訂版「Mayaリギング 改訂版 正しいキャラクターリグの作り方」が3月にリリースされますよ!2013年に発売された旧版のAmazonレビューも好評です。

続きを読む

Top 7 Digital Painting Mistakes - デジタルペイ...

数々のドローイングチュートリアル動画でお馴染み、ProkoのYoutubeチャンネルにて、デジタルペインティングにおける7つの間違いを紹介した動画「Top 7[...]

続きを読む

Maya Config Addon For Blender 2.8 - 引っ越し...

Blender 2.8 向けMayaキー設定で話題となったFORMAFFINITY氏によるBlender Maya化支援ツールセット「Maya Config Addon」の Blender 2.8 対応板が公開されました。

続きを読む

Maya Keyframe Reduction - Maya用のキーフレーム削減...

Robert Joosten氏による、Maya用のキーフレーム削減ツール!Gumroadにて無償公開!

続きを読む

Character Customization - UE4用の人物キャラクターカ...

CodeSpartanによるUE4向けのリアルなキャラクターカスタマイズアセットの男性版がリリースされました!女性版は昨年リリース済みです。

続きを読む

CRTify - CRT風なレトロディスプレイ表現をお手軽追加!UE4向けプラグイン!

ユニークなUE4向けアセットを販売している「Gameapp Maker Co.」によるUE4向けプラグイン!「CRTify」。レトロディスプレイ表現をお手軽追加!


PR

第1回:シーン制作するための準備 キャラクター・背景編 | MotionBuilderでカットシーン制作 | AREA JAPAN


CRTify – The Retro Display Hardware Generator

緑色のサブピクセルを少し下げて、特定の非対称トライアッドレイアウトを使用して、640×480解像度でPCモニタスタイルの円形シャドウマスクを使用したいですか?または、あなたの古いTrinitronのようなアパーチャグリルが持っていたでしょうか?あなたは信憑性のために頑張っていますか?そして、NTSC標準のピクセルは、それが広いよりも大きくなければならないと主張していますか?それが何を意味するのか分からず、あなたが理解していないいくつかのマテリアルを叩きたいので、あなたのレトロゲームはより本物に見えますか?私たちはあなたをカバーしてきました。

サブピクセルはSubstanceアーカイブを使用して生成されます(サブジェクトデザイナーを使用する必要はありません)。これにより、外観上の手続き上の柔軟性が得られますが、静的テクスチャのパフォーマンス、互換性、およびミップマップが得られます。

付属の素材は、台形やピンクッションのような古典的な調整ノブや、燐光減衰、オーバーシュート、磁気干渉などの多くのアーティファクトもシミュレートします。あなたが理想化され、鋭く、汚れていて、あなたが望むように様式を変えてください。

Google翻訳

レトロ表現の定番!要チェックです。

価格は29.99USドル!
サイトからはWindowsPC上で実行可能なデモもあるので、是非触ってみてください。

関連リンク

関連記事

コメントをお待ちしております

日本語が含まれない投稿は無視されます。-Posts that do not include the Japanese will be ignored-(スパム対策-anti Spam-)

2017.02.21illustrious - セルシェード・アウトライン・ハーフトーン!UE4向けイラスト風ビジュアルエフェクトパック!

2017.02.22Autodesk Games Customer Reel 2017 - オートデスクのゲーム系カスタマーリール2017が公開!

3D人について

3D/2D/CG関連のネタ・ツール情報をほぼ毎日紹介!掲載してほしい情報、ツール検証依頼などありましたら、メッセージボックス、ツイッターもしくはFacebookのメッセージからどうぞ!

おしらせ

沢山のメッセージありがとうございます!!記事掲載に関しては随時対応していきますので、何卒宜しくお願い致します。
友だち追加
follow us in feedly

 RSSリーダーで購読する

おすすめ商品Pickup

PR

キャリア相談会

Flying Ship Studio







Categories

アーカイブ

スポンサー

おすすめ記事

  1. Texture Labs