D5 Render 1.6 - リアルタイムレイトレーシングに重点を置いたレンダ...

DIMENSION 5による、建築ビジュアライゼーション向けのレンダラー 『D5 Render』がバージョン1.6となり正式リリースされました!

  • 0
  • 1
  • 0
続きを読む

Hemisphere Plugin - タイムラプス録画された空と雲で動的ライテ...

以前紹介した、Wouter Weynants氏による『Hemisphere Plugin』が遂に先日リリースされました!現実世界でタイムラプス録画された空・雲素材でライティングが可能なUE4プラグインです。

  • 97
  • 3
  • 1
続きを読む

Unityデザイナーズ・バイブル - UI・モデル・アニメーション・エフェクトな...

デザインに関わるへ向けた、「Unityゲーム プログラミング・バイブル」の姉妹書『Unityデザイナーズ・バイブル』が2020年6月6日に発売されます!

  • 45
  • 3
  • 0
続きを読む

Maya徹底解説(ツール編)格闘技の選手紹介っぽく爽快に解説 - 「HigaCG...

CGモデラー&YouTuberの前東 勇次(Yuji Maehigashi)氏によるYoutubeチャンネル「HigaCGチャンネル」の最新動画が面白かったのでご紹介。

  • 35
  • 3
  • 0
続きを読む

Tycoon for Unreal Engine - 簡単にローラーコースターを...

CGToolsmithによる、Unreal Engineでローラーコースターを簡単に作成可能にしてくれるプラグイン『Tycoon for Unreal Engine』がリリースされました。

  • 26
  • 1
  • 0
続きを読む

Marvelous Designer 8 リリース - 3D衣装作成定番ソフト新バージョン!自動リトポ・スカルプト・UVからの2Dパターン変換が可能に!

3D衣装作成定番ソフト新バージョン「Marvelous Designer 8(マーベラスデザイナー8)」がリリースされました!今回もかなり有効な機能が盛りだくさんです。


PR

Start@Maya〜Maya で 3DCG をはじめよう〜


はてさて、どのような機能が加わるのか、動画と共に紹介いたしますね。

1.リメッシング (ベータ版) Remeshing (beta)

整列された自動リトポロジー(auto retopology)の結果を生成します。

まってました!って感じ。
このMayaスクリプト、使わなくて済みそう?

2. スカルプト (Sculpt)

ブラシを使用し、衣装をスカルプトします。

外部スカルプトツールを経由せずに、MD上で皺を完成させる事が出来そうです。

3. 自動配置点の生成 (Automated Arrangement Point Creation)

アバターのメッシュの長さや幅に合わせて自動で配置点と配置仮想円柱を生成します。

大量生産にうってつけですね。

4. 3D ソーイング(3D Sewing)

3Dビューポート上で直感的にパターンをソーイングします。

きたー!MDを使用している方は待ち望んでいた方も多いのではないでしょうか?
2Dパターンウインドウでのソーイングって、考える手間が一つ多くなるんですよね~

5. 副資材の重量適用(Adjust Trim Weight)

ファスナー、副資材の重量を入力し、副資材による衣装のたるみ具合を表現します。

これもかなり使えそう。

6. UVマップで2Dパターントレース(Trace Patterns with UV Map)

3Dオブジェクトのインポート時に、UVマップから2Dパターンを抽出できます。

こいつぁ・・素晴らしい。
既存のモデルも手軽にMDデータに変換出来そうですね。

個人的には神アップデートな印象。この本読みつつリハビリせねば…

Marvelous Designerのライセンス

  • パーソナル・月間サブスクリプション $50
  • パーソナル・年間サブスクリプション $300
  • パーソナル・永久ライセンス $490
  • エンタープライズ・年間サブスクリプション $1,700
  • エンタープライズ・スタンドアロン永久ライセンス $4,000
  • エンタープライズ・ネットワーク永久ライセンス $6,000

Steam版もあるよ!
「Marvelous Designer 8 For Steam」の配信予定日は11月7日

  • Marvelous Designerのフル機能を使用する事が出来ます。(日本語GUIにも対応)
  • Steamバージョンは個人向けバージョンです。商業組織で使用することはできません。
  • 商業目的で使用することができます。フリーランス向け。
  • Steam版はマイナーアップデートやパッチは提供されるますが、メジャーアップグレードは出来ません。
    Steam版は、公式サイトから購入できる通常の個人向け”永久ライセンス”版よりも多少お安く購入可能です。
    とてもお買い得ですが、Steam版は公式アップグレードプロモーションを適用不能になるように設計されております。
    つまりSteam版のMDユーザーはソフトウェアのメジャーアップグレードを行いたい場合は、新しいバージョンを再度購入する必要があります。
    基本的にSteamのバージョンは永久ライセンス版ベースであり、それはすべての機能が含まれています。

先日紹介したショーリールも貼り付けておきます。

2018 Marvelous Designer New Showreel

さぁさぁ
どんどんマーベラスデザイナーを使って行きましょ~

参考リンク

MarvelousDesigner
Marvelous Designerに関する記事一覧 | 3D人 -3dnchu-


PR


関連記事

  1. Softimage Final Release Announcement - オートデスクSoftimageはバージョン2015が最後!今後の開発終了が正式発表!!!

    2014-03-05

  2. Autodesk Project Miller - あなたの3Dモデルちゃんと印刷できますか?を解決するかもしれない3Dプリントシミュレーションツール!

    2013-10-24

  3. Substance Painter 2017.1 - 年表記になったAllegorithmicの3Dペイントソフト次期バージョン新機能情報&Live配信動画!

    2017-06-22

  4. Quixel サブスクリプションプランの変更!ポイント失効無し!旧ホビープランは商業利用OKプランに!ArchVizプランも追加

    2018-12-11

COMMENT

日本語が含まれない投稿は無視されます。-Posts that do not include the Japanese will be ignored-(スパム対策-anti Spam-)

3D人について

3D/2D/CG関連のネタ・ツール情報をほぼ毎日紹介!掲載してほしい情報、ツール検証依頼などありましたら、メッセージボックス、Twitter、Facebook、LINEからご連絡お願いします!

おすすめ商品Pickup

PR


スポンサー

注目の記事

PR

アーカイブ

カテゴリー

スポンサー

おすすめ記事