AnimationCafe

Mesh Heal - メッシュの欠けた部分を修復してくれる回復系Blender...

Sahin Ersoz氏による、メッシュの欠けた部分を修復してくれる回復系Blenderアドオン「Mesh Heal」がリリースされていました。

  • 0
  • 0
  • 0
続きを読む

ChatGPT - 人生の悩みからプログラムのコードやツールのスクリプトも教えて...

OpenAIが対話形式に最適化されたAI「ChatGPT」のテスト版を公開しました。無料でお試しが可能です。

  • 92
  • 0
  • 2
続きを読む

RealityScan - RealityCaptureとQuixelが共同で開...

RealityCaptureとQuixelが共同で開発したスマホ向けフォトグラメトリーアプリ「RealityScan」がベータ期間を終え正式に公開されました!

  • 77
  • 0
  • 1
続きを読む

Advent Calendar 2022 - 気になる技術系アドベントカレンダー...

毎年恒例お勉強イベント。2022年も気になるアドベントカレンダーのリンクを集めました。みなさんも是非参加しましょう!

  • 15
  • 0
  • 0
続きを読む

Blender 3.5 Alpha geometry-nodes-simulat...

Blenderの先のバージョンである3.5で実装される、Geometry Nodesのシミュレーションノードを追加したブランチビルドが公開され話題になっています!

  • 27
  • 0
  • 0
続きを読む

Maya、3ds Max のインディー版 | AREA JAPAN | Autodesk

MDM: Human Motion Diffusion Model - テキストから人物モーションの生成や合成が可能な技術が登場!

この記事は約2分8秒で読めます

テキストから人物モーションの生成や合成が可能な技術「MDM: Human Motion Diffusion Model」が登場!

2022/10/07 – Githubにてコードが公開されたのでリンクを追加


プロモーション

『ファイナルファンタジーVII』リメイクプロジェクトの3D背景アーティストが語るリメイクのこだわりとは | スクウェア・エニックスで働くストーリー | 中途採用 SQUARE ENIX -RECRUITING-


MDM: Human Motion Diffusion Model

自然で表現力豊かな人間の動きを生成することは、コンピュータ・アニメーションの聖域である。しかし、動きには多様性があり、それに対する人間の知覚的な感度や、正確な描写の難しさから、難しい課題となっています。そのため、現在の生成ソリューションは、低品質であるか、表現力に限界がある。他の領域で既に顕著な生成能力を示している拡散モデルは、その多対多の性質から人間の運動に対する有望な候補であるが、リソースを消費し、制御が困難な傾向がある。本論文では、分類器を用いない拡散ベースの生成モデルを人体運動領域用に慎重に適応させたMotion Diffusion Model (MDM)を紹介する。MDMはモーション生成の文献からの洞察を組み合わせた変換器ベースである。注目すべきデザインチョイスは、各拡散ステップにおいて、ノイズではなく、サンプルを予測することである。これにより、足の接触損失など、運動の位置と速度に関する確立された幾何学的損失の利用が容易になる。我々が示すように、MDMは汎用的なアプローチであり、異なる条件付けのモードや、異なる生成タスクが可能である。我々は、我々のモデルが軽量なリソースで学習可能でありながら、テキストからモーション、アクションからモーションの主要なベンチマークにおいて最先端の結果を達成することを示す。

MDMフレームワークは、様々な条件付けを可能にする汎用的な設計になっている。本発表では、テキストからモーション、アクションからモーション、そして無条件生成の3つのタスクを紹介する。MDMは、多様性と忠実性をトレードオフにする分類器不要の方法で学習し、同じモデルから条件付きと無条件の両方をサンプリングすることが可能である。テキストからモーションへの変換では、HumanML3DおよびKITベンチマークにおいて最先端の結果を達成し、一貫性のあるモーションを生成することができた。また、ユーザ調査の結果、人間の評価者は42%の確率で、生成したモーションを実モーションよりも好むことがわかった。また、Action-to-Motionでは、HumanAct12とUESTCのベンチマークにおいて、MDMはこのタスクのために特別に設計されたにもかかわらず、最先端技術を上回る性能を示した。

論文のみ公開、ソースコードはComming Soonとなっております。2022年10月7日にGithubにてソースコードも公開されました。この技術がどう発展していくのか、とても楽しみです。今後レイアウトなどもテキストで指定出来るようになれば、テキストだけで3Dドラマみたいなものが作れるようになりそうですね。

リンク

Screenshot of guytevet.github.io


プロモーション

C&R Creative Academy – 本気の未経験クリエイター育成プログラム



関連記事

  1. SketchiMo - 新しいモーション作成の形?!関節の軌道を自在に制御するスケッチベースのキャラクターモーション編集技術!

    2016-04-25

  2. Snappers Facial Rig - リアルタイムのシワ表現もお見事!Maya&3dsMax用フェイシャルリグシステムデモ映像!

    2014-05-27

  3. AI Learns to Park - UnityのML-Agentsを使用し自動車の駐車を学習している様子。

    2020-02-05

  4. MyHeritage Deep Nostalgia - ディープラーニングの力で1枚の顔写真からアニメーションを生成出来るサイトが話題! #DeepNostalgia

    2021-03-02

コメントをお待ちしています。

コメント

日本語が含まれない投稿は無視されます。-Posts that do not include the Japanese will be ignored-(スパム対策-anti Spam-)

3D人-3dnchu-

3D/2D/CG関連のネタ・ツール情報を
ほぼ毎日紹介します!

アーカイブ

カテゴリ

おすすめ商品Pickup

PR

育成講座

採用 | 3DCGアーティスト&テクニカルアーティスト大募集 | 株式会社Cygames


12月8日開催!映像匠塾2022 メタバース編 ~進化~その先の未来へ

Curo Inc.

GRASSHOPPER MANUFACTURE

3D人のLINEアカウントを作りました!
友だち追加


follow us in feedly

RSSリーダーで購読する


ほしい物リスト公開中!
3D人運営に援助!
Amazonでリストを見る

Discordチャンネル公開

pixivFUNBOXページ公開!




おすすめ商品Pickup

おすすめ記事

PR