BY-GEN V6 - Blender用ジェネラティブモデリングアドオン新バージ...

私が2019年に衝撃を受けたBlenderアドオンの一つ『BY-GEN』のバージョン6がリリースされました!色々と機能追加されていますよ。

  • 8
  • 1
  • 2
続きを読む

HDRi Maker 2.0 - HDRイメージ作成や3Dモデルとの合成用便利機...

Andrew_D氏によるHDRiを作ったり馴染ませたりする多機能Blenderアドオン「HDRi Make 2.0」がリリースされました。

  • 44
  • 1
  • 1
続きを読む

EbSynth Alpha - 動画を絵画風アニメに変換するツール!アルファ版が...

Secret Weaponsによる、動画を絵画風タッチに変換するツール『EbSynth』のアルファ版がリリース済み!この絵画風タッチを生み出しているのは、チェコ工科大学とAdobe Researchによるスタイル転送技術「Stylizing Video by Example」によるものです(SIGGRAPH 2019論文) 。

  • 38
  • 14
  • 2
続きを読む

Legends of Runeterra Launch Announcement...

Riot Gamesが運営・開発している『Legends of Runeterra (レジェンド・オブ・ルーンテラ)』の発表&ローンチトレーラーが公開!

  • 13
  • 1
  • 0
続きを読む

Deep3d Studio Free 3D Scan Models - ウクライ...

ウクライナを拠点とするフォトグラメトリースタジオ「Deep3d Studio」がスキャンし生成した3Dモデルデータの幾つかをArtstaticon Marketprace上で無償公開しております。

  • 33
  • 4
  • 1
続きを読む

NVIDIA Texture Tools Exporter 2020.1 - あの無料DDSテクスチャ圧縮ツールの最新版が公開!スタンドアロン動作&Photoshopプラグインもあるよ!

ゲーム開発などではお馴染みのDDS圧縮、昔はNVIDIAのテクスチャ圧縮ツールを使う事がありましたがPhotoshopプラグインもアップデートされず音沙汰ない状態でしたよね…。そんな中、3月22日に最新版である「NVIDIA Texture Tools Exporter 2020.1」がリリースされました。スタンドアロンアプリケーションとして動作する他、Adobe Photoshopのプラグインとして利用する事も可能です。


PR

Start@Maya〜Maya で 3DCG をはじめよう〜


GFSによる紹介映像

このまったく新しいリリースでは、CUDAで高速化された最新のTexture Tools 3.0圧縮(ASTC、BC7、BC6を含む)のサポート、130を超えるDXGIおよびASTC形式、線形空間、勾配空間、事前乗算アルファミップマッピングのサポートが追加されています。コマンドラインとPhotoshopの自動化、および統一されたユーザーインターフェイスを搭載。

Announcing the NVIDIA Texture Tools Exporter 2020.1 – NVIDIA Developer News Center

主な機能

圧縮

  • BC1-BC7およびASTCテクスチャ圧縮をサポート
  • CUDA加速テクスチャコンプレッサーにより、高品質の画像を短時間で圧縮できます
  • 4つの圧縮品質設定
  • 130以上のDXGIおよびASTCフォーマットを読み取ります
  • リアルタイム圧縮プレビュー

キューブマッピング

  • 2D画像からキューブマップを作成する
  • 法線マップキューブマップのカスタマイズ可能な座標系変換
  • 展開された線形形式のキューブマップのサポート

ミップマッピング

  • ミップマップの生成:カスタマイズ可能なフィルタリングとカラー処理
  • ミップマップの生成:法線マップの勾配空間ミップマッピング
  • ミップマップされたアルファカットアウト補正により、アルファカットアウトテクスチャは、詳細レベルに関係なくほぼ同じ領域をカバーします。

法線マップ

  • カスタマイズ可能な法線マップの生成
    • 7つのハイトマップ生成方法
    • 6微分フィルター
  • 接線空間またはオブジェクト空間の法線マップをエクスポートする

透明性

  • 事前乗算されたアルファを含むテクスチャをエクスポートする
  • ディザリングの有無にかかわらずアルファカットアウトテクスチャを生成
  • 線形空間事前乗算アルファ画像処理

追加機能

  • 自動化可能なワークフロー:コマンドラインインターフェイス(スタンドアロンバージョン)およびアクションサポート(Adobe Photoshopプラグイン)
  • 高速バッチスクリプトのサポート(スタンドアロンバージョン)
  • ICC v4カラープロファイルで画像を読み取ります
  • 事前乗算されたアルファが適用された画像のエクスポートをサポート
  • ワークロードがGPUメモリを超えるとCPUにフォールバックします

動作条件

スタンドアロンアプリケーション版

  • 対応OS:Windows 7、8、10(64ビットのみ)
  • NVIDIA CUDA対応GPU

Adobe Photoshopプラグイン版

  • 対応OS:Windows 7、8、10(64ビットのみ)
  • NVIDIA CUDA対応GPU
  • Adobe Photoshop CC

最近はゲームエンジン側の機能で圧縮を行う事が増えましたが、
これはこれであると助かりますよほんと。

是非お試しあれ!

リンク

NVIDIA Texture Tools Exporter | NVIDIA Developer

Screenshot of developer.nvidia.com

PR


関連記事

  1. QUBICLE 2.0 Beta - 数々のボクセル...

    2014-12-25

  2. Substance Painter Beta 3 -...

    2014-04-18

  3. Real IES 1.2 - 数多くの3Dソフト・レ...

    2015-12-02

  4. Argument Gesturing Simulat...

    2019-01-27

コメントをお待ちしております

日本語が含まれない投稿は無視されます。-Posts that do not include the Japanese will be ignored-(スパム対策-anti Spam-)

3D人について

3D/2D/CG関連のネタ・ツール情報をほぼ毎日紹介!掲載してほしい情報、ツール検証依頼などありましたら、メッセージボックス、Twitter、Facebook、LINEからご連絡お願いします!

おすすめ商品Pickup

PR

アーカイブ

カテゴリー

スポンサー

おすすめ記事