Simple Procedural Building BP - インテリアマッピ...

Simple Procedural Building BP - インテリアマッピングが効いたUE4ビルアセットが無料ダウンロード可能!

  • 10
  • 2
  • 0
続きを読む

Volume-aware design of composite molds -...

複雑な形状も再現可能な複合ツーピース型を生成する為の技術!「Volume-aware design of composite molds」SIGGRAPH 2019論文です。

  • 18
  • 1
  • 0
続きを読む

(OO) - 鼻水の辛さを壮大に表現した2Dアニメーションショートフィルム

韓国のフリーランスイラストレーター/アニメーター Seoro Oh氏による鼻水を題材にした2Dアニメーションショートフィルム「(OO)」

  • 17
  • 6
  • 0
続きを読む

Masashi Imagawa Composite Reel July 2019...

VFXアーティスト 今川 真史(MASASHI IMAGAWA)氏 による2019年7月のコンポジットリールが公開されました。

  • 8
  • 17
  • 0
続きを読む

Powerful GPU Rendering Performance with ...

NVIDIAからCPUとQuadro RTXによるGPUでのレンダリングパフォーマンス比較映像「Powerful GPU Rendering Performance with NVIDIA Quadro RTX」が公開されております。

  • 11
  • 11
  • 0
続きを読む

Mayaリギング -正しいキャラクターリグの作り方- Mayaのリギング解説書「Rig it Right!」の日本語版が登場!

Mayaリギング -正しいキャラクターリグの作り方-
全てのMayaのリガー、またリギングにチャレンジしたい人におすすめする新書籍
Mayaリギング -正しいキャラクターリグの作り方- がボーンデジタルから登場!
※この本は洋書「Rig it Right! Maya Animation Rigging Concepts (Computers and People)」の日本語翻訳版です。


PR

美大生がMayaで描く背景映像の世界 オンデマンド配信


リグ(Rig)とは
3Dで作られた物をアニメーションする際に、
効率よく制御する為の機構・構造体・コントローラーです。
リグを仕込むことをリギング(Riging)またはセットアップ(Setup)という風に言います。

  • 大型本: 272ページ
  • 出版社: ボーンデジタル
  • 言語 日本語
  • 発売日: 2013/9/30

Maya自体の入門書や解説書は数多くあれど、リギングのみに特化した本は今までありませんでしたから、
これは買っておいて損はない一冊ですね。

英語版と比べ、かなりレイアウトや文字サイズ等調整されているそうです。
これぞまさに完全版!

私も過去に何度かMayaでリグを組んだことがありますが、
必死にネット上を駆けまわって、最適な組み方を模索してました。
こういった本があればもっと効率よく組めたんだろうなぁ・・

予約・購入はAmazonからどうぞ

内容紹介

正しいリグの作り方を知らないでキャラクター作れるの?
リガー、CGデザイナー、モデラー、アニメーター.. 3Dキャラクター制作者必読。
正しいキャラクターリグの作り方

【推薦の言葉】
「本書はすべてのアニメーターやリガーがブックコレクションに加え、読むべき1冊です。リグの基礎を強化するためのトピックとテクニックを詳しく紹介、あなたのMaya作成リグを超高水準に押し上げる手助けとなるでしょう。お見逃しなく。どのページをめくっても楽しく学べます! 」-Stewart Jones(CG/VFXスーパーバイザー、書籍『Digital Creature Rigging』著者)

【本書の特徴】
ボタンを押すだけのよくある手順書とは違い『Maya リギング』では、リギングを分解、基本コンセプトを解説します。本書を読めば、あなた自身のプロジェクトで、より直感的にリグを操作できるようになるでしょう。ベテランのアニメーション教授でもあるTina O’Hailey によるステップ・バイ・ステップのチュートリアルで学べば、数時間のうちにリギングが上達することでしょう。

学習内容は、複雑なアニメーションコントロール、接続方法、インタラクティブなスキニング、ブレンドシェイプ、エッジループ、ジョイントの配置などさまざまです。二足歩行のコンセプトでは、人型と鳥のキャラクターを比較、その特性を確認。そして、翼に発生する問題の解決方法を学びます。基本の二足歩行キャラクターを終えたら、より高度なレベルに進みましょう。隠れたコントロールシステムで伸縮性のあるリグを作成。あなた自身のリグにも応用できることでしょう。

【主な内容】
・各章のチュートリアル、編集可能なリグでスキルを磨いてください。
(全19章のチュートリアルデータ、リグをダウンロード可能! )
・Tinaの「リグの10のルール」を読み、キャラクターリグを成功に導く基礎知識を身につけましょう。
・ウェブサイトから、チュートリアルで使用する編集可能なリグをダウンロードできます。
また、基礎テクニックビデオ(※英語)で新たな知識の幅を広げることもできます。

【対応バージョン】
Autodesk Maya 2011 以降

【対象読者】
Maya中級者~

※本書は『Rig it Right!』の日本語版です。レイアウト等、さらに良く、わかりやすいように調整されています。

【目次】
PartI 基本コンセプト
Chapter 1 プロップ、ピボットポイント、階層
Chapter 2 デフォーマ
Chapter 3 ユーザコントローラ
Chapter 4 ユーティリティノードとカスタムアトリビュート
Chapter 5 ジョイント
Chapter 6 ブレンドシェイプとドリブンキーの設定

PartII 二足歩行
Chapter 7 Biped(二足歩行)
Chapter 8 スキニング
Chapter 9 上半身、下半身、ルート
Chapter10 足と脚
Chapter11 背骨
Chapter12 腕、肘、鎖骨
Chapter13 手
Chapter14 眼球、まばたき、笑顔
Chapter15 マスターコントローラとスケール可能なリグ

PartIII 高度なトピック
Chapter16 ジンバルロック
Chapter17 高度なコントローラ
Chapter18 伸縮性(ストレッチー)
Chapter19 ブロークンリグと取り外し可能なパーツ

 

著者について

Tina O’Hailey(ティナ・オヘイリー)は、SCADのSchool of Digital Mediaで学部長で務めています。以前は、アニメーション教授として勤務していました。また、Tinaはこれまでに、ウォルト・ディズニー・フィーチャー・アニメーション、ドリームワークス・アニメーション、エレクトロニック・アーツなどでインダストリートレーナーして働き、キャリアを積んできました。
Rig it Right Jp

Rig it Right Jp

ボーンデジタルさんの書籍紹介ページ
「Mayaリギング -正しいキャラクターリグの作り方-」

英語版も紹介!
しかしリグの本となるとちゃんと理解したいのでしたら、日本語版をおすすめします。
一応英語版はKindleバージョン(電子書籍)もあります。いいなぁ


PR
ゲームクリエイター向けの当社採用説明会


関連記事

  1. Creative Graffiti 201806 -...

    2018-06-05

  2. CANNABIS WORKS 2 田中達之作品集 -...

    2016-04-24

  3. Blender 3Dキャラクター メイキング・テクニ...

    2015-12-10

  4. BISHAMONゲームエフェクトデザインレシピ - ...

    2015-06-09

コメントをお待ちしております

日本語が含まれない投稿は無視されます。-Posts that do not include the Japanese will be ignored-(スパム対策-anti Spam-)

3D人について

3D/2D/CG関連のネタ・ツール情報をほぼ毎日紹介!掲載してほしい情報、ツール検証依頼などありましたら、メッセージボックス、Twitter、Facebook、LINEからご連絡お願いします!

Google Translate

おしらせ

3D人-3dnchu-をチェックされてる皆様にアンケートのお願い。
ご協力よろしくお願いいたします。※数分でおわります。
※Googleアカウントでログインが必要です。
友だち追加
follow us in feedly

 RSSリーダーで購読する

おすすめ商品Pickup

PR

カプコンイベント

Flying Ship Studio


デザイナー向け中途採用説明会&選考会

ゲームクリエイター向けの当社採用説明会






アーカイブ

Categories

スポンサー

おすすめ記事