Waterline 3.0 - 美しい水面表現を構築できるUE4用アセット!新バ...

Stefan Misirdzhiev 氏による、UE4上で美しい水面表現を構築できるアセット『Waterline』のバージョン3.0がリリースされました!

  • 0
  • 0
  • 0
続きを読む

Unity 2019.3 - 2020年初の大型アップデートきたよー!2019....

Unity 2019.3がリリースされました!ショートフィルム『The Heretic』フルバージョンも公開されてます。

  • 3
  • 1
  • 0
続きを読む

GAME CREATORS CONFERENCE '20(ゲームクリエイターズカ...

関西最大のゲーム業界向け大規模勉強会!「GAME CREATORS CONFERENCE’20(ゲームクリエイターズカンファレンス20)」のチケット販売が開始! 2020年3月27日(金)にグランキューブ大阪で開催予定!

  • 14
  • 11
  • 0
続きを読む

SHINJUKU - スキャンされた新宿のポイントクラウド内を散策できるデモが公...

Benjamin Bardou氏のMEGALOPOLISプロジェクト、スキャンされた東京・新宿のポイントクラウド上を散策できる「SHINJUKU」のプレイアブルデモを公開しました。

  • 24
  • 2
  • 1
続きを読む

Manga Shader v3.5 and Free version - Ble...

Paul Caggegi氏によるBlender向けコミック風シェーダー「Manga Shader 」のバージョン3.5が昨年末公開されておりました。また、今回Paul氏のYoutubeチャンネル登録者数1万人越えを記念して、無料バージョンもリリースされています!

  • 139
  • 3
  • 6
続きを読む

Robotic 3D Design for Entertainment with Vitaly Bulgarov - Softimage健在!「The Gnomon Workshop」の新チュートリアルPV!

「The Gnomon Workshop」の新チュートリアル「ROBOTIC 3D DESIGN FOR ENTERTAINMENT With Vitaly Bulgarov」のプロモーション映像が公開!Softimage健在


PR

Mayaで始めるゲーム用ローポリキャラモデル


Robotic 3D Design for Entertainment with Vitaly Bulgarov

まぁVitaly Bulgarov氏といえばSoftimage(XSI)を使ったメカモデリングですからね!
相変わらずSoftimageめっちゃ使ってるじゃん…と思ってサイト覗くと
そういう…時代になったんですねぇ

The Gnomon Workshopは $49/月、または$490/年でコンテンツ見放題です。
気になる方はチェックしてみてください。

関連リンク

Robotic 3D Design for Entertainment | The Gnomon Workshop
Art of Vitaly Bulgarov


PR


関連記事

  1. AEで値グラフ的思考 - Nokir™氏によるAEを...

    2016-08-10

  2. Ear Modeling - 動画で分かる「耳」モ...

    2014-01-05

  3. Substance and Marmoset Rea...

    2015-03-26

  4. Ryse Moss Tutorial - 多層ポリゴ...

    2014-01-15

コメントをお待ちしております

日本語が含まれない投稿は無視されます。-Posts that do not include the Japanese will be ignored-(スパム対策-anti Spam-)

3D人について

3D/2D/CG関連のネタ・ツール情報をほぼ毎日紹介!掲載してほしい情報、ツール検証依頼などありましたら、メッセージボックス、Twitter、Facebook、LINEからご連絡お願いします!

おすすめ商品Pickup

PR


スポンサー

注目の記事

PR

クリークスタジオ

Flying Ship Studio


Luminous Productions







アーカイブ

カテゴリー

スポンサー

おすすめ記事

ページ上部へ戻る