AnimationCafe

ゲームのプロモーションアート「虞美人」美しい女性キャラクターおよびシーンの作成 ...

CG&デジタルアート学習オンラインプラットフォーム「WINGFOX」にて、韓国の3Dキャラクターモデラー Kim min young氏による『ゲームのプロモーションアート「虞美人」美しい女性キャラクターおよびシーンの作成』のコースがオープンしました。韓国語音声&日本語字幕のチュートリアルです!英語版もあります。

  • 26
  • 1
  • 1
続きを読む

Bookify v2.5 - 多言語ラベル、傾き、平積みなどに対応した多機能な3...

Grizzly Compagnyによる、Blender向け多機能本モデル生成アドオン「Bookify」のご紹介!ラベルの自動生成やオリジナル画像でのカスタマイズも可能で便利です!

  • 244
  • 3
  • 2
続きを読む

Sculpt Layers for Blender - スカルプトレイヤー機能を...

テクニカルアーティストのPaul Geraskin氏による、Blenderでスカルプトレイヤー機能を実現するアドオン「Sculpt Layers for Blender」がリリースされています。

  • 38
  • 14
  • 1
続きを読む

Enscape 3.0 - 建築・設計者向けリアルタイムビジュアライゼーションソ...

建築・設計者向けリアルタイムレンダリングおよびバーチャル・リアリティ プラグイン「Enscape 3.0」がリリースされました。

  • 13
  • 7
  • 0
続きを読む

picoCAD - レトロ環境再現ゲームエンジン「PICO-8」で開発されたミニ...

Johan Peitz氏による、「PICO-8」で開発された無料の3Dモデリングソフト「picoCAD」がリリースされました!Windows、MacOS、Linuxに対応しています。

  • 5570
  • 33
  • 68
続きを読む

Autodesk® Maya® Indie、Autodesk® 3ds Max® Indie | AREA JAPAN | Autodesk

Solid Angle "Arnold Renderer" - ハリウッドお墨付きの高品質レンダラー!実質的に無期限試用が可能な体験版の配布を開始!Webサイトもリニューアル

「ゼログラビティ」「アイアンマン3」「パシフィック・リム」等の 多くのハリウッド映画や映像作品等で採用されるSolid Angleの物理ベースレンダラー 「Arnold Renderer」 ついに一般ユーザー向けの販売と体験版の配布が開始されました!


プロモーション

ファイナルファンタジーXVI開発スタッフ募集中


これまでクローズドな形で、大手プロダクションや一部のユーザーにのみ提供されていましたが、 ウェブサイト一新と共にオープンな形になりました。 素早く理想的な絵作りが実現出来るという事でかなり評判の良いレンダラーです。

Arnoldとは何ですか?

Arnoldは、長編アニメーションやビジュアルエフェクト映画の需要のために構築された先進的なモンテカルロレイトレーシングレンダラです。 もともとSony Pictures Imageworksと共同開発し、Arnoldは現在、ILM、Framestore、MillとDIGIC Picturesなど、全世界で250以上のスタジオで使用されています。 Arnoldは「モンスター·ハウス」「くもりときどきミートボール」から「パシフィック・リム」「ゼログラビティ」等数十のフィルムのプライマリレンダラとして使われた。 これは、Linux、WindowsとMac OS X上でスタンドアロンレンダラーとして利用可能で、 Maya、Softimage,Houdiniとプラグインを介してアクセス可能である (公式サイトから抜粋)


対応ソフト

  • Maya,2012-2014 Windows & MacOSX & Linux
  • Softimage2012-2014 Windows & Linux
  • Houdiniプラグインは開発中

体験版のダウンロードにはユーザー登録が必要です(無料) 製品版と同等の機能を15日間試用する事が出来ます! 試用ライセンスの有効期限が切れた後でも透かしが入るだけで、ずっと試用可能です!

価格

  • 永久:1000ユーロ/1300ドル(メンテナンス:300ドル/225ユーロ)
  • レンタル:一日 6.5ユーロ/8.50ドル
  • 教育:年 160ユーロ/200ドル

※現在永久ライセンス購入には最低でも5ライセンス注文が必要だそうです。(いずれこの制限は解除予定 価格について詳細こちら Solid Angle | Arnold Pricing

2013年のショーリールも合わせてどうぞ


日本では、CGアーティスト宮本浩史氏が少し前にArnoldに付いて書かれた記事も話題になっていました。 アーノルドレンダー | HIROSHI MIYAMOTO BLOG

Arnold Render - HIROSHI MIYAMOTO

Arnold Render – HIROSHI MIYAMOTO


登録・ダウンロード・その他詳細については公式サイトへ Solid Angle

Screenshot of www.solidangle.com

PR


関連記事

  1. Blender 2.82 - リリース!UDIM対応、USDエクスポート、新物理システム、RTX AI デノイザ!ポーズスカルプト!色々強化!Win&Mac&Linux!オープンソース

    2020-02-14

  2. Black Ink 2020 - GPUによる高速動作とノードベースでレイヤーやブラシを構築可能な2Dペイントソフトが大型アップデート!

    2019-12-20

  3. BVHViewer 1.0 - モーションキャプチャーファイル(BVH)を確認できるビューアー!

    2013-02-17

  4. Buildbox Free - コードを書かずに2D・3Dゲーム制作が可能なクロスプラットフォーム開発ツールに無料版が登場!

    2019-12-19

コメントをお待ちしています。

コメント

日本語が含まれない投稿は無視されます。-Posts that do not include the Japanese will be ignored-(スパム対策-anti Spam-)

3D人-3dnchu-

3D/2D/CG関連のネタ・ツール情報を
ほぼ毎日紹介します!




おすすめ商品Pickup

注目の記事

PR

個別相談会

Flying Ship Studio


株式会社 Khepris Japan ( ケプリス ジャパン ) Top・レンダーファームのレンタル、レンダリングサービス


ほしい物リスト公開中!
3D人運営に援助していただけると嬉しいです。
Amazonでリストを見る

Discordチャンネル公開

pixivFUNBOXページ公開!

LINEアカウント作りました!
友だち追加

follow us in feedly



 RSSリーダーで購読する

アーカイブ

カテゴリ




相互リンク

インディーズゲームを発掘するならここ

おすすめ記事