VectorayGen - エフェクト等で有効活用されるベクターフィールドデータ...

はい、JangaFXの最新ツールを先程紹介しましたが、リリース済みの物でもう一つ紹介すべき物があります!「VectorayGen」です。ゲームのリアルタイムエフェクト等でも有効活用されるベクターフィールドを作成する為のツールです。エフェクトアーティストの中ではお馴染みのツールですよね。下書きに1年以上眠っていましたが、「EmberGen」の紹介と共に掘り起こしました(@ω@)

  • 0
  • 0
  • 0
続きを読む

EmberGen - ノードベースのリアルタイム流体シミュレーションツール!ベー...

JangaFXによる新たなリアルタイム流体シミュレーションツール「EmberGen」のベータ版アクセスの為のサインアップが可能になってますよ!

  • 9
  • 0
  • 0
続きを読む

「Unreal Engine4でゲーム開発!ブループリントを学ぼう」 - 3DC...

デジタルハリウッド東京本校による”3DCG表現のプロ達が3DCG経験者に向けて、ワンランク上のテクニックを伝授する”がコンセプトの短期集中講座!第6回目である『CGヒーローズ パート6』を2019年7月27日(土)より開講!

  • 7
  • 2
  • 0
続きを読む

海外進出したい人必見!「ハリウッドVFX/CGスタジオ体験会 & 実践...

海外の映画・CG・Web業界への進出をサポートするチーム「Teamove」による「ハリウッドVFX/CGスタジオ体験会 & 実践英会話」の仮申し込み受付が開始されています! ※CG専門の通訳が全日程アテンドしますので、英語ができない方でも安心して参加可能です。今回はGlobal College(語学学校)と提携し、プロのネイティブ講師による1週間の実践英会話レッスンも開催されるとの事です。

  • 7
  • 5
  • 0
続きを読む

Simple Procedural Building BP - インテリアマッピ...

Simple Procedural Building BP - インテリアマッピングが効いたUE4ビルアセットが無料ダウンロード可能!

  • 34
  • 29
  • 1
続きを読む

たっきゅんのガチンコツール開発部 Maya Python 101 - ツール開発初心者にも分かりやすく解説!CG Pro Insightsシリーズ新作本が登場!

Maya用ツール群「AMATERASU(ボンデジサブスクユーザーのみに提供)」(旧:Guren)でお馴染み”たっきゅん”こと伊藤 達弘氏によるツール開発教本「たっきゅんのガチンコツール開発部 Maya Python 101」が登場!現場のプロが執筆する「CG Pro Insightsシリーズ」最新作です!


PR

美大生がMayaで描く背景映像の世界 オンデマンド配信


Mayaという名のソフトウェアは、素晴らしきツール開発者のサポートでここまで成長を遂げてきました(少し複雑な事をしようとすると標準機能では詰んでしまうし)。ということで君もツール開発者になろう!ツールを理解しカスタマイズできる人材はどんな現場でも重宝しますよ!

たっきゅんのガチンコツール開発部 Maya Python 101 (CG Pro Insights)
たっきゅんのガチンコツール開発部 Maya Python 101 (CG Pro Insights)

  • 大型本: 300ページ
  • 著者:たっきゅん(伊藤 達弘)
  • 出版社: ボーンデジタル (2016/5/27)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4862463398
  • ISBN-13: 978-4862463395
  • 発売日: 2016/5/27

この本について

「その仕事、コンピュータにやってもらおう!」と思ったら、Pythonをはじめてみませんか!?

ツールで作業時間を短縮し、時間を有意義に使いましょう。

プログラミングのムズカシイお話はさておき「ツールを作って実行を繰り返す」ことで、楽しさ、便利さを体験していきます。
コードを書くのがはじめてでも大丈夫。エディタの使い方、Mayaでの実行方法から入り、徐々に高度なツールに移行していきます。繰り返し作ることで基本が身につき、実用的なツールを例題にすることで「自分が欲しいツール」を作る土台が固まります。

グラフィカルユーザインタフェースの作り方、APIの利用方法も紹介されているため、Mayaでのプログラミングをかじったことのある方には、さらに高度なツールへの道筋が理解できます。

現場のプロが執筆する「CG Pro Insightsシリーズ」に、プログラミングが登場。

著者について

伊藤 達弘
都内のゲーム会社を経て、2012年からフリーランスの3DCGアーティストとして、CGプログラミング、モデリング、アニメーション、VFXなど幅広く活動を開始。2014年より、東京デザインテクノロジーセンター専門学校で、Mayaを中心としたCG制作の非常勤講師として後進の育成にあたっている。
日々を楽しく、笑顔をモットーに全力疾走中。

関わった主な作品
【TV】 ベイブレードバースト
【映画】 ポケモン・ザ・ムービーXY ピカチュウとポケモンおんがくたい
【TV】 ハピネスチャージプリキュア!
【TV】 ワンピース エピソード オブ メリー ~もうひとりの仲間の物語~
【映画】 映画 聖闘士星矢 Legend of Sanctuary
【TV】 SDガンダム三国伝 Brave Battle Warriors

ブログ:http://kt.nyamuuuu.net/blog/
Twitter:@rarara_kt

目次

  • まえがき
  • 》Chapter 1 はじめに
    1.1 なぜツール?
    1.2 開発環境の準備
    1.3 ウォーミングアップ!
    1.4 Maya を操る呪文の正体
    1.5 初めての簡単なツール
    1.6 まとめ
  • 》Chapter 2 ツールを作り始める前に
    2.1 スクリプトを書く前に
    2.2 コマンドを調べるためのテクニック
  • コラム:ツール作成の流れ
  • 》Chapter 3 ウェイトの転送ツール
    3.1 なぜ、このツールが必要?
    3.2 技術検証
    3.3 企画書
    3.4 ファイルの作成
    3.5 必要な記述
    3.6 機能の作成
    3.7 試作機
    3.8 クリティーク
    3.9 ツールの改善
    3.10 完成
  • 》Chapter 4 ツールをMayaに組み込む
    4.1 パッケージ化
    4.2 オリジナルのメニューをMaya のメニューに追加する
    4.3 任意のディレクトリーにツールを置く
  • 》Chapter 5 Fresnel Shaderを作るツール
    5.1 なぜ、このツールが必要?
    5.2 技術検証
    5.3 企画書
    5.4 ファイルの作成
    5.5 機能の作成
    5.5 試作機
    5.6 完成
  • 》Chapter 6 ビューポートのキャプチャをするツール
    6.1 なぜ、このツールが必要?
    6.2 技術検証
    6.3 企画書
    6.4 ファイルの作成
    6.5 機能の作成
    6.6 試作機
    6.7 クリティーク
    6.8 完成
  • コラム 関数でツールを組み立てる
  • 》Chapter 7 原画・動画キーを設定するツール
    7.1 なぜ、このツールが必要?
    7.2 技術検証
    7.3 ユーザーインタフェースとは
    7.4 企画書
    7.5 ファイルの作成
    7.6 機能の作成
    7.7 UI の作成
    7.8 ライブラリの作成
    7.9 試作機
    7.10 完成
  • 》Chapter 8 ポリゴンの反転コピーをするツール
    8.1 なぜ、このツールが必要?
    8.2 技術検証
    8.3 企画書
    8.4 ファイルの作成
    8.5 機能の作成
    8.6 UI の作成
    8.7 試作機
    8.8 完成
  • 》Chapter 9 アトリビュート値をコピー&ペーストするツール
    9.1 なぜ、このツールが必要?
    9.2 技術検証
    9.3 企画書
    9.4 ファイルの作成
    9.5 UI の作成
    9.6 機能の作成
    9.7 メニューの追加
    9.8 完成
  • コラム AMATERASU ができるまで
  • 》Chapter 10 Mayaコマンドのちょっと小難しい話
    10.1 Mayaコマンドのおさらい
    10.2 コマンドを調べる方法
    10.3 ヘルプの見方
    10.4 MEL をPython に置き換える方法
    10.5 よく使うコマンド
    10.6 処理の始まりの考え方
    10.7 OpenMaya ヘルプの見方
  • 》Chapter 11 Pythonのちょっと小難しい話
    11.1 Pythonって?
    11.2 変数
    11.3 データ
    11.4 分岐
    11.5 反復
    11.6 関数
    11.7 例外処理
    11.8 クラス
    11.9 モジュール & パッケージ
  • 》Chapter 12 PySideのちょっと小難しい話
    12.1 PySideって?
    12.2 PySide のヘルプの見方
    12.3 MayaでPySide を使う場合の注意
    12.4 レイアウトサンプル
    12.5 ウィジェットサンプル
  • 索引

内容サンプル

Takkun_MayaPy_01 Takkun_MayaPy_02 Takkun_MayaPy_03 Takkun_MayaPy_04 Takkun_MayaPy_05 Takkun_MayaPy_06 Takkun_MayaPy_07 Takkun_MayaPy_08 Takkun_MayaPy_09 Takkun_MayaPy_10 Takkun_MayaPy_11

「CG Pro Insights」たっきゅんのガチンコツール開発部|書籍|株式会社ボーンデジタル

お求めはこちらから

すべてのCGアーティストにおすすめしたいCG Pro Insightsシリーズ、北田 栄二氏著書の「Maya実践ハードサーフェスモデリング プロップと背景から学ぶワークフロー」も未読の方はぜひチェックしてみてください。

3D人記事:Maya実践ハードサーフェスモデリング プロップと背景から学ぶワークフロー – 北田栄二氏によるモデリング教本が出るぞ!購入必須!


PR
ゲームクリエイター向けの当社採用説明会


関連記事

  1. アサシン クリード III 原画集 - 美麗なコンセ...

    2013-04-10

  2. Heart of Art -Akihitoの特殊メイ...

    2014-04-11

  3. CGArena May - Jun 13 Issue...

    2013-10-16

  4. CGWORLD 2015年10月号 vol.206 ...

    2015-09-04

コメントをお待ちしております

日本語が含まれない投稿は無視されます。-Posts that do not include the Japanese will be ignored-(スパム対策-anti Spam-)

3D人について

3D/2D/CG関連のネタ・ツール情報をほぼ毎日紹介!掲載してほしい情報、ツール検証依頼などありましたら、メッセージボックス、Twitter、Facebook、LINEからご連絡お願いします!

Google Translate

おしらせ

3D人-3dnchu-をチェックされてる皆様にアンケートのお願い。
ご協力よろしくお願いいたします。※数分でおわります。
※Googleアカウントでログインが必要です。
友だち追加
follow us in feedly

 RSSリーダーで購読する

おすすめ商品Pickup

PR


スポンサー

注目の記事

PR

カプコンイベント

Flying Ship Studio


デザイナー向け中途採用説明会&選考会

ゲームクリエイター向けの当社採用説明会






アーカイブ

Categories

スポンサー

おすすめ記事