Polygonflow - ノードベースインターフェースでプラグイン作成に革命を...

2020年7月1日、新たなCGツール開発プロジェクト「Polygonflow」が発表!

  • 60
  • 18
  • 2
続きを読む

Hang-Down v1.0 - 物理挙動の入ったロープやケーブルなどを数クリッ...

blendercodeによるロープ・ケーブル生成アドオン『Hang-Down v1.0』がリリースされました。

  • 50
  • 1
  • 0
続きを読む

Ubisoft Forward Videos - Ubisoftによるオンライン...

2020年7月13日の04:00 JST、Ubisoftによるカンファレンス『Ubisoft Forward』が開催!新作発表や新トレーラーが多数公開されました!

  • 5
  • 2
  • 0
続きを読む

EmberGen 0.5.5.0 GPU Particle Teaser - 次...

JangaFXによる新エフェクトソフト「EmberGen」のβ版次期バージョン0.5.5.0にて、GPUパーティクル生成機能が搭載されます!リリースは来週予定!ティザー公開とLIVE配信イベントが行われました。

  • 17
  • 7
  • 2
続きを読む

Touch Portal v2.2 - モバイル端末のタッチ画面でPC操作の補助...

化石化した古いデバイスに日の目を!!!スマホやタブレットなどをデスクトップPC作業時の補助デバイスにしちゃうアプリ「Touch Portal」のご紹介!

  • 59
  • 8
  • 3
続きを読む

Support-Free Volume Printing by Multi-Axis Motion - サポート材を大幅削減可能な多軸駆動ロボットアームを使った3Dプリント技術!

サポート材を大幅削減可能な多軸駆動ロボットアームを使った3Dプリント技術!
Support-Free Volume Printing by Multi-Axis Motion!SIGGRAPH 2018技術


PR

Start@Maya〜Maya で 3DCG をはじめよう〜


Support-Free Volume Printing by Multi-Axis Motion (SIGGRAPH 2018)

本稿では、多軸モーションを搭載したロボット印刷システムで3Dモデルを作成する新しい方法を紹介します。曲げられたツールパスに沿って、ボリューム内に材料が蓄積されるため、すべてのモデルでサポート構造の必要性を大幅に削減できます(完全に放棄されていなくても)。多軸3D印刷のツールパス計画の課題に取り組む私たちの戦略は、最初にボリュームとサーフェス、サーフェス間の2つの連続した分解を実行することです。ボリューム間の分解は、製造シーケンスを表す体積内のスカラー場を最適化することによって達成される。このフィールドは、その等値が下方から支持される湾曲層を表し、プリンタヘッドの衝突のないナビゲーションを可能にする凸面を呈するように制約される。すべての湾曲した層を抽出した後、表面から曲線への分解は、ロボット堆積システムからの制約を考慮しながら、それらをツールパスでカバーします。我々の方法は、大きなオーバーハングと高級トポロジーを持つ3D印刷モデル用のツールパスを生成することに成功している。私たちは、その能力を検証し実証するために、ロボットプラットフォーム上でいくつかの困難なケースを作成しました。

ほほー、面白いアプローチですね。
サポート材は削減できるけど、機材のコストは増加しそうな…@@;

今後の技術発展に注目です!

関連リンク

homepage.tudelft.nl/h05k3/publication.html


PR


関連記事

  1. Uncharted 4's Technical Art Culture - アンチャーテッド4開発支えたアートパイプラインを紹介!GDC 2016 プレゼンテーション映像!

    2016-04-12

  2. Tangible and Modular Input Device for Character Articulation - どんなキャラクター関節にも対応可能なモジュール型入力デバイス!SIGGRAPH2014技術論文!

    2014-05-15

  3. Skin Microstructure Deformation with Displacement Map Convolution - 肌表面の絶妙な皺をCGで表現!SIGGRAPH技術論文!

    2015-06-12

  4. Building an Empire - SIGGRAPH 2014にて「ベストリアルタイムグラフィック」を受賞!「Ryse: Son of Rome」のパイプライン解説資料が公開

    2014-08-29

コメントをお待ちしております

COMMENT

日本語が含まれない投稿は無視されます。-Posts that do not include the Japanese will be ignored-(スパム対策-anti Spam-)

3D人について

3D/2D/CG関連のネタ・ツール情報をほぼ毎日紹介!掲載してほしい情報、ツール検証依頼などありましたら、メッセージボックス、Twitter、Facebook、LINEからご連絡お願いします!

おしらせ

現在ページ切り替え機能が上手く動作していないという報告を受けております。2020/7/10現在修正済み想定ですが、不具合が出ていたら連絡いただけると助かります。

Discordチャンネル公開

pixivFUNBOXページ公開!

LINEアカウント作りました!
友だち追加
follow us in feedly

 RSSリーダーで購読する

おすすめ商品Pickup

PR


スポンサー

注目の記事

PR

オンライン相談

Flying Ship Studio





アーカイブ

カテゴリー

スポンサー

おすすめ記事