G-Lasso Draw - 投げ縄ツール間隔で軽快にポリゴン生成出来るBlen...

忘却野(Bookyakuno)氏による、投げ縄ツールを扱う間隔で軽快にポリゴン生成が出来るアドオン「G-Lasso Draw」が登場!

  • 87
  • 17
  • 0
続きを読む

Boxcutter 711 - Blender向けサクサクブーリアンモデリングア...

HardOPS等でお馴染みTeamCによる、Blender向けサクサクブーリアンモデリングアドオン新バージョン「Boxcutter 711」がリリースされてます!ちなみにバージョン710からBlender 2.8 専用となってますよ。

  • 174
  • 23
  • 0
続きを読む

exzo-skelton v1.0 - 自由に使えるメカモデル「エグゾスケルトン...

匹夫之 優氏がデザインした架空の工業製品「exzoskelton(エグゾスケルトン)」の3Dモデルデータが無償公開されております。無料・表記不要・改変可・商用利用可とのことですよ!

  • 109
  • 46
  • 0
続きを読む

Scene Fusion for Unreal Early Access - 同...

KinematicSoupによる、ゲームエンジン上での同一レベル上での共同開発を可能にするプラグイン「Scene Fusion」のアンリアルエンジン対応バージ[...]

  • 1
  • 8
  • 0
続きを読む

Kitbull - 今度は2Dアニメ!ピクサーのSparkShortsプログラム...

ピクサー・アニメーション・スタジオによる、個々のアーティストの可能性を発掘すべく、短編作品を作り出す新たな試み「SparkShorts」プログラムのショートフィルム第三弾!「Kitbull」が公開されました。

  • 24
  • 36
  • 0
続きを読む

Tank Simulation - 美しいPBR映像で動作する物理ベースのリアルタイム戦車シミュレーションデモ!ダウンロードして動かしてみよう!

当サイトでも何度か紹介したR&DエンジニアMatt Davidson氏による物理ベースの戦車シミュレーションデモ『Tank Simulation』が公開!
Matt氏が開発を続けている物理ベース描画システム「KREATURE」を使った美しいリアルタイム映像にも注目です。


PR

第1回:シーン制作するための準備 キャラクター・背景編 | MotionBuilderでカットシーン制作 | AREA JAPAN


物理挙動なので、履帯の壊れ方も良い感じですね!

描画システム「KREATURE」はシーグラフ2013年にて、Epic Gamesのが提案した物理ベースのシェーディング方法を使用してレンダリングされます。
blog.selfshadow.com/publications/s2013-shading-course/karis/s2013_pbs_epic_notes_v2.pdf
blog.selfshadow.com/publications/s2013-shading-course/karis/s2013_pbs_epic_slides.pdf

デモ動作条件

Windows 7.x & Windows 8.x上でテストされています。
NVIDIAのGPU推奨(650M、750M、GTX680、GTX690、およびTitanZ)
※AMDのGPUでは動作確認が行われていません。
※Windowsが “Basic” テーマを使用しているとフレームレートを半分にするとか
※Chrome,Internet Explorer,FireFoxがシャットダウンされていることを確認してください。
 現代のインターネットブラウザは、Windows8スケジューラとメリー地獄を果たしているようで、デモでは解像度によってビデオメモリ1GBの余りを取ります。
※動かない方は「Visual Studio2012 SP4の再配布可能パッケージ」を入れてみてください。
http://www.microsoft.com/en-us/download/details.aspx?id=30679

 ダウンロードはこちらから!(Windows)
Tank Simulation — The Kreature Experiment

デモの実行ファイルは3種類あります。

まずは TankTestStripped でこのデモが手元のマシン上で動作するか確認してください。
Binary: bin64Opt/TankTestStripped.exe
シミュレーションのための合理的な更新レートを維持するために拡張機能が取り除かれています。
テストでは、Macbook Pro 2012モデルにて、1280×720の解像度で30 ~ 37fpsを維持。

以下2つはさらに機能が有効になり負荷が上がります。
TankTestSimple
Binary: bin64Opt/TankTestSimple.exe
TankTestFull
Binary: bin64Opt/TankTestSimple.exe

操作方法

Xbox コントローラー(推奨)
  • 左下トリガー = 左トレッドが前進
  • 左上トリガー = 左トレッドが逆転
  • 右下トリガー = 右トレッドが前進
  • 右上トリガー = 右トレッドが逆転
  • 左スティック = カメラ回転
  • 右スティック = 主砲と砲台
  • Aボタン = 主砲で撃つ
  • Bボタン = m60ボールガンで撃つ
  • Yボタン = m60タレットで撃つ
  • DPAD = ボール・タレットガン制御
キーボード・マウス
  • F1/F2 = (表示/非表示HUD) (HUDは、アンビエントオクルージョン、被写界深度、及び映画のトーンマッピングスイッチを含有する)。
  • F3/F4 = (表示/非表示フレームレート)
  • Numeral 1 = シミュレーション全体をリセットします。
  • Numeral 2 = 左トレッド·アセンブリを断線
  • Numeral 3 = 右トレッド·アセンブリを断線
  • Numeral 4 = ブロックアセンブリを隠す
  • Numeral 5 = ブロックアセンブリをリセット
  • W = ドリーカメライン
  • S = ドリーカメラアウト
  • 矢印 = 戦車のドライブ
  • スペース = キャノンを撃つ
  • 左Ctrl = m60タレットを撃つ
  • G と D = タレットをY軸に回転
  • R と F = タレットをX軸に回転
  • マウス + 左マウスボタン: カメラ回転
  • マウススクロール: ドリーカメラ・イン・アウト
  • マウス + 右マウスボタン: 画面方向からのカメラのパン

是非お試しあれ!
Tank Simulation — The Kreature Experiment

以前紹介したMatt氏によるIBLキューブマップ作成ツール「IBLBaker」もオススメです。

Thanks! Matt 

The Kreature Experiment

http://www.derkreature.com/

関連記事

  1. 東映 ツークン研究所 フェイシャルキャプチャ - 自...

    2015-04-08

  2. ユニティちゃんを超ARしてみた - WEBカメラの映...

    2014-12-10

  3. Unblending Web App - イラストな...

    2019-01-08

  4. Leap Motion version 2.0 Be...

    2014-06-04

コメントをお待ちしております

日本語が含まれない投稿は無視されます。-Posts that do not include the Japanese will be ignored-(スパム対策-anti Spam-)

3D人について

3D/2D/CG関連のネタ・ツール情報をほぼ毎日紹介!掲載してほしい情報、ツール検証依頼などありましたら、メッセージボックス、ツイッターもしくはFacebookのメッセージからどうぞ!

おしらせ

沢山のメッセージありがとうございます!!記事掲載に関しては随時対応していきますので、何卒宜しくお願い致します。
友だち追加
follow us in feedly

 RSSリーダーで購読する

おすすめ商品Pickup