Project Sol Part 3 - NVIDIAによるUnreal Eng...

GDC 2019に合わせてNdiviaリアルタイムリアルトレーシングデモ映像シリーズ第3段「Project Sol Part 3」が公開された。Unreal Engine 4.22をベースに作成されたとか。

  • 5
  • 0
  • 0
続きを読む

GauGAN - お絵かき新時代が来る!NVIDIA Researchによるラフ...

NVIDIA Researchによる、敵対的生成ネットワーク (Generative adversarial networks、略称: GANs)を使った、ラフなストロークをフォトリアルなビジュアルに置き換える技術!

  • 205
  • 0
  • 0
続きを読む

The Heretic - Unity新テクノロジーデモ映像がGDC 2019に...

Unityの受賞歴のあるDemo Team、AdamとBook of the Deadの作者によるUnityのリアルタイムテクノロジーデモ「The Heretic」!GDC2019に合わせ公開!

  • 15
  • 1
  • 0
続きを読む

Volumetric Glass - ガラスと体積のある領域を手軽にお表現できる...

インディーゲームデベロッパーでグラフィックプログラマーのKrystian Komisarek氏によるガラスと体積のある領域を表現できるUE4向けマテリアルアセット!「Volumetric Glass」

  • 21
  • 0
  • 0
続きを読む

Unreal Engine Model Viewer - HTML5にも対応した...

Playground Gamesのテクニカルアーティスト Dan Upton氏による、SketchfabやMarmoset Toolbagライクなモデルビューアーを作成できるUE4プロジェクト!ArtstationとGumroadにて販売中!

  • 25
  • 2
  • 0
続きを読む

Top 7 Digital Painting Mistakes - デジタルペインティングにおける7つの大罪!

数々のドローイングチュートリアル動画でお馴染み、ProkoのYoutubeチャンネルにて、デジタルペインティングにおける7つの間違いを紹介した動画「Top 7 Digital Painting Mistakes」がアップされてます。


PR

第1回:シーン制作するための準備 キャラクター・背景編 | MotionBuilderでカットシーン制作 | AREA JAPAN


  • Sin # 7 – Carelessness(不注意)下地となるキャンバスとの間に余白を残す事が、イラストを透けて見せる要因となったり、絵が未完成に見えてしまいます。これを修正するには、より入念に精密にペイントする事、もしくは全体を補完するニュートラルな色を下地に置く事が良いとされています。
  • Sin #6 – Settling(落ち着き)デフォルトのブラシを使用する事です。それはPhotoshopでペイントする人たちの大部分に該当します。自分でブラシをカスタムするか、または人が作ったブラシを導入する事をオススメしてます。
  • Sin #5 – Impartience(不利益)多くのアーティストは、伝統的なペインティング技法を学ばずに、直接デジタルペインティングに挑戦しますが、自分独自の絵画スタイルを形成するには、アナログペインティングで学ぶことが重要だと述べています。
  • Sin #6 – Laziness(怠惰)背景を塗る際に、塗りつぶしツールを使用する事です。これは肖像画や似顔絵によく見られます。大きなブラシを使って単純なグラデーションをペイントするだけで、アートを見る際の視線誘導が出来、より被写体を際立たせる更なる調整を行うことが出来ます。本当に背景をペイントしたくない場合は、背景を白くする事を勧めてます。
  • Sin #3 – Self-Delusion(自己妄想)ソフトエッジなエアブラシツールを使うことです。独自のスタイルを生み出すのに重要な役割のある、硬いエッジやユニークなブラシストロークを使うことが出来なくなります。
  • Sin #2 – Monotony(単調)どんなブラシでも、使い過ぎると単調な絵を作成する危険性があります。一つのブラシに頼らず、常に新しいブラシを使い、切り替えながら練習する事で、そのブラシの長所と短所を理解する事が出来、そしてそれが独自のスタイルを開発する為の手助けとなります。
  • Sin #1 – Stealing(窃盗)参考写真などからスポイトツールを使い色をサンプリングする事です。すべてのアートが異なる参考写真からサンプリングされた色を持つ作品は一貫性のスタイルを持つことが出来ません。また色を自分で判断して使用するという、アーティストにとって非常に重要なスキルを学べないというところを指摘されています。

雑な抜粋・訳なので、詳細は動画本編を御覧ください。
Prokoのチャンネルには過去にもこの手のミステイク紹介動画が上がっておりますので、興味のある方はそちらも視聴してみてください。

リンク

Proko – YouTube

関連記事

  1. モーションの心得 3Dキャラクターモーション講座 基...

    2016-02-22

  2. Physically Based Texturing...

    2014-02-18

  3. CE3 How to make a nice pre...

    2013-07-12

  4. Unity道場 博多スペシャル 2017 - 福岡初...

    2017-06-23

コメントをお待ちしております

日本語が含まれない投稿は無視されます。-Posts that do not include the Japanese will be ignored-(スパム対策-anti Spam-)

3D人について

3D/2D/CG関連のネタ・ツール情報をほぼ毎日紹介!掲載してほしい情報、ツール検証依頼などありましたら、メッセージボックス、ツイッターもしくはFacebookのメッセージからどうぞ!

Google Translate

おしらせ

沢山のメッセージありがとうございます!!記事掲載に関しては随時対応していきますので、何卒宜しくお願い致します。
友だち追加
follow us in feedly

 RSSリーダーで購読する

おすすめ商品Pickup

PR

キャリア相談会

Flying Ship Studio







Categories

アーカイブ

スポンサー

おすすめ記事