AnimationCafe

Simply Micro Mesh - 既存の120プリセットや独自のモデルから...

「Simply Cloth」等のアドオンでもお馴染みVjaceslav Tissen(VjaceslavT)氏による新Blenderアドオン「Simply Micro Mesh」が登場!

  • 75
  • 1
  • 0
続きを読む

Baba Yaga: 3D Character Creation from co...

CG&デジタルアート学習オンラインプラットフォーム「WINGFOX(旧:YIIHUU)」にて、3DアーティストRuengsak Muengjaidee氏による、中級者向けマスタークラスコース「Baba Yaga: 3D Character Creation from concept art」が販売されています。

  • 4
  • 1
  • 0
続きを読む

ReBevel v2.0 - 形状を維持したままベベルを再調整可能なBlende...

数多くの便利アドオンを開発しているBartosz Styperek氏による、ベベル再調整アドオン「ReBevel v2.0」がリリースされました。

  • 53
  • 1
  • 0
続きを読む

Angie - isotropixのClarisseに搭載されるCPU&GPUフ...

isotropixは2020/11/26 のライブ配信「Isotropix Live: Thinking outside the box」にてCPU&GPUのパワーを同時にフル活用出来る次世代レンダラー「Angie」を発表しました。2021年、Clarisseのアップデートで提供されるとか。

  • 19
  • 9
  • 1
続きを読む

GraphN - Polygonflowの3DCGツール向けノードベースビジュア...

Polygonflowの次世代ツールとして発表されたノードベースビジュアルプログラミングソフト「GraphN」の映像が初公開されました!

  • 15
  • 1
  • 0
続きを読む

Autodesk® Maya® Indie、Autodesk® 3ds Max® Indie | AREA JAPAN | Autodesk

Local Motion Phases for Learning Multi-Contact Character Movements - バスケットボール等の複雑な動きもOK!ディープラーニングを活用したモーション合成フレームワーク!SIGGRAPH 2020

エジンバラ大学とElectronic Artsの共同研究の「Local Motion Phases for Learning Multi-Contact Character Movements(マルチコンタクトキャラクターの動きを学習するためのローカルモーションフェーズ)」SIGGRAPH 2020 向け技術論文


プロモーション


SIGGRAPH 2020
マルチコンタクトキャラクターの動きを学習するためのローカルモーションフェーズ

キャラクターを制御して、ダイナミックで、ペースの速い、変化の速いさまざまな動きを実行することは、キャラクターアニメーションの重要な課題です。 この研究では、非構造化モーションデータと手動のラベル付けなしの両方で、このようなアニメーションをインタラクティブに高品質で合成するためのディープラーニングフレームワークを紹介します。 ローカルモーションフェーズの概念を紹介し、バスケットボールのプレー、シュート、キャッチング、回避、複数の移動モード、さまざまなキャラクターとオブジェクトの相互作用におけるボールのドリブルやプロの操作など、さまざまなモーションスキルを生み出すシステムを示します。 すべてが統一されたフレームワークの下で生成されます。

この研究は、エジンバラ大学とElectronic Artsの共同研究で行われました。

気持ちよく動きすぎる…恐ろしい(良い意味で
ここまで自然な感じな感じだと、ゲーム以外の映像作品などでも活用出来そうですね。

こういう技術がツール・エンジン上で誰でも簡単に扱える時代が早く来てほしいなぁ…。というか、このデモ映像はUnityで動いているみたいだし…
そう遠くないのか。

ちなみにこの技術は、毎年話題になる「AI4Animation」プロジェクトです。

AI4Animation
このプロジェクトでは、博士課程の一環として、キャラクターアニメーションとコントロールのディープラーニングの機会を探ります。小村卓監修、エジンバラ大学情報学部研究。過去数年にわたって、このプロジェクトは、Unity3D / Tensorflow / PyTorchで開発された、データ処理、ネットワークトレーニング、ランタイム制御を含む、データ駆動型キャラクターアニメーションのモジュール式で安定したフレームワークになりました。このリポジトリでは、ニューラルネットワークを使用して、二足歩行、四足歩行、およびオブジェクトと環境、またはスポーツゲームとのキャラクターシーンの相互作用をアニメーション化できます。この研究のさらなる進歩は、このプロジェクトに引き続き追加されます。

過去記事もチェックしてみてください。

リンク

sebastianstarke/AI4Animation: Bringing Characters to Life with Computer Brains in Unity

Screenshot of github.com


PR


関連記事

  1. Topology-Varying 3D Shape Creation via Structural Blending - 2つの異なるモデルをブレンドして新しい形状を生成!SIGGRAPH2014技術論文!

    2014-08-27

  2. FINAL FANTASY XV TechDEMO Vol.2 - 理想の表現を追い求める!FF15で採用された「Luminous Studio 1.5」の技術紹介映像第二弾!

    2015-06-08

  3. Inside Unreal Character Aesthetics - 美しきリアルタイムビジュアル!アンリアルエンジン4のデモ「infiltrator」に登場するキャラクターに焦点をおいた解説映像!

    2013-09-26

  4. 徹底比較UE4.cascade vs Unity.shuriken&Unityアセットを使って高品位エフェクトを作る - 注目の2大エンジンのVFXツールをピックアップ!第4回VFX技術者交流会のスライド!

    2015-02-10

コメントをお待ちしています。

コメント

日本語が含まれない投稿は無視されます。-Posts that do not include the Japanese will be ignored-(スパム対策-anti Spam-)

3D人-3dnchu-

3D/2D/CG関連のネタ・ツール情報を
ほぼ毎日紹介します!




おすすめ商品Pickup

PR

オンライン説明会

Flying Ship Studio


ほしい物リスト公開中!
3D人運営に援助していただけると嬉しいです。
Amazonでリストを見る

Discordチャンネル公開

pixivFUNBOXページ公開!

LINEアカウント作りました!
友だち追加

follow us in feedly



 RSSリーダーで購読する

アーカイブ

カテゴリ




相互リンク

インディーズゲームを発掘するならここ

おすすめ記事