AnimationCafe

ゲームのプロモーションアート「虞美人」美しい女性キャラクターおよびシーンの作成 ...

CG&デジタルアート学習オンラインプラットフォーム「WINGFOX」にて、韓国の3Dキャラクターモデラー Kim min young氏による『ゲームのプロモーションアート「虞美人」美しい女性キャラクターおよびシーンの作成』のコースがオープンしました。韓国語音声&日本語字幕のチュートリアルです!英語版もあります。

  • 24
  • 1
  • 0
続きを読む

Bookify v2.5 - 多言語ラベル、傾き、平積みなどに対応した多機能な3...

Grizzly Compagnyによる、Blender向け多機能本モデル生成アドオン「Bookify」のご紹介!ラベルの自動生成やオリジナル画像でのカスタマイズも可能で便利です!

  • 206
  • 2
  • 0
続きを読む

Sculpt Layers for Blender - スカルプトレイヤー機能を...

テクニカルアーティストのPaul Geraskin氏による、Blenderでスカルプトレイヤー機能を実現するアドオン「Sculpt Layers for Blender」がリリースされています。

  • 30
  • 10
  • 0
続きを読む

Enscape 3.0 - 建築・設計者向けリアルタイムビジュアライゼーションソ...

建築・設計者向けリアルタイムレンダリングおよびバーチャル・リアリティ プラグイン「Enscape 3.0」がリリースされました。

  • 6
  • 7
  • 0
続きを読む

picoCAD - レトロ環境再現ゲームエンジン「PICO-8」で開発されたミニ...

Johan Peitz氏による、「PICO-8」で開発された無料の3Dモデリングソフト「picoCAD」がリリースされました!Windows、MacOS、Linuxに対応しています。

  • 4618
  • 18
  • 63
続きを読む

Autodesk® Maya® Indie、Autodesk® 3ds Max® Indie | AREA JAPAN | Autodesk

Local Motion Phases for Learning Multi-Contact Character Movements - バスケットボール等の複雑な動きもOK!ディープラーニングを活用したモーション合成フレームワーク!SIGGRAPH 2020

エジンバラ大学とElectronic Artsの共同研究の「Local Motion Phases for Learning Multi-Contact Character Movements(マルチコンタクトキャラクターの動きを学習するためのローカルモーションフェーズ)」SIGGRAPH 2020 向け技術論文


プロモーション

ファイナルファンタジーXVI開発スタッフ募集中


SIGGRAPH 2020
マルチコンタクトキャラクターの動きを学習するためのローカルモーションフェーズ

キャラクターを制御して、ダイナミックで、ペースの速い、変化の速いさまざまな動きを実行することは、キャラクターアニメーションの重要な課題です。 この研究では、非構造化モーションデータと手動のラベル付けなしの両方で、このようなアニメーションをインタラクティブに高品質で合成するためのディープラーニングフレームワークを紹介します。 ローカルモーションフェーズの概念を紹介し、バスケットボールのプレー、シュート、キャッチング、回避、複数の移動モード、さまざまなキャラクターとオブジェクトの相互作用におけるボールのドリブルやプロの操作など、さまざまなモーションスキルを生み出すシステムを示します。 すべてが統一されたフレームワークの下で生成されます。

この研究は、エジンバラ大学とElectronic Artsの共同研究で行われました。

気持ちよく動きすぎる…恐ろしい(良い意味で
ここまで自然な感じな感じだと、ゲーム以外の映像作品などでも活用出来そうですね。

こういう技術がツール・エンジン上で誰でも簡単に扱える時代が早く来てほしいなぁ…。というか、このデモ映像はUnityで動いているみたいだし…
そう遠くないのか。

ちなみにこの技術は、毎年話題になる「AI4Animation」プロジェクトです。

AI4Animation
このプロジェクトでは、博士課程の一環として、キャラクターアニメーションとコントロールのディープラーニングの機会を探ります。小村卓監修、エジンバラ大学情報学部研究。過去数年にわたって、このプロジェクトは、Unity3D / Tensorflow / PyTorchで開発された、データ処理、ネットワークトレーニング、ランタイム制御を含む、データ駆動型キャラクターアニメーションのモジュール式で安定したフレームワークになりました。このリポジトリでは、ニューラルネットワークを使用して、二足歩行、四足歩行、およびオブジェクトと環境、またはスポーツゲームとのキャラクターシーンの相互作用をアニメーション化できます。この研究のさらなる進歩は、このプロジェクトに引き続き追加されます。

過去記事もチェックしてみてください。

リンク

sebastianstarke/AI4Animation: Bringing Characters to Life with Computer Brains in Unity

Screenshot of github.com


PR


関連記事

  1. High-Quality Capture of Eyes - ディズニーリサーチによる高品質な眼球のキャプチャ技術紹介映像!

    2014-12-05

  2. Designing Structurally-Sound Ornamental Curve Networks - メッシュ形状に合わせ3Dプリント可能な格子状モデルを作成する技術

    2016-07-21

  3. AI Learns to Park - UnityのML-Agentsを使用し自動車の駐車を学習している様子。

    2020-02-05

  4. Technical Art of Uncharted 4 - SIGGRAPH 2016向け「アンチャーテッド4」のテクニカルアート解説スライドデータが公開中!

    2016-08-09

コメントをお待ちしています。

コメント

日本語が含まれない投稿は無視されます。-Posts that do not include the Japanese will be ignored-(スパム対策-anti Spam-)

3D人-3dnchu-

3D/2D/CG関連のネタ・ツール情報を
ほぼ毎日紹介します!




おすすめ商品Pickup

注目の記事

PR

個別相談会

Flying Ship Studio


株式会社 Khepris Japan ( ケプリス ジャパン ) Top・レンダーファームのレンタル、レンダリングサービス


ほしい物リスト公開中!
3D人運営に援助していただけると嬉しいです。
Amazonでリストを見る

Discordチャンネル公開

pixivFUNBOXページ公開!

LINEアカウント作りました!
友だち追加

follow us in feedly



 RSSリーダーで購読する

アーカイブ

カテゴリ




相互リンク

インディーズゲームを発掘するならここ

おすすめ記事