Marbling Maker Material v2.0 - Substance...

以前紹介した、”村落”のSubstance Designerマテリアル等でもお馴染み、Emrecan Cubukcu氏が今度はマーブル模様を生成する為のマテリアル「Marbling Maker Material」作成し、販売しております。

  • 8
  • 0
  • 0
続きを読む

Troll - Goodbye Kansas&Deep Forest Films...

Goodbye KansasとDeep Forest Filmsからのリアルタイムショートフィルム「Troll」が公開!Unreal Engine 4.22とリアルタイムレイトレーシング機能を活用しています。

  • 4
  • 0
  • 0
続きを読む

Chaos Tech Demo GDC 2019 - アンリアルエンジン4.23...

「Chaos」というアンリアルエンジン向け新物理/破壊シミュレーションエンジンのテクノロジーデモが先日行われた「State of Unreal」にて公開されました。Unreal Engine 4.23にて早期アクセス状態となるそうです。

  • 18
  • 2
  • 0
続きを読む

Quake II RTX GTC 2019 Demo Walkthrough -...

1997年に発売されたid Softwareの名作FPS「Quake 2(クエイクツー)」をリアルタイムレイトレーシングに対応させた「Quake II RTX」の最新デモ映像です。

  • 14
  • 9
  • 1
続きを読む

Unity 2019 Megacity - Unityで何百万ものオブジェクトを...

以前紹介したUnityのデモ「Megacity」がGDC 2019に合わせてリリースされました!何百万ものオブジェクトを効率的に描画!

  • 41
  • 57
  • 0
続きを読む

CrossShade Shading concept sketches using cross-section curves - コンセプトスケッチのストロークカーブ情報から法線を生成し美しい陰影を表現!SIGGRAPH2012技術論文

CrossShade: Shading concept sketches using cross-section curves
旧サイトから移動&修正した記事です。


PR

第1回:シーン制作するための準備 キャラクター・背景編 | MotionBuilderでカットシーン制作 | AREA JAPAN



ストロークカーブの十字線の交点等の情報を元に、3Dシェーディングに必要な法線を生成する技術。
SIGGRAPH2012の技術論文です。
これにより立体的な陰影を作ることができ、コンセプトスケッチの生産性の向上に繋がります。

オートデスクさんのスケッチソフトに是非導入してほしい技術ですなぁ

公式ページ
CrossShade

http://crossshade.com/

関連記事

  1. Fractal Lab 2015 - ブラウザ上で動...

    2015-05-06

  2. Roquro - Leap Motionによるハンド...

    2018-08-01

  3. Sphero - Robotic Ball Gami...

    2013-02-07

  4. True2Form - デザインスケッチをベースに3...

    2014-08-22

コメントをお待ちしております

日本語が含まれない投稿は無視されます。-Posts that do not include the Japanese will be ignored-(スパム対策-anti Spam-)

3D人について

3D/2D/CG関連のネタ・ツール情報をほぼ毎日紹介!掲載してほしい情報、ツール検証依頼などありましたら、メッセージボックス、ツイッターもしくはFacebookのメッセージからどうぞ!

Google Translate

おしらせ

沢山のメッセージありがとうございます!!記事掲載に関しては随時対応していきますので、何卒宜しくお願い致します。
友だち追加
follow us in feedly

 RSSリーダーで購読する

おすすめ商品Pickup