EmberGen 0.5.5.0 GPU Particle Teaser - 次...

JangaFXによる新エフェクトソフト「EmberGen」のβ版次期バージョン0.5.5.0にて、GPUパーティクル生成機能が搭載されます!リリースは来週予定!ティザー公開とLIVE配信イベントが行われました。

  • 10
  • 5
  • 1
続きを読む

Touch Portal v2.2 - モバイル端末のタッチ画面でPC操作の補助...

化石化した古いデバイスに日の目を!!!スマホやタブレットなどをデスクトップPC作業時の補助デバイスにしちゃうアプリ「Touch Portal」のご紹介!

  • 24
  • 6
  • 1
続きを読む

XPICE Teaser Trailer - 「XFLAG」と「SCANDAL」...

XFLAG ANIME公式YouTubeチャンネルにて「XPICE」ティザームービーが公開!本作のディレクターは中井翼氏(Marza Animation Planet)が務め、全編ゲームエンジンUnityを活用し制作されているとか!

  • 79
  • 47
  • 1
続きを読む

Marvelous Designer License Changes - 3D衣...

Marvelous Designerは、次期バージョンである10のリリースにより、すべてのタイプの製品の永久ライセンスの販売を停止すると発表がありました。

  • 165
  • 14
  • 1
続きを読む

Crocotile 3D v1.5.0 - タイルチップをベースに3Dモデリング...

先日紹介したばかりのAlex Hanson-White氏による、2Dタイルチップを3D空間に描画し、3Dモデルを作成するソフトウェア!『Crocotile 3D』 がアップデートされv1.5.0がリリースされました!

  • 11
  • 6
  • 1
続きを読む

Substance Designer入門 - ぽこぽん丸。氏とktk.kumamoto氏による、初心者向け「サブスタンスデザイナー」解説本!2020年2月1日発売!

ぽこぽん丸。氏とktk.kumamoto氏による、初心者向けSubstance Designer入門書『Substance Designer入門』が秀和システムから発売されます!


PR

Start@Maya〜Maya で 3DCG をはじめよう〜


  • 単行本: 627ページ
  • 出版社: 秀和システム (2020/2/1)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4798058726
  • ISBN-13: 978-4798058726
  • 発売日: 2020/2/1
SubstanceDesigner入門

SubstanceDesigner入門

ぽこぽん丸。, ktk.kumamoto
5,390円(07/10 14:09時点)
発売日: 2020/02/01
Amazonの情報を掲載しています

本書の特徴

Substance Designerの解説書です。Substance Designerの特徴は、マテリアルに使う画像素材などを手描きではなく、変形、複製などの機能を持つ「ノード」を組み合わせ作成することです。本書ではサンプル作成の手順を可能な限り解説、掲載し「よく分からないけどすぐソフトを触って試したい!」という気質の方に向いた説明方法となっています。基本的な使い方に加え、作成するサンプルとして草、葉、木肌のテクスチャ画像、エフェクト用素材の作成とUnity上での表示、等を用意しています。

Substance Designerは、国内や海外のゲーム、映像、様々なCGなどで広く使われている有名なソフトです。本書は、Substance Designerで作ったキャラクターや背景アセット、ゲームエフェクトを組み合わせ、1つのジオラマセットを作りながら使い方や機能を学ぶ実践的で楽しい入門書です。「ノードベース」「パラメータ設定」「プロシージャル」などが全くわからない初心者にもおすすめします。サンプルデータのDLサービス付き。

目次

Chapter 01 Substance Designerを知ろう
作業をはじめる前に
 Lesson 1-01 パッケージの作成手順
 Lesson 1-02 Graph テンプレートの種類
  Graphの種類
  メタリックとスペキュラの違い
  Graphパネル上での操作方法
  メタリック・ラフネスワークフロー
  スペキュラ・グロシネスワークフロー
  Substance Graphの保存方法
 Lesson 1-03 ノードベースの解説
  アトミックノードツールバー
 Lesson 1-04 ノードのつなぎ方
  リンク
  リンクの色について
  リンクの色が赤くなった場合
  リンクの削除
  ノードの自動接続
  ノードの削除
  Clean
  フレームを作る
  フレームの色を変更する
  フレームの名称を変更する
  フレームを移動させる
  フレームを消す
  説明の記入
  コメントを作る
  リンク間に分割点(スプリットポイント)を打つ
  出力リンクを変更するとき……
  入力リンクの変更するとき……
  3DVIEW
  簡単な一連の流れ
 Lesson 1-05 ノードの解説
  Gaussian Noise
  Shape
  Blur HQ
  Transformation 2D
  Blend
  Levels
  Warp
  Emboss
  Tile Sampler
  Splatter circular
  Invert
  Ambient Occlusion
  Make It Tile Photo
  Mirror
  RGBA Merge

Chapter 02 キャラクターの衣装の質感を作ろう
 Lesson 2-01 Bake機能を使ってAOやノーマルを作ってみよう
  AOとは?
  Bakeing
 Lesson 2-02 ノーマルマップとハイトマップの違い
  ハイトマップ
  ノーマルマップ
  キャラクターを使ったノーマルベイク

Chapter 03 背景アセットを作ろう
  自然物を作成してみよう
 Lesson 3-01 草を作ってみよう
  細長い葉っぱの形状を作る
  葉っぱの筋を作る
  葉と筋をブレンドする
  葉をしならせる
  草を並べる
  草の幅、サイズ、角度などを調整する
  端にある草をマスクする
  草に色を付ける
  草を切り抜く
 Lesson 3-02 葉っぱを作ってみよう
  大まかな葉の形を作る
  自然な見た目に近づける
  葉に陰影をつける
  葉脈を作る
  葉の主脈を作る
  葉柄を作成し葉、葉脈、主脈とブレンドする
  葉を歪ませる
  立体的な輪郭にする
  葉を切り抜く
  さらに質感を使う場合
  Transparent 利用時に気を付ける点
 Lesson 3-03 木を作ってみよう
  木の葉の形を作る
  葉脈を作成する
  葉の表面の模様を作る
  葉の外形を歪ませる
  作ったノードをつないでいく
  葉の色をつける
  葉を切り抜く
  葉の集合体を作る
  木の表面の木目を作る
  2つ目の木目を作る
  木目に色をつける
  ノーマルマップとoutputの設定
 Lesson 3-04 地面を作ってみよう
  草から草原を作る
  草の有無をマスクで指定する
  下地の草を作る
  草の向きをバラバラにする
  草に色を付ける
  葉っぱの色を何度も調整していく
  地面の土を作る
  地面と草原をブレンドする
 Lesson 3-05 石を作ってみよう

Chapter 04 エフェクトテクスチャーを作ろう
  自然物を作成してみよう
 Lesson 4-01 エフェクトテクスチャーとは
 Lesson 4-02 エフェクトテクスチャーの書き出し方法
  .sbsarの書き出し方法
  ビットマップ画像の書き出し方法
 Lesson 4-03 グローテクスチャーを作ろう
  新規Package作成
  最初のベースとなる形を作る:Shape
  Levelsを使って明るさを調整:Levels
  黒い部分を取り除く(透過させる):AlphaMerge
  透過しない部分の色を指定:UniformColor
  アルファを取り除く処理をライブラリ化
  アルファを取り除く処理にノードを差し替え : AlphaSample
  データの整理:Output、Frame
  OutputノードとFrameの重要性
  パラメータを外に出してコントロールできるようにする : Expose
  「 Glow」テクスチャージェネレーターを作る : .sbsar
 Lesson 4-04 キラキラテクスチャーを作ろう
  新規Graph作成:New Substance Graph
  メインの十字を作る:Splatter Circular
  ぼかしを追加する:Blur HQ Grayscale, Blend
  星形のブラー作成:Polygon 2
  Levelsを使って明るさを調整:Levels
  星形のグローと十字を合成:Blend
  放射状に広がる光の筋を作成:Starburst
  Levelsを使って明るさを調整:Levels
  放射状に広がる光の筋と十字を合成:Blend
  黒い部分を取り除く(透過させる):AlphaSample
  データの整理:Output、Frame
  パラメータを外に出してコントロールできるようにする : Expose
  「Star」テクスチャージェネレーターを作る : .sbsar
 Lesson 4-05 オーラテクスチャーを作ろう
  シームレステクスチャーとは
  新規Graph作成:New Substance Graph
  最初のベースとなる形を作る:Perlin Noise
  ノイズの形状を調整:Slope Blur Grayscale
  白黒反転:Invert Grayscale
  Levelsを使って明るさを調整:Levels
  黒い部分を取り除く(透過させる):AlphaSample
  オーラを作る処理をライブラリ化
  オーラを作る処理のノードに差し替え :AuraGenerator
  データの整理:Output、Frame
  パラメータを外に出してコントロールできるようにする : Expose
  モデルを読み込んでみる:FBX
 Lesson 4-06 Unityでオーラエフェクトを作ろう!
  ① Unityプロジェクトを作成:UnityHub、Unity2019
  ②Substance in Unity アセットをインポート
  ③リソース(素材)のunitypackageをインポート:unitypackage
  ④.sbsarの設定
  ⑤ ParticleSystemを作成して組み立てる
 Lesson 4-07 煙のテクスチャーを作ろう!
  新規Graph作成:New Substance Graph
  最初のベースとなる形を作る:Splatter Circular
  雲の質感をノイズノードで作成:Clouds 2
  素材を合成:Blend
  色が含まれている領域を調べる:Levels
  黒い部分を取り除く(透過させる):AlphaSample
  データの整理:Output、Frame
 Lesson 4-08 Unityでたいまつの炎エフェクトを作ろう!
  ① Unityプロジェクトを作成:UnityHub、Unity2019
  ②Substance in Unity アセットをインポート
  ③リソース(素材)のunitypackageをインポート:unitypackage
  ④.sbsarの設定
  ⑤ ParticleSystemを作成して組み立てる

Chapter 05 ゲームエンジンでレイアウトしてみよう
 Lesson 5-01 UnityにSubstance Designerで作ったマテリアルを入れてみよう
 Lesson 5-02 レイアウトしてみよう
 Lesson 5-03 レンダリング・ポストエフェクトの設定
 Lesson 5-04 導入時のトラブルシューティング

Chapter 06 Substance Painterと連携してみよう
 Lesson 6-01 Substance Designerから出力したマテリアルをSubstance Painterにインポートする
  Substance Designerからエクスポートする
  Substance Painterへ読み込む
  インポートできているか確かめる
  ほかのマテリアルとブレンドする

Chapter 07 Substance Alchemistを使ってみよう
 Lesson 7-01 Substance Alchemistとは
 Lesson 7-02 起動時の操作
 Lesson 7-03 自分で用意した画像でマテリアル作成
  実際に作ってみる
  パラメータを変更する
 Lesson 7-04 LIBRARYパネル
 Lesson 7-05 マテリアルを出力するには

Chapter 08 Substance Launcherを使ってみよう
 Lesson 8-01 Substance Launcherとは?
  Substance Launcherのインストール
  Substance Launcherによるソフトの管理

Chapter 09 学習方法の探し方
 Lesson 9-01 学ぶ前に真似る
 Lesson 9-02 勉強に役立つサイト
  Substance Share
  ARTSTATION MARKETPLACE
  Udemy


目次を見る感じ、かなりのボリューム!
良さそうですね。

お求めはこちらから

SubstanceDesigner入門

SubstanceDesigner入門

ぽこぽん丸。, ktk.kumamoto
5,390円(07/10 14:09時点)
発売日: 2020/02/01
Amazonの情報を掲載しています

リンク


PR


関連記事

  1. The Art of Cuphead - レトロカートゥーン表現でお馴染み『Cuphead(カップヘッド)』のアートブック(洋書)が2020年3月にリリース予定!

    2020-01-14

  2. [digital] ライティング& レンダリング 第3版 - ピクサーのテクニカルディレクターが教えるテクニック!リニアワークフロー、4K、Ptex、OpenEXR、物理ベースライティング

    2014-03-03

  3. UnityゲームUI実践ガイド 開発者が知っておきたいGUI構築の新スタンダード - 公式GUIツール「uGUI(Unity UI)」を徹底解説した教本が登場!2015年3月6日発売!

    2015-02-09

  4. ゼロからはじめる3ds Max -予備知識なしでも大丈夫!- 初心者に最適なAutodesk 3ds Maxの入門書がボーンデジタルから登場!

    2014-03-14

コメントをお待ちしております

COMMENT

日本語が含まれない投稿は無視されます。-Posts that do not include the Japanese will be ignored-(スパム対策-anti Spam-)

3D人について

3D/2D/CG関連のネタ・ツール情報をほぼ毎日紹介!掲載してほしい情報、ツール検証依頼などありましたら、メッセージボックス、Twitter、Facebook、LINEからご連絡お願いします!

おしらせ

現在ページ切り替え機能が上手く動作していないという報告を受けております。2020/7/10現在修正済み想定ですが、不具合が出ていたら連絡いただけると助かります。

Discordチャンネル公開

pixivFUNBOXページ公開!

LINEアカウント作りました!
友だち追加
follow us in feedly

 RSSリーダーで購読する

おすすめ商品Pickup

PR


スポンサー

注目の記事

PR

オンライン相談

Flying Ship Studio





アーカイブ

カテゴリー

スポンサー

おすすめ記事

ページ上部へ戻る